株式会社毎日新聞社のロゴ写真

株式会社毎日新聞社

  • 2.6
  • 口コミ投稿数(220件)
  • ES・体験記(29件)

毎日新聞社のインターン面接

インターンの面接

6件中6件表示

21卒 夏インターン 最終面接

2019年9月開催 / 5日 / 記者職
21卒 | 早稲田大学大学院 | 女性
Q. 学生時代に一番力をいれたことは何ですか?
A. A. 幼少期から○○(スポーツ)にどっぷりと浸かった生活をしていたため、個として闘う強さを身につけた。しかし、○○だけでなく、○○(楽器)も協調性を備えるべく、熱心に取り組んでいた。さらに、勉学にも励み、負けず嫌いな性格を遺憾なく発揮し、徐々に全てにおいて頭角を現し、自...
Q. 旅行先で一番印象に残っているのはどこの国ですか?
A. A. ポルトガルが最も印象に残っており、街の景色に心奪われたことに加え、物価が安く、食べ物が日本人の舌に比較的マッチしていた。街の雰囲気と人が温かく、包み込んでくれるような感覚が印象的だった(ポルトガルで体験した珍事件について話したところ、場が和んだ)。ポルトガルに特派...

21卒 夏インターン 最終面接

2019年8月開催 / 5日 / 記者職
21卒 | 筑波大学 | 女性
Q. なぜ毎日新聞に興味を持ったのか
A. A. 誰もが簡単にSNSなどで情報を発信できる今日において、裏付けを取って真実の情報を発信することは以前よりとても重要になってきていると感じる。そんな中で記者の目のような、特定の意見にとらわれず、ニュースを届けていることの素晴らしさを感じた。そんな貴社で働いている実際の...
Q. 学生時代に頑張ったことは?
A. A. Teaching Assistant. 普通TAというと出席を取ったり、プリントを配る業務が一般的であるが、私がやっていたTAは半年間の授業を通して受講生6人をグローバル人材に成長させるというものだった。もちろんコンダクトをするのは先生だが、毎週の課題を添削したり...

21卒 夏インターン 1次面接

2019年9月開催 / 5日 / チャレンジ!最前線‼実践「支局インターンシップ5日間」
21卒 | 東京農工大学大学院 | 女性
Q. 支局インターンシップでは何を学びたいですか?
A. A. 第一線で活躍する記者の方と直接お会いできる機会になるので、記者の社会や政治に対する問題意識を知りたいです。また、大学や大学院でジャーナリズムを専門に学んでこなかったので、現場に身を置いて直に学びたいと思っています。 (この質問は必ず聞かれると思う。なぜインターン...
Q. なぜ記者になりたいのですか?
A. A. 私の家では朝日新聞を購読していて、毎日新聞、はっ!(面接官笑い)、御社のことをよく知らなかったのですが、記者にも読者の方にも色々な意見があることを尊重し、社説に縛られず、さまざまな意見を取り入れていると知りました。また、社会の分断をつなぐような新聞でありたいという...

21卒 夏インターン 最終面接

2019年9月開催 / 5日 / チャンレンジ支局最前線
21卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. ゼミでの専攻は国際関係論で、ジャーナリズムとは離れたものですが、どういうことでしょう。
A. A. ジャーナリズムへの関心を抱いたのは最近で、それ以前は国際関係論に関心があった。自分の中には、ジャーナリズムへの関心と共に国際関係論への関心もあり、2つの軸がある。私は国際関係論の中でも、EU政治という刻一刻と変化し、ニュース性の高い分野を専攻している。毎日新聞では...
Q. このインターンシップを通じてどんな仕事を体験してみたいですか?
A. A. 支局での業務というのはなかなか学生からは想像しづらく、具体的な業務というのはあまり思い付けない。しかし、現場の記者が、日々どんな視点を持って、どんな角度からニュースを記事にするのかなど、そういった記者の視点を学びたい。他にも、社会にとって重要な仕事である報道という...

19卒 冬インターン 最終面接

2018年2月開催 / 2日 / 記者コース
19卒 | 青山学院大学 | 女性
Q. メディアの多様階に対して新聞はどう対処すべきか。
A. A.
私はウェブメディアのライターをアルバイト業務として行ったことがあります。その中で歯がゆい思いをしたことが何度もありました。ウェブは世の中の人が携帯ですぐに検索をかけられてリーチ力の高いものです。でも、内容の真偽のほどは定かではありません。内容の不正確性についてアルバイト業務を通して私は感じました。それに対して新聞は取材に裏打ちされたものを伝えています。情報の正確性を保って欲しいです。 続きを読む
Q. なぜ新聞記者になりたいのか。
A. A.
ウェブメディアのライター業務を通して、「自分の言葉でものごとを伝えることの楽しさ」を感じました。また、加えて、それが「多くの人に伝わることへの喜び」を感じました。つまり、私が感じたことは書くことの楽しさでした。信頼のあるメディア、新聞だからこそできる、綿密な取材活動と記事の執筆を仕事にしたいと思ったからです。 続きを読む

19卒 夏インターン 最終面接

2017年9月開催 / 5日 / 支局インターンシップ 5日間 「チャレンジ!最前線!!」
19卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 本当にインターンに参加したいの?
A. A.
大学での専門がジャーナリズムであることや、それ以前から記者の仕事が社会を大きく変える可能性を様々な記事を読み実感していたこともあり、実際に自分がその現場に飛び込んでみたい気持ちは誰よりも強いと思います。5日間のインターンですべてが分かるわけはありませんが、せっかくの機会なのでぜひとも参加させていただきたいです。 続きを読む
Q. 実際の職場には色んな人がいるから自分に合わない人もいると思うけど大丈夫?
A. A.
もちろん、会社という組織には多様な人がいることは理解しているつもりなので問題ありません。むしろ多様性がないほうが個人的には怖い気がしているので、合う人もいて、合わない人もいる環境のほうが面白いと思います。さらにいえば、細かい性格では違いがあるかもしれませんが、皆さん全員が御社に魅力を感じて働き続けている方々なので、そのような皆さんの多様な姿勢から多くのことを学びたいです。 続きを読む
6件中6件表示