Img company noimage

株式会社フジテレビジョン

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(209件)
  • ES・体験記(26件)

2016年卒 株式会社フジテレビジョンの本選考体験記 <No.800>

2016卒株式会社フジテレビジョンのレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • 日本放送協会
  • デンソー
  • 朝日放送
大学
  • 千葉大学

選考フロー

インターン選考(2月) → インターン(2月) → 説明会(5月) → ES+web適性検査(6月) → 1次面接(7月) → 2次面接+筆記試験(7月)

企業研究

3日間インターンに参加させて頂き、技術職のほとんどの仕事を見させて頂けた。実際に現場の社員とお話して、番組の裏側や様々な経験談を聞くことができ、より仕事に対する具体的なイメージができた。そして自...

志望動機

「私は御社の「人狼」のような双方向性のあるコンテンツを創り、リアルタイムで楽しむことのできるコンテンツを創りたいです。また5年後に東京五輪の開催が予定され、スポーツは注目が集まっております。そし...

独自の選考・イベント

選考形式

筆記試験

選考の具体的な内容

数学、物理、情報、放送に関する質問以外にテレビの裏側の端子を問う問題などが出た。

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
若手/中堅の技術社員
面接時間
10分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

1次面接はほとんど深堀りはあまりされません。しっかりとコミュニケーションできるか、挨拶などの印象は良いかなどが一番見られていると思います。だいたい現場の若手、中堅の社員が面接官を務め、一緒に働き...

面接の雰囲気

ブースについたときから笑顔で話しかけてくれた。面接官の1人は一度テレビの技術展でお会いしたことがある人だったので、お会いした時の話も盛り上がり終始和やかな面接だった。

1次面接で聞かれた質問と回答

研究内容でテレビに活かせそうなことはある?

「Twitterの投稿文章を用いて各単語に感情値を割り当て、感情極性辞書の作成を試みています。また、それを使用しTwitterの投稿文に対して形態素解析を行い、単語単位で感情値を付与し、投稿文の感情判定を行う手法を検討しております。実際に投稿されている文章に対してポジティブ・ネガティブの感情値...

なぜネットではなくテレビ局なのか?

「インターネットは正しい情報間違った情報の判断が難しいが、テレビは映像を通して伝えるため、より信頼度が高いのでテレビに入って伝える側になりたいと思いました。またシステム会社では役に立つシステムが作られても、人々の心を動かすことや繋がりを生むことは難しいと思う。テレビは番組を通じてリアルタイムで...

2次面接 落選

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
中堅の技術社員
面接時間
10分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

筆記試験を1時間半やったあとに面接があったため、合わせての合否結果になると思う。面接は1次面接に比べたら技術内容を問う質問が多かったと思う。他局の内定を答えた後、そこを受けた理由や他局の選考状況...

面接の雰囲気

面接時間は10分程度で5ブースあり、どこのブースに行くかは順番次第。前の面接よりは深堀され、面接シートの内容をまんべんなく聞いてきた印象だった。終始和やかな面接だったので圧迫感はなかった。

2次面接で聞かれた質問と回答

技術開発でやりたいことは?

「いろいろ考えがありますが、スポーツ中継で様々な角度の映像が選択できる技術をやりたいと思っております。野球中継で現在は審判カメラといった手法をとっていますが、キャッチャー目線の映像を創る技術を使えばより投手の投げる球の凄さやそれを打つバッターの凄さが伝わると思います。これは複数台のカメラを用い...

好きなテレビがリアル脱出ゲームだけど、なんで?

「いつもテレビは視聴しているだけの受け身ですが、リアル脱出ゲームのような視聴者参加型のクイズ番組などは、自分が番組に参加することで出演者や視聴者と競い楽しむといったこともでき、ゲーム性があり楽しいです。また多くの方と意見交換や共感できることも参加型の良さだと思います。」自分がテレビを見ていてど...