MESSAGE
よりよい未来を『ともに考え、ともにつくる』
株式会社朝日新聞社のロゴ写真

株式会社朝日新聞社

  • 3.6
  • 口コミ投稿数(440件)
  • ES・体験記(66件)

株式会社朝日新聞社のインターン体験記

2020卒 朝日新聞社のレポート

卒業年度
  • 2020卒
開催時期
  • 2018年12月
コース
  • ビジネス部門
期間
  • 1日
参加先
  • 朝日新聞社
  • 富士フイルム
大学
  • 一橋大学

インターンシップ参加前

インターンに参加した理由を教えてください。

兄が新聞社に記者として就職していて、勧められた。私自身、全くマスコミは見ていなかったが、ビジネス部門は新聞に興味がなくても大丈夫だといわれた。また、日数が...

受ける為に準備したこと、また合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップを受ける為の準備の具体的な内容を教えて下さい。

1分間の動画だったので、何度も撮りなおして、完成度の高い動画を提出することを心掛けた。自分の個性が伝わるように、部活動の恰好で動画を撮った。

選考フロー

応募 → 書類選考

インターンシップの形式と概要

開催場所
朝日新聞東京本社
参加人数
30人
参加学生の大学
私の班は、5人早稲田、一人東工大と私だった気がする。学歴は高めの印象。
参加学生の特徴
マスコミにとにかく行きたいという子も多いように見えた。夏のインターンシップにも参加している子もちらほらいるようだった。
報酬
なし

インターンシップの内容

テーマ・課題

グループワークを三つ。(朝日新聞本社を移転させるならどこがよいか、デジタル部門の新規事業創造、携帯ゲーム会社~周年のクロスメディアによるPR方法創出)

1日目にやったこと

まず、朝日新聞ビジネス部門の仕事紹介が行われた。そのあと各部署の社員の方が自分の仕事を紹介し、学生たちがグループワークをし、発表するということを3回繰り返...

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

審査員の肩書

各部門の社員の方。

優勝特典

インターンシップを通して印象的なフィードバックは何ですか?

「新聞社でありながら、利益をだすことを第一の目標としなくてはいけない」ということ。知名度を上げることや、社会にインパクトを残すことはもちろん大切だが、一つ...

苦しい・大変だと思った瞬間は何ですか?

1日という短い時間の間にグループワークが3つもあること。一つ一つにじっくり取り組むことはできず、詰め込みすぎ感は否めなかった。また、必然的に全員発表するこ...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

ビジネス部門の仕事はとても幅広く、説明を聞くだけではなかなかその実態をつかむのは難しいが、このインターンシップ1日で様々な業務をグループワークを通じて体感...

参加前に準備しておくべきだったこと

朝日新聞が現在手掛けるコンテンツを見ておくこと。朝日新聞デジタルなど見ておくと、社員さんたちが取り組んでることの成果を知ったうえで話が聞けて、より興味深く...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

事業面でも、人という面でも自分の方向性と違うと感じたから。グループワークを通じて、ビジネス部門の中核に位置する、広告だったり、デジタルメディアというものに...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

1日ということもあり、特に一人一人を評価している素振りがなかったから。朝日新聞さんとしても、仕事内容を理解してもらう機会としてこのインターンシップを開催し...

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

個別のフォローはなかった。ただインターン参加者限定の説明会はそ一か月後の開催されていた。選考への直接的プラスはない。

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい

メーカー、鉄道。自分の関わっているものが、目に見える形として現れる点と、たくさんの人の生活に寄り添い、社会的貢献性を感じられそうな点に魅力を感じていた。た...

このインターンへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

ものとして現れる業界のほうが自分には合ってると改めて確信する機会となった。だから志望業界を絞るのに役立ったと思う。新聞社のビジネス職はほかは見ないことに決...