メリルリンチ日本証券株式会社のロゴ写真

メリルリンチ日本証券株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(111件)
  • ES・体験記(30件)

メリルリンチ日本証券のインターン面接

インターンの面接

6件中6件表示

21卒 夏インターン 最終面接

2019年8月開催 / 3日 / 投資銀行部門
21卒 | 東京大学 | 女性
Q. 志望動機を教えてください。
A. A. 私は御社を志望した理由は主に2つあります。第一に、私は御社が世界中にクライアントを持っていることに関心があります。私は将来世界経済に関わっていたいと思っており、規模と影響力の大きい御社ではそれが可能だと思いました。第二に、御社の人に惹かれました。例え忙しくても、協...
Q. 気になるニュースは?
A. A. 私はみずほ銀行が新生銀行と共に日本最大のインパクト投資用のファンドを作ったというニュースに興味があります。その理由は、日本でもっとインパクト投資が進んでほしいと思うからです。インパクト投資は投資家にとって経済的なメリットがあるだけでなく、社会全体にメリットがありま...

17卒 夏インターン 最終面接

2015年8月開催 / 3日 / 投資銀行部門
17卒 | 一橋大学 |
Q. 企業選びの軸は何ですか?
A. A. それは二つあります。一つ目は実力主義であることです。私は中高と野球部であり実力主義の世界に属していました。大学では実力主義とは無関係のサークルに入ったのですが、自分の中で実力主義の世界に身を置いていた時の方が自分の中のモチベーションが高いままで維持することが出来る...
Q. なぜコンサルではなく投資銀行なのですか。
A. A. ジェネラリストであるコンサルタントよりもスペシャリストである投資銀行に強く惹かれるからです。というのも自分は高校生時代、スペシャリストに憧れ研究者の道を目指し、理系の受験生でした。しかし、受験に失敗し文系の学部に進むことになりましたが、そのくやしさは心の中に常にあ...

17卒 夏インターン 最終面接

2015年8月開催 / 3日 / 投資銀行部門
17卒 | 東京大学 |
Q. 最近気になった案件について
A. A. 日経新聞のtimes買収について。インターネットの普及で新聞の売上高が下がる中、インターネットに強みをもつtimesの買収は買収の典型的な例だと思い、勉強になったから。
Q. メリルリンチのイメージについて
A. A. 社員間の距離がとても近く、チームで案件に全力で向かっていくイメージがあると答えた。また、個人個人もエネルギッシュな方が多く、仕事もプライベートも全力で楽しんでいるイメージも伝えた。

17卒 夏インターン 最終面接

2015年8月開催 / 3日 / 投資銀行部門
17卒 | 一橋大学 |
Q. このインターンシップに応募した理由を教えてください。
A. A. 日本の良い製品をもっと海外に広めたいから。日本は技術大国と言われ、高い製品技術やノウハウを有する。しかし、競争力の弱さ故、国際社会でなかなか勝てない。私はこの現状を打開したい。投資銀行で行うM&Aは海外のチャネルや顧客をスピーディーに獲得するのに有効な方法であると...
Q. 興味のあるM&A案件は?
A. A. 日本のコンビニエンスストアによる東南アジアのコンサルティングファームの買収。コンビニ側にとっては、ファームにたまったその地域の消費者に関するデータをマーケティングに利用できるというシナジーが見込まれる。一方で、コンサルティングファームにとってコンビニエンスストアに...

17卒 冬インターン 最終面接

2016年1月開催 / 5日 / 投資銀行部門
17卒 | 慶應義塾大学 |
Q. 志望理由
A. A. 基本的にESに書いてあるとおりです。志望部門理由としては、自分の強みと適性がありこれまでに経験も活かせると感じたから。志望企業理由としては、御社組織風土と自分が活躍しやすい風土が合致し、かつ女性に対しての多大なる支援と女性の活躍実績があるから。
Q. ESに書かれている、学生生活での経験について詳しく教えて下さい。
A. A. NPO法人での経済発展を見込んでの東南アジアを拠点とした活動しました。2.5年間でインドネシアでの支部設立、シンガポール・マレーシア・ミャンマーでの海外営業、非帰国子女向け育成プログラムとしての主要都市8カ国での海外営業兼キャリアインタビューの運営、カンボジアでの...

16卒 夏インターン 最終面接

2014年8月開催 / 3日 / 投資銀行本部
16卒 | 東京大学 |
Q. 今までで一番つらかった時はいつか
A. A. 大学で運動部に所属していたが、そこで思うような結果が出せていなかったときが一番つらかった。勝つためにあらゆる準備をしたものの、実力が及ばなかった。しかし、常に改善点を探し、自分たちの強みや相手についての分析を続け、個人としてのスキルアップや判断力の向上に取り組むこ...
Q. なぜインターンを受けようと思ったか
A. A. 投資銀行の業界について知りたいということと、自分の可能性を試したいということ。金融業界には以前から興味があり、その業界の雰囲気も自分に合うのではないかと考えた。周囲のやる気あふれる学生とともに何かに取り組んでみたいと思った。
6件中6件表示