Img company noimage

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(1421件)
  • ES・体験記(175件)

損害保険ジャパン日本興亜株式会社のインターン体験記

2017卒 損害保険ジャパン日本興亜のレポート

卒業年度
  • 2017卒
開催時期
  • 2016年02月
コース
  • 総合職
期間
  • 5日
参加先
  • 損害保険ジャパン日本興亜
大学
  • 早稲田大学

インターンシップ参加前

インターンに参加した理由を教えてください。

損害保険会社の一通りの業務内容を体験させてもらえると思ったから。そこまで金融業界に興味がなかったが、大勢の就活生に会うことで刺激をもらえると思った。

受ける為に準備したこと、また合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

選考フロー

書類選考

インターンシップの形式と概要

開催場所
麹町の研修センター
参加人数
100人
参加学生の大学
早慶とGMARCHの学生が半々くらいだった。東大もちらほらいた。
参加学生の特徴
あまり志望業界が固まっているという様子ではなく、業務内容を知るために参加している人が多かったように思う。
報酬
なし

インターンシップの内容

テーマ・課題

商品開発部門の社員として新しい損害保険商品を開発せよ。

前半にやったこと

チーム分けはあらかじめしてあった。六人一グループで、グループごとに内定者がついて補助的な役割をしてくれた。前半は業務内容の概要説明と実際のロールプレイング...

後半にやったこと

保険金サービス部門など、実際にお客様を想定して業務の体験をさせてもらった。その日の終わりには必ず振り返りの時間がある。最終日には商品開発部門として、班ごと...

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップを通して印象的なフィードバックは何ですか?

何人かで物事を決定するときは、妥協じゃなくて合意して決定しなくてはならないという言葉。5日間だけしかかかわることのないメンバーで意見を統一させるのは想像以...

苦しい・大変だと思った瞬間は何ですか?

最終日の発表の準備が限られた時間内でこなす必要があったこと。午後5時でパソコンが使用禁止になるので残って続けることができず、ファミレスなどで作業する班もあった。

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

毎回振り返りの時間や、全体に向けてのアドバイスをもらう機会が多かったので、人に自分の思いを伝える効果的な方法を学ぶことができた。インターンに参加する前最も...

参加前に準備しておくべきだったこと

損害保険の知識などはもちろん必要ない。むしろいかに人前で効果的なプレゼンができるかが重視されていると感じた。

参加してみて企業で働いている自分を想像できましたか?

  • はい
  • いいえ

部門ごとに忠実にお客様の要求などを再現してくれたり、社員の正直な思いを聞く機会もあったので、働いているイメージがしやすかった。座談会もあったが、そこでの話...

本選考で内定が出ると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

グループの中で積極的に発言したり、リアクションをとって協調性を示すなどをする学生は少なかったため。グループについてくれた内定者もずば抜けて何かの能力が優れ...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

内定者が一グループに1人ついてくれるのは心強かったが、あまり積極的には見えなかった。なぜなら決められたことをいやいやこなしているように見えたからだ。人事や...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンに参加しても、そうでない人と選考ルートが変わらなかった。インターン生のみの説明会はあったが、選考で有利になったとは感じなかった。

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

インターン終了後に後日座談会に呼ばれ、そこで話した社員と個別に本社で会う機会をもらえる。しかしそこで評価シートのようなものは持っていなかったのでおそらく選...

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい

金融ではなくメーカーを志望していた。ものに誇りを持って働きたいという思いが強かったため。金融に比べてメーカーは採用人数が少なかったので、金融業界も受けるつ...

このインターンへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

やはり金融ではなくメーカーに行きたいという気持ちは変わらなかった。金融は人数が多く、制度が整っていて働きやすそうなイメージがあったが、自分のやりたいことを...