東京海上日動火災保険株式会社のロゴ写真

東京海上日動火災保険株式会社

  • 4.0
  • 口コミ投稿数(1617件)
  • ES・体験記(243件)

東京海上日動火災保険株式会社のインターン体験記

2019卒 東京海上日動火災保険のレポート

卒業年度
  • 2019卒
開催時期
  • 2017年09月
コース
  • グローバル
期間
  • 5日
参加先
  • 大阪瓦斯
  • Fringe81
  • 三菱UFJ信託銀行
  • 東京海上日動火災保険
  • デロイトトーマツコンサルティング合同会社
  • パソナ
  • SOMPOホールディングス
  • ソフトバンクグループ
  • 富士フイルム
  • 住友商事
大学
  • 慶應義塾大学

インターンシップ参加前

インターンに参加した理由を教えてください。

参加した理由→その後の選考優遇も激しいと聞いていたから。 興味をもったきっかけ→有名企業で、インターンの知名度も高かったから。 参加を決意した理由→評判もよく、給料も高い、さらには自分の行きたい類の会社で受かりたかったので、合格通知後すぐに参加を決意した。

受ける為に準備したこと、また合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップを受ける為の準備の具体的な内容を教えて下さい。

事前にインターンシップ選考の内容は調べた。ネット記事や就活情報サイトなどで対策ページも読み漁った。その上でESをしっかり完成させ、自己分析をした。

選考フロー

書類選考 → 1次面接 → 最終面接

1次面接 通過

形式
学生7 面接官1
面接官の肩書
人事部
面接時間
50分
通知方法
メール
通知期間
1週間以上

評価されたと感じたポイント

基本的な受け答えができれば大丈夫。自分は大人の方と話し慣れていたので、変に硬くならず会話ができた。周りと比べて、そのコミュニケーション能力が評価されたのだと思う。

面接で聞かれた質問と回答

学生時代頑張ってきたこと

14年間続けているテニスです。大学入学後の学内大会では、初戦敗退をしました。満足できる結果ではなく、この日より、テニスコーチとして生活にテニスを取り入れること、平日の朝は自主練習するなど努力を重ねました。そして今年に行われた学内大会の個人戦では、優勝には届きませんでしたが、大学選抜に選出して頂きました。

その取り組みの中で気付いたことは?

何事にも「勝つ」「一番になる」と思い続けることで、No.1になれる時が来ることです。そしてそのNo.1を目指していくことで、常に新たなチャレンジ・成長につながる可能性が広がると確信しました。幼少期より負けず嫌いでした。自分がやると決めたからには、その道では負けたくないという思いでテニスに打ち込んできました。大学選抜に選んでいただいたことにより、大学代表として勝つというより高い新たな目標を得ることが出来ました。

逆質問の時間はありましたか?

  • はい
  • いいえ

最終面接 通過

形式
学生1 面接官1
面接官の肩書
人事部採用リーダー
面接時間
30分
通知方法
メール
通知期間
1週間以上

評価されたと感じたポイント

とにかくコミュニケーション能力をみせることを心がけた。面接官も人間なので、話して見て楽しい、来て欲しいと思える人間をとると思ったから。

面接で聞かれた質問と回答

小学校のころの自分を三語で表して。

一つ目は「活発」です。本当に放課後は毎日友達と遊びに行くような外に行くのが大好きな子でした。二つ目は「負けず嫌い」だと思ってます。運動や遊びにおいても本当に負けるのが嫌いで、全力でやっていたと思います。三つ目は「好奇心旺盛」です。小学生時代はテニスサッカー陸上水泳、あとは小学校の代表として駅伝大会にも出たり、本当に興味の持ったものにすぐとりかかっていました。

中学校のころの自分も三語で表してみて。

一つ目は「努力」です。小学校に引き続き、テニスとサッカーを続けていたのですが、小学校の遊びから競技としてのスポーツに変わり、活動時以外にも練習だったり努力していた覚えがあります。二つ目は「リーダーシップ」だと思っています。小学校にはなかった学級委員を3年間つとめ、2.3年は学級委員長を務めるなど、本当に人前に立つことが多かったとな思います。三つ目は「計画性」ですかね。受験勉強を振り返ると計画的にしていたと思います。

