2017年卒 株式会社応研の選考体験記 <No.1743>

業界:
ソフトウェア
本社:
東京都
従業員数:
10人以上20人未満

2017卒株式会社応研のレポート

年度
  • 2017年度
結果
  • 内定辞退
内定先
  • 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
  • 株式会社応研
  • 三井住友ファイナンス&リース株式会社
大学
  • 明治大学

選考フロー

説明会+筆記試験+1次面接(4月) → 最終面接(5月) → 内定(6月)

企業研究

企業研究は主に、企業のホームページを参考に行った。先輩社員の紹介のページを見て、自分が働くイメージをつかむことを意識した。また、ソフトを作っている企業なの...

志望動機

御社を志望する理由は2つあります。1つ目は、営業スタイルに魅力を感じたからです。パートナーである販売店に対してイベントやセミナーを企画する機会があることか...

1次面接 通過

形式
学生1面接官1
肩書
不明
時間
30分
通知
電話

評価されたと感じたポイント

説明会の後に筆記試験があり、その後すぐに1次面接だったので、事前にある程度企業についての理解を深め、面接の準備をしておく必要がある。面接においては、回答の...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

面接官との距離は近く、堅苦しい雰囲気もなかったため、とても話しやすかった。基本的には、当日持参した履歴書にそった質問が多かった。

1次面接で聞かれた質問と回答

なぜIT業界を志望するのかを教えて下さい。

正直に申し上げて、IT業界では現在、御社しか受けていません。私の就職活動の軸として、何かの分野で強みを持った企業を志望しています。例えば、半導体シェアの高...

自己PRをしてください

私の強みは、コツコツ努力ができることです。学業においては、「できるだけ良い成績で大学を卒業する」という目標を立て、それを達成するために努力を続けてきました...

最終面接 落選

形式
学生1面接官1
肩書
不明
時間
30分
通知
電話

評価されたと感じたポイント

1次と同様、人柄を見られていると感じた。また、営業職での募集ということもあり、様々な質問に対し、臆することなく答えることができるかも見られていたと思う。ま...

最終面接を圧迫面接と感じましたか?

面接官はとても優しい方だった。1次面接が履歴書に沿ったものが多かったのに比べて、2次面接では学生のことをもっと深く知ろうという意図が感じられる質問が多かった。

最終面接で聞かれた質問と回答

学生と社会人の違いは何だと思いますか

学生はお金を払って大学に行っているため、義務や責任といった意識をあまり必要としません。授業をさぼろうが、単位を落とそうが、基本的には本人だけの問題です。し...

人と付き合う上で、大切にしていることは何ですか

私が大切にしているのは、人の悪い部分だけを見て判断するのではなく、必ず良い面を見つけることです。たとえ苦手だと思う人がいたとしても、その人にも必ず良い面が...

内定したからこそ分かること

内定後就職活動を終えるように言われましたか?

内定に必要なことは何だと思いますか?

私はIT業界に詳しくなかったため、選考前には少し勉強してから臨んだ。その方が自信を持って面接を受けられるし、面接でも入社の意欲を伝えやすい。どこの企業の面...

内定が出る人とでない人の違いは何だと思いますか?

私は、自分以外の学生に一度も会っていない。というのも、説明会に参加していたのが私1人だけだったからだ。本社は福岡にあるため、福岡で選考を受けた学生はそれな...

内定したからこそ分かる選考の注意点は何ですか?

選考時期や選考場所にもよるかもしれないが、私の場合は、説明会と筆記試験と1次面接が同じ日に行われた。そのため、説明会に参加してから志望動機を考えるつもりだ...