Img company noimage

株式会社テレビ東京

  • 3.0
  • 口コミ投稿数(64件)
  • ES・体験記(39件)

2016年卒 株式会社テレビ東京の本選考体験記 <No.210>

2016卒株式会社テレビ東京のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • 博報堂
大学
  • 一橋大学

選考フロー

ES+webテスト(6月) → 1次面接(7月) → 2次面接(7月)

企業研究

テレビ東京は、キー局の中でも、TBS,フジ,日テレ,テレ朝とはタイプが違う。会社の規模が他のキー局と比べて小さいなど、さまざまな理由が考えられる。そのために、自分はまずテレビ東京は番組制作をする...

志望動機

私がテレビ東京でやりたいことは、新しいメディアの開発です。テレビメディアは、人の生活を豊かにする流行や文化を創る役割があります。しかし、現代は若者を中心に「テレビ離れ」と言われるように、文化や流...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
営業/制作
面接時間
70分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

一次面接は、やはりノリの良さとか元気の良さ、可愛げがあるかという学生の性格を見ていたのではないかと思う。深く掘り下げる質問をどんどんするというよりは、その場の雰囲気を楽しんでいるのか、明るく笑顔...

面接の雰囲気

こちらの質問に対して、相手からも冗談を言ってくれるなど、とても良い雰囲気で終始した面接だった。良い雰囲気だが、テレビ東京で何をやりたいのか、などの真面目な質問の際は、笑わずに真剣に聞いてくれたよ...

1次面接で聞かれた質問と回答

これまでで一番苦労した経験は何?そしてそこから学んだことがどうテレビ局に生きる?

高校時代。部活動のハンドボールのインターハイへ出場するにあたり、高校三年の秋口まで部活が続いた。そのため、大学受験の勉強がおろそかになりがちだった。また、当時の彼女との交際の時間も少なくなっていた。受験勉強と彼女のため、その後の国体への出場も辞退しようとしたが、「一つに絞るのが正解なのか」と悩...

君にとって、テレビとはなんですか?

テレビは、生活を豊かにする文化の基盤だと思います。私は、実家にいる間は父親が厳格だったおかげで、あまりテレビ番組を見ることができませんでした。しかし、見ていないのにもかかわらず、周りの友人が度々テレビのことを話題にするため、幾つかの番組については知っていました。また、大学入学後も40インチのテ...

2次面接 落選

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
報道/営業
面接時間
7分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

二次面接では、自分はテレビ東京では番組制作を希望していなかったのにどういう番組が作りたいのかという質問をされた。おそらく、テレビ局を志望するなら、営業をやりたいにしてもデジタル事業がやりたいとし...

面接の雰囲気

全然嫌な質問をされたわけじゃないので、圧迫面接とは感じませんでした。しかし、全体的にいまいち盛り上がらず、何の手応えも持てない面接でした。自分にも原因はあったと思いますが。

2次面接で聞かれた質問と回答

学生時代に頑張ったことで、テレビ局で活かせそうなことは?

私が注力したのは居酒屋アルバイトにて、店長の理不尽な怒りを止めることです。そのために、店長に自分を好きになってもらう作戦をとりました。ゼミで学んだ「人は自分と似ている人に好意を持つ」という知見を、ふざけも半分、応用し、店長の些細な行動(タバコの本数、イントネーションなど)を徹底的に真似してみま...

番組を作るなら、どんな番組を作りたいのか?

僕は、経済番組を作りたいと思います。しかし、経済番組といっても速報性のあるニュース番組ではありません。なぜならば、インターネットニュースサイトがすごく伸びてきている今、速報性だけで見るとインターネットに負ける部分もあるからです。しかし、テレビ番組で「ニュースが出る早さ」ではなく、「何回見ても身...