Img company noimage

関西テレビ放送株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(18件)
  • ES・体験記(24件)

2016年卒 関西テレビ放送株式会社の本選考体験記 <No.516>

2016卒関西テレビ放送株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 3次面接
内定先
  • パナソニック
  • 北海道テレビ放送
  • 森ビル
  • キリン
  • 東京メトロポリタンテレビジョン
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

説明会(4月) → SPI+ES(5月) → 1次面接(5月) → 2次面接+GD(5月) → 3次面接(5月)

企業研究

関西テレビ放送はフジテレビ系列の準キー局である。フジテレビの放送は不振そのもので、関西テレビもそのあおりを受けていると言わざるを得ない。フジテレビは名義貸しやイベントなど放送以外の部分で莫大な利...

志望動機

アスリートの生の声を届けたいです。私は早稲田スポーツの編集長として取材をしました。結果を残す選手には目標に向かって努力した人格者が多かったです。日頃の選手との交流を通じて私も何事も諦めず愚直に挑...

グループディスカッション(6名)

テーマ

番組を作るときにそれぞれに最も適しているであろう役割を与えあってください。

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

自分の経験や得意分野、興味があるようなことをまずは全体にお知らせする。そしてそれを元に他己推薦で役割を決めていく。決して自己推薦してはいけないというルールがあった。見られている部分としては、お題...

1次面接 通過

形式
学生 2 面接官 2
面接官の肩書
若手と中堅
面接時間
15分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

一緒に受験をした学生が回答に内容がなく、部活動で忙しいこともあり面接対策が不十分であった。そのため自分の回答がより際立って良いように感じていただいたような気がする。面接官は相当数の学生を相手に面...

面接の雰囲気

もう一人の学生が筑波大学野球部のマネージャーの男性で、テレビ局を進路先と考えているかどうかかなり怪しい完全にネタキャラだったので終始和やかな雰囲気で面接が行われた。

1次面接で聞かれた質問と回答

ことしのプロ野球はどこが勝つと思いますか

セ・リーグは阪神。パ・リーグは千葉ロッテマリーンズだと思います。まず阪神は最近西岡が好調で、投手陣もまずまず。助っ人がこのまま活躍すればどのチームも手を焼くはずです。ジャイアンツがどうもいまいちなので、ことしはかなりチャンスがあるのではないでしょうか。そして千葉ロッテマリーンズについては、5年...

これまでの人生の中で、もっとも乗り越えるのが困難だった局面はなんですか

東京オリパラを考えるイベントを初めて主催したことです。これは創刊55周年を迎えた早稲田スポーツの広報活動の一環です。しかし本業の新聞制作との並行作業で準備が難航しました。イベントのノウハウは朝日新聞社事業部や大学側の協力を得て学びました。私には一緒に徹夜をしてくれる仲間を持っていました。私がパ...

2次面接 通過

形式
学生 6 面接官 5
面接官の肩書
中堅以上
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

グループディスカッションを通じてよく学生の経験や人間性をも理解したうえでスタートした面接であった。次の選考が大阪であり、またその人数が大幅に削減される厳しい関門であり、人間性やテレビ局への志望度...

面接の雰囲気

グループディスカッションからそのまま集団面接を執り行う形であった。より長い時間を同じ部屋で共有していることもあり、よく学生のことを理解してもらっていた気がする。

2次面接で聞かれた質問と回答

学生時代に力を入れて取り組んだことは何ですか

早稲田スポーツというスポーツ新聞を作るサークルで編集長を務めました。泥臭く、愚直に、まるで伝統芸能の美術作品を作るようなつもりで1年間新聞を制作しました。新聞制作の上で最も大切にしたことは見た目のインパクトです。どんな良い記事を書いても引きつけるものがなければ読んでもらえません。新聞で『優勝』...

グループディスカッションの感想と自己評価

自分としては60点の点数をつけたいと思います。少し厳しいかもしれませんが、理由は2つあります。まずは仲間の一人がルールを守れなかったことです。彼が自分の役職を自己推薦してはいけないというルールを忘れて、自分はディレクターが良いと思いますと言ってしまいました。隣で聞いていて、ん?と思ったときには...

3次面接 落選

形式
学生 2 面接官 2
面接官の肩書
人事
面接時間
10分
面接の合否連絡方法
連絡なし

評価されたと感じたポイント

初めて人事部が面接官として登場し、ESでの評価されていた部分について待ってましたというかの如く質問を浴びせられた。ESを評価していたのは人事部であろうから、その評価と実際に面接してみてのギャップ...

面接の雰囲気

けっして圧迫という感じではなかったが、初めて人事部が面接官として登場した。非常に真剣そのもので、次のステップへ上げることをよほど厳しい関門だと感じさせられるものだった。

3次面接で聞かれた質問と回答

テレビの難しいところは何だと思いますか

放送枠や尺が限られている点です。新聞は、極論を言えばページ数を増やすことができますし、写真を小さくすれば行数を増やすことができます。しかしテレビ番組は1秒単位で時間が決められています。限られた正確な時間の中で、伝えるべきニュースに付加価値を与えることに大変さを感じました。例えば、くすっと笑える...

テレビで何を伝えたいのですか

アスリートの「生の声」を届けたいからです。私は早稲田スポーツの編集長を務めました。優秀選手には目標に向かって努力した人格者が多かったです。私も選手を見習って何事も愚直に挑戦できました。視聴者の生活を豊かにするエピソードやヒントは「羽生くんが○○だから私も頑張る」と効果を生み、社会貢献になります...