セキスイハイム東四国株式会社のロゴ写真

セキスイハイム東四国株式会社

  • 3.1
  • 口コミ投稿数(18件)
  • ES・体験記(2件)

2020年卒 セキスイハイム東四国株式会社の本選考体験記 <No.6698>

2020卒セキスイハイム東四国株式会社のレポート

年度
  • 2020年度
結果
  • 最終面接
内定先
  • 大屋
  • 独立行政法人国立病院機構
大学
  • 高知工科大学

選考フロー

説明会・セミナー → ES → WEBテスト・SPI → グループディスカッション → 1次面接 → 最終面接

企業研究

合同説明会、単独説明会に参加後、1次選考はGWを行った。これについてはコミュニケーション能力を見られている。楽しく行えた。2次選考の前に展示場見学がある。これは任意だが参加しないとその後の選考通過は不可能。志望度を見られる。2次選考は個人面接1対1。事前に課題をメールでもらう。それについてとESの深堀。最終面接は厳しめ。他に受けている企業名を提示するように言われ、他業界があるとあまりよく思われない印象。他業界も受けている場合はどうして他業界も受けているのか、就職活動の軸は何なのか、本当にセキスイハイムに入社したいのかが答えられれば大きな減点にはならないと思う。同業他社の選考も受け、住宅業界についてよく研究しておく必要がある。

志望動機

私がセキスイハイム東四国株式会社を志望いたしました理由は、人生で最も大きな決断ともいえるお家の購入から、お引き渡し、お引き渡し後のアフターメンテナンスやリフォーム提案など長期的で多岐にわたるサービスを提供するという事業に魅力を感じたからです。また、東四国を志望したのは生まれ育った四国に愛着を持っているからです。今後も四国に長く住みたいと考えています。コンサルティングデスクとして展示場運営、新築営業サポートを行うことで自分自身を成長させ、お客様と長期的な信頼関係を築き、地域の方々に愛されるセキスイハイム東四国株式会社の一員となるとともに、地域に貢献していきたいと考えています。このような理由からこの度はセキスイハイム東四国株式会社を志望いたしました。

グループディスカッション(4名)

テーマ

間取り図をみて、その家の問題点、解決策を討論。

採点者に何を評価されていると感じましたか?注意したことや感想を教えてください。

他の人の意見に耳を傾けているか、目をみて話しているか、発言ができているか、笑顔かどうかなどを見られていたと思う。

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
不明
面接時間
20分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイントや、注意したことを教えてください。

しっかり目を見て笑顔で答えることが重要であると思う。多少つまったり、噛んだりしても減点にはならない。自身の考えを自信をもって伝えると評価されると思う。

面接の雰囲気

面接官の第一印象は温厚な人。花粉症がひどい方で喉がかれててごめんねというような言葉があり、アイスブレイクがうまい人だと思った。

1次面接で聞かれた質問と回答

10年後のセキスイハイム東四国株式会社がドキュメンタリー番組に取り上げられるとしたら、どのように紹介されると思いますか。

10年後、セキスイハイム東四国株式会社がドキュメンタリー番組に取り上げられるとすると、戸建て注文数が増加しているとして注目を集めている大手ハウスメーカーとして紹介されていると思います。まず、これは南海トラフ巨大地震がまだ発生していないということを前提としています。セキスイハイムのユニット工法は高品質なお家を安定的に提供することができます。東日本大震災、熊本地震でもセキスイハイムのお家は倒壊0でした。そのことから南海トラフ巨大地震を前にセキスイハイムのお家に注目が集まっていると紹介されるのではないかと考えています。また、商品だけでなく、地域に根差しお客様とよりよい信頼関係を築いている、愛されている企業としても紹介されていると考えます。

あなたを色に例えると何色ですか?

私を色に例えると紫色だと考えます。私は周りの状況を把握し冷静に判断することができることが強みだと思っています。この冷静さは青色と表すことができると考えます。この冷静さはアルバイトのなかで磨かれました