Img company noimage

学校法人慈恵大学

  • 2.7
  • 口コミ投稿数(36件)
  • ES・体験記(1件)

2016年卒 学校法人慈恵大学の本選考体験記 <No.268>

2016卒学校法人慈恵大学のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 内定辞退
内定先
  • 学校法人同志社
  • 杏林大学
  • 東邦大学
  • 東京医科歯科大学
  • 学校法人慈恵大学
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

説明会(4月) → ES(5月) → 筆記試験(5月) → 1次面接(6月) → 2次面接(6月) → 3次面接(6月) → 内々定(6月)

企業研究

まずは大学の創設者について調べました。どのような思いでその学校が作られ、どのような学生を輩出していきたいと考えられているのかを調べ、企業研究としていました。具体的には建学の精神や教育理念、中期経...

志望動機

私は学生時代に障がいのある生徒へ家庭教師をしておりました。障がいばかりに着目するのではなく、生徒目線に立ち何を思いどうしたいのかを考えることでより良い学習環境を提供出来ました。その経験から、単に...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
人事
面接時間
15分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

一次面接では、主にESに沿った質問が多く、面接官は私の基本的な受け答えの様子を見ているようでした。声が小さすぎず、基本的な挨拶と、受け答えのマナーも見ていたような気がします。面接官が、あまり私と...

面接の雰囲気

基本的にエントリーしーとの内容に忠実に質問がなされました。面接官は無表情な方でしたが、特段に威圧感を放っているわけでもなく、少し疲れた様子でした。何か変わったような面接でもなく普通の就活面接でした。

1次面接で聞かれた質問と回答

学生時代に頑張ったことを教えてください

私は障がいのある生徒に対し、生徒本位の学習の手助けに注力しました。当初は苦手科目を克服することが生徒の幸福に繋がると考えていましたが、押しつけの勉強では生徒が勉強嫌いになるだけでした。そこで生徒が何を求めているのかを考えた指導へ転換しました。長時間集中することが苦手な生徒でしたので、短時間で要...

あなたの長所と短所を教えてください

私の長所は行動力があるところです。学生時代に所属していた部活動で、活動内容に対する部員の満足度が上がるように、後輩や同期部員の意見を聞きながら、幹部の話し合いの中で提案し実際に改善させることが出来ました。しかしその目標達成の中で、計画性が甘くて期限近くになって慌ててしまうことが私の短所です。現...

2次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
人事2人
面接時間
20分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

面接官の方は、私の話の一貫性を見ていたように感じました。こちらが予想できない質問を投げかけ、学生の臨機応変さを見るなかで、話の筋が通っているかどうかを確認していたようです。また、面接の雰囲気も一...

面接の雰囲気

私はもともと教育学部だったので、面接中に何を言っても「それって教員でもできることなのになんでウチなの?」と聞かれました。その一つ一つに丁寧に受け答えするのが疲れました。ストレス耐性をみていたとい...

2次面接で聞かれた質問と回答

医療系の大学の職員として大切なことは何だと思いますか。

医療系の大学では、学校で関わる人の他に、附属病院などの機関で医師や看護師、薬剤師、作業療法士などの職の人とも関わることになるので、より一層、相手との協調性が大切だと考えています。様々な立場の人が同じ組織の中で働くので、その中で総合事務職が果たすべき役割は、すべての関わる人の能力を融合させて、大...

本校を選んだのはなぜですか?

エントリーシートに書いたとおりの志望動機を話しましたが、面接官に「確かに建学の理念への共感も大切だけど、職場として選ぶんだからもっと他に理由はないの?」と聞かれ、「単に建学の理念に共感しただけではなく、知り合いに御校の現職職員の方がいるのでお話を伺ったのと、人事の方の雰囲気が良かったのでより一...

最終面接 通過

形式
学生 1 面接官 4
面接官の肩書
役員
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

最終面接では、主に「志望度の高さ」に関する質問が多く、学生の熱意を見ているようでした。自分の中で、なぜ他の大学ではなく、この大学の職員になりたいのかを論理的に伝えられるように用意しておく必要があ...

面接の雰囲気

面接官4人の中で、一人は私の回答に対して「それはうちである必要が無い」という人でしたが、他の3人は穏やかな質問の人たちだったので、総合的には圧迫面接ではありませんでした。

最終面接で聞かれた質問と回答

近い将来の日本において、医療系大学はどうなると思う?

近い将来に行われる東京オリンピックで、東京という都市が世界から注目されるようになり、外国人の労働者や旅行者が増えると考えられます。また、日本社会が高齢化していく中で医療の役割は重要度を増していくので、そのような社会では、国際的思考や異文化理解の出来る医療人がより活躍すると考えています。そのよう...

普通の総合大学の職員ではなく、なぜ医療系の大学職員になりたいのか。

学生のキャリアビジョンがしっかりと定まっている方が職員としてもサポートしやすいと考えたからです。普通の総合大学では学生は自身の将来について考える時期が遅く、ふらふらと大学生活を過ごす学生が多いですが、医療系の大学では、入学当初から学生は自身のキャリア像をしっかりと持っていてその夢に向かって大学...

内定者のアドバイス

内定に必要なことは何だと思いますか?

就職面接の段階では医療知識は全く必要ありませんが、この大学が教育期機関として、どのような医療教育をしているのかは調べる必要があります。また、今までの人生の中で、医療に強く関心を持った出来事を挙げ...

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

共通した経験というよりかは、共通した性格として「穏やか」な人が内定者には多かったです。あまりガツガツとした人はいませんでした。現職の職員さんを見てもやはり穏やかな性格の人が多かったので、そういう...

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

性格検査(適性検査)が3回行われたのが印象的でした。そのほか、一次・二次は面接会場が何個かに分かれていたので、その部屋にいる面接官によって圧迫気味になったり笑いのある面接であったりとまちまちのよ...