MESSAGE
Bringing Value to Life
#{company.name}のロゴ写真

日本郵船株式会社

  • 3.9
  • 口コミ投稿数(124件)
  • ES・体験記(51件)

日本郵船株式会社のインターン体験記

2018卒 日本郵船のレポート

卒業年度
  • 2018卒
開催時期
  • 2015年08月
コース
  • キャリアスクール陸上事務編
期間
  • 1日
参加先
  • 日本郵船
大学
  • 東京大学大学院

インターンシップ参加前

インターンに参加した理由を教えてください。

海運業界というものが、日常生活の上ではまったくなじみのない業界であり、どんな業界か皆目見当がつかなかったので、どんな業界か知りたく参加した。

受ける為に準備したこと、また合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

選考フロー

書類選考

インターンシップの形式と概要

開催場所
丸の内本社ビル
参加人数
64人
参加学生の大学
東大、早慶といった東京の上位校や遠方からは京都大学の人や九州大学の人もいた。
参加学生の特徴
ほとんどがまだ海運業界というものをあまり知らず、とりあえず業界研究のために受けてみるかという人がほとんどだった。
報酬
なし

インターンシップの内容

テーマ・課題

船の航路を決定するシミュレーションゲームを行うことで海運業界を知る

1日目にやったこと

まず、はじめに日本郵船の事業内容を説明した後、船の航路を景気予測しながら決定するシミュレーションゲームを8人ほどのグループで行った。ゲームの後は、2人の若...

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップを通して印象的なフィードバックは何ですか?

日本郵船という会社は基本的に3年ごとにジョブローテーションで仕事内容や勤務地も変わってしまうのだが、それを自分にとってはチャンスだととらえている人が多く、...

苦しい・大変だと思った瞬間は何ですか?

シミュレーションゲームの成功の可否が、提示される景気動向によって決まるのでそれに関して予測を立てることを班員と行わなければならないのだが、与えられる情報が...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

海運業界は、物流という欠かせないものを扱っていることから基本的には安定した業界だと思っていたが、船の代金がBPIという非常に不安定な指数によって決まるとい...

参加前に準備しておくべきだったこと

海運業界の売り上げは、世界の景気動向に大きく左右されるということが分かったので、金融系の知識を知っていれば業界のイメージがもっと具体的につかめたかと思う。

本選考で内定が出ると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

グループワークにおいて、周りの学生がかなり消極的で、自分で意見を言わずに周りに合わせるだけの人が多かったので、少なくとも現段階では周りのレベルはあまり高く...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

志望度が上がった理由としては、海運ビジネスがただ単に言われたとおりに物を流すだけの仕事ではなく、自分から積極的に動いていくビジネスだと知れたから。また、海...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

あくまでも1dayインターンシップであり、企業側も参加者に対して特別なアフターサポートを実施していないから。

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

特にはないと思います。例年、この陸上事務の1dayインターンシップはアフターフォローがないということで知られているので、今年もその通りかと思います。

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい

情報系の学生なのでSIer業界や、人々の生活を根底から支える通信やインフラ業界に興味があった。他には、理系の分析力を生かせるコンサル・シンクタンク業界も志...

このインターンへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

特別大きく志望業界が変わったということはありませんが、日本の生活を根底から支えておりなおかつ個としての裁量も見られる海運業界が志望業界の1つとして加わりま...