2017年卒 株式会社USENの選考体験記 <No.1705>

業界:
放送業 webサービス
本社:
東京都
従業員数:
2千人以上5千人未満
URL:
http://www.usen.com/

2017卒株式会社USENのレポート

年度
  • 2017年度
結果
  • 最終面接
内定先
  • 東日本旅客鉄道株式会社
  • 大王製紙株式会社
大学
  • 獨協大学

選考フロー

説明会+GD(3月) → 1次面接(3月) → 2次面接(4月) → 最終面接(4月)

企業研究

就職活動をせずとも誰もが知っているような「音楽配信」以外の事業についても、事前にしっかり調べておくべきだと思います。選考過程で出会う社員の方は人事ではなく...

志望動機

私が貴社を志望する理由は、貴社の挑戦を続ける姿勢に強く感銘を受けたからです。貴社は歴史や実績がありながらも、時代の先を見据え、常に挑戦を続けています。私は...

グループディスカッション(8名)

テーマ

自分の子どもにひとつだけ習い事をさせるなら、何を選びますか?

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

1グループあたりの人数が多かったことやGDのテーマからも、発言内容より協調性や積極性を重視していると感じました。

1次面接 通過

形式
学生2面接官1
肩書
10年目未満の営業
時間
20分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

こちらの企業の選考の特徴として、3つ程のテーマが事前にメールで送られてくることがあげられます。これらのテーマの中から1つ自分で選択し(今回でいう「成功と失...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

就職活動序盤の選考であったため、最初は非常に緊張していました。それでも面接官の方は学生の緊張をほぐして少しでも話しやすい環境を作ろうと、簡単な質問や雑談を...

1次面接で聞かれた質問と回答

成功と失敗を定義し、成功体験と失敗体験のどちらが人生に必要だと思いますか?自分の経験を交えてプレゼンしてください。

私は失敗を、陸上走り幅跳びの「助走」、成功を「着地」であると定義します。その上で成功体験と失敗体験はどちらも大切であり、特に失敗体験は人生において必要であ...

なぜこの大学を選んだのですか?

私がこの大学を選んだ理由が二点あります。一点目は実家から通えるということです。元々国立大学志望であったため、実家から通学することは金銭面でも大きな節約につ...

2次面接 通過

形式
学生1面接官1
肩書
10年目位の企画
時間
20分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

営業職の採用試験でもあるため、咄嗟に出された小さな質問に対しどのくらい簡潔に回答することが出来るかや人当たりの良さ、明るさを特に見られていたと思います。志...

2次面接を圧迫面接と感じましたか?

1次同様、非常に話しやすい雰囲気を作ってくださいました。GD時に提出したOpenESを見ながら、大学までの通い方やアルバイト、部活動、ゼミなどについて雑談...

2次面接で聞かれた質問と回答

仕事のできる人・できない人の違いについてプレゼンをしてください。その際、あなたの経験を必ず入れてください。

仕事ができるということを「結果を出し、周囲から認められること」であると定義します。その上で私は、仕事のできる人の特徴を「自分自身を理解している人」、仕事の...

なぜこの大学を選んだのですか?(1次面接と同じ内容)

私がこの大学を選んだ理由が二点あります。一点目は実家から通えるということです。二点目は語学力を磨くことが出来る点です。(1次面接と同じ質問内容であるため一...

最終面接 落選

形式
学生1面接官1
肩書
不明
時間
20分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

面接官の方は営業や企画部門で実績・経験のある方ばかりです。最終面接ではこれまでとは一転して、自分が会社に貢献できること・挑戦したいこと・入社後の明確なビジ...

最終面接を圧迫面接と感じましたか?

最終面接で初めて「圧迫だ」と感じました。営業経験者の方だったのですが、学生の持つ「営業観」を甘いと一蹴するような言葉もあり、面接中に「これは落ちたな」と感...

最終面接で聞かれた質問と回答

あなただからできるUSENでの「活躍」とはどのようなものですか?

「私は学生時代に所属していた学生団体で、地域振興ボランティアを経験しました。活気のなくなった商店街に人を呼ぶために、学生という立場から何が出来るのかを考え...

USENだからできるあなたの「挑戦」は何ですか?

「私は学生時代に所属していた部活動で、チーム一丸となり、これまで実現できなかったことに挑戦して参りました。この経験を通して得ることが出来た結果は、大きな自...