電源開発株式会社のインターン体験記

業界:
電気業
本社:
東京都
従業員数:
2千人以上5千人未満
URL:
http://www.jpower.co.jp/index.html

2017卒 電源開発のレポート

年度
  • 2017卒
時期
  • 2016年02月
コース
  • 事務系
期間
  • 2日
参加先
  • 株式会社日本製衡所
  • 電源開発株式会社
  • 株式会社トライグループ
大学
  • 北海道大学

インターンシップ参加前

インターンシップに参加した理由

理由は三点あり、一点目は電力業界をはじめとするインフラ業界を志望しているた...

インターンシップを受ける為に準備したこと、合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

選考フロー

ES・筆記試験

ES・筆記試験・WEBテスト・適性検査

選考形式

ES(エントリーシート)

ES(エントリーシート)の内容

社会人と学生の違いについて論理的に述べてください。

「私たちが金銭を得るか払うかによって存在する責任の有無」である。学生は大学に授業料を支払うことによって身分を得る。したがって、大学にとって学生は顧客としての側面を持っている。私たちは普段大学に通い、先生の授業や指導...

インターンシップの形式と概要

開催場所
人財開発センター/磯子火力発電所
参加人数
25人
参加学生の大学
早稲田・慶應・中央大学しか私立大はおらず、あとは旧帝国大学+一橋大くらいであった。
参加学生の特徴
基本的にはインフラ志望の高学歴(と言われる)学生ばかりであった。時期柄他の業界も志望している人が多く、当時選考を行っていた外資系コンサルなどの選考を受けながらインターンシップに参加している人もいた。電源開発を第一志望と言い切っている学生はあまり多くなかった。
報酬
0円

インターンシップの内容

テーマ・課題

若手社員へのインタビューを通して電源開発の仕事の醍醐味を探れ

1日目

午前中はインターンシップ学生の自己紹介、その後、「発電現業における様々な関...

2日目

午前のみ。磯子火力発電所の見学会を主に行った。2時間程度をかけて、現地所長...

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップを通して印象的なフィードバック

人事担当からグループワークにおいて「自分たち以外の立場をいかに考えることが...

苦しい・大変だと思った瞬間

「若手社員に対するインタビュー」はかなり時間が長いので、事前の準備時間(1...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

まずは中々理解できない電力会社の仕事内容を学んだ。特に日本には基本的に1社...

参加前に準備しておくべきだったこと

それまでに参加したインターンシップそのものの数が足りなかった。ある程度テン...

参加してみて企業で働いている自分を想像できましたか?

  • はい
  • いいえ

まずは事務系の多くの若手社員にじっくり話を聞くことができたこと。事務系の社...

本選考で内定が出ると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

まずはインターンシップに参加した学生の中で、この企業を第一志望と決めている...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

会社の雰囲気に非常に魅力を感じたからである。元々少数精鋭の会社であり、事務...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

その後の一般会社説明会などを見ても、非常にインターンシップでの会社紹介がか...

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

アンケートを求められて連絡が来る。人事側からの連絡は参加に対するお礼のみだ...

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

インフラ業界を志望していた。規模の大きな事業に携われる上に、大学での専攻が...

このインターンシップへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

「保守的な権化=インフラ業界」という認識を、就活生のみならず、現場の社員自...