逆質問の時間はありましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップの形式と概要

開催場所
東京オフィス
参加人数
5人
参加学生の大学
早慶、一橋、東大ばかりだった。早慶がボリューム層で、学歴フィルタがあることは一目瞭然だった。
参加学生の特徴
コミュニケーション能力があり、嫌味のない人ばかりだった。同じような人が多い。
報酬
なし

インターンシップの内容

テーマ・課題

政府に政策を提言し、その政策にあった保険を考える。

前半にやったこと

保険に関する知識のインプットがおおかった。インターンの段階なので、保険についての知識が全くなく、その配属部署の社員の方々が交代ばんこで出て来て、自分が担当している保険の説明をしてくれた。

後半にやったこと

後半は主に5人班を二つに分けて、発表の準備を行った。前半の講義を参考に、政府に政策を提言とその政策にあった保険を考えるために議論した。その後パワーポイントで発表用スライドをつくった。

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

審査員の肩書

配属部署の社員

優勝特典

インターンシップを通して印象的なフィードバックは何ですか?

この場ではフィードバックはあまりなかった。提案に対する軽い振り返りのみだった。本選考に進んだ場合、その過程で人事部の人から部署の社員から聞いたフィードバックを言ってもらえることになっている。

苦しい・大変だと思った瞬間は何ですか?

先輩たちの話を聞いてると残業したり、遅くまで残って会議したりということが多いようだったが、働き方改革が言われ続けてる中で企業イメージを損なわないためなのか、今年は本当に解散が早かった。メンターからも早く終わられせるように言われたため、全く大変ではなかった。

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

保険の知識が全くなかったのでそれが付いたことは大変良かった。また、企業の実際のオフィスに毎日行ってプレゼンしたり、講義を聞いたりしたので、働く環境をこれ以上なく知られたのは大きかった。そこで自分はそれで少し金融はやはり合わないかなとは思った。

参加前に準備しておくべきだったこと

このインターンシップに事前準備は全く不要だと思う。基本的な考える力があれば、班に貢献できる。強いていうなら、パワーポイントスキルは持っておいたほうがいい。

参加してみて企業で働いている自分を想像できましたか?

  • はい
  • いいえ

やはり実際に働く環境を見えたことは大きかった。その場でこういう業務をこういう風にやるのかということがありのままわかるインターンだったため、ポジティブな意味ではなくて、働くイメージは持てた。しかしそれが理想的だとは言えない。もっとダイナミックな仕事をしたいと当時はおもった。

本選考で内定が出ると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

正直5人のなかで抜きん出て議論を先導していたため。また人事部が徘徊してきた時に、声をかけられ名前を覚えてくれたり、目立っていたのでかなり有利に働くと思った。正直、このインターンは一度二回の面接に通っている人たちの集まりなので、バックグラウンドというよりどのくらい目立てるかだと思う。

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

保険という難しい商材をかたく扱うことに大きく魅力を感じたわけではなかったが、社員の方々の人柄や、他の参加者の人柄をみて、居心地の良い職場なのは間違いないと思った。またその中で給料ランキングもトップに入るほど待遇も良く、国家と強固にむすびついているため安定していると思ったから。

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

インターン参加者のみの特別面接に招待された。また本選考になってから最初の面接は、インターンシップ参加者はスキップされると先輩たちから聞いていたから。有利になると確信していた。

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

東京海上のインターンは6日目に再び集まり、そこでプレゼンを再度行い、またその後インターン特別面接もあるため、フォローは分厚い。その特別面接でうまくいけば、本選考がかなりスキップされる。

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい

正直、志望企業や志望業界が定まっていないため、いろんな業界を受けていた。しかし、そのなかで軸はあって、⑴社会を根底から支える社会貢献度の高さ。⑵魅力的な社員の方々⑶失敗を恐れず挑戦することを是とする環境。この三点の軸に従い、インフラ企業、損害保険、IT通信、コンサルティング業界に興味があり、応募していた。

このインターンへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

こういう業務をこういう風にやるのかということがありのままわかるインターンだった。そして保険という難しい商材をかたく扱うことに大きく魅力を感じなかった。もっとダイナミックな仕事をしたいとおもった。給料が高く、ひとが良い、東京海上自体には魅力を感じていたが、損害保険自体には魅力を感じなかったので、同業他社をみなくなった。