2016年卒 株式会社集英社の選考体験記 <No.87>

業界:
出版業 広告
本社:
東京都
従業員数:
300人以上1千人未満
URL:
http://www.shueisha.co.jp

2016卒株式会社集英社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 1次面接
内定先
  • 株式会社博報堂
大学
  • 一橋大学

選考フロー

ES+筆記試験(5月) → 1次面接(6月)

企業研究

大学の先輩に集英社で働いている方がいなかった。そのため、企業研究は集英社の出版した本を読むということに限られました。まず自分の読んだことのある本の中で集英...

志望動機

私は、ファッション誌の編集を通して、ファッション誌を持つことがオシャレであるという風潮を作り出したいと思います。最近、雑誌は売れないということはよく言われ...

1次面接 落選

形式
学生1面接官2
肩書
編集の方
時間
15分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

一次面接では、本当に笑顔もあまりなくたんたんと質問をされた。そこで、自分はちょっとだけでも面接官を笑顔にさせようと決めた。あまりにも無表情なので、「学生が...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

圧迫面接ほどではありませんが、すこし硬い雰囲気でした。聞かれたことについて、こちらが答えても「ありがとうございます〜」と言われサクサクと次の質問に移られた...

1次面接で聞かれた質問と回答

出版以外で興味を持っている業種・企業、その理由は?

広告・テレビ業界です。理由3つです。1つは、地元のヤンキーにも、大学での友人にも、サラリーマンのおじさんにも、何かを届ける仕事がしたいからです。2つは、好...

なぜ夏目漱石の「こころ」が好きなの?

恋愛と友情。その狭間にゆれる「先生」の遺書を通して、人間の弱く・狡猾で・冷酷な一面を描き出した小説。私がこの本を読んだのは、大学時代に彼氏のいる後輩と禁断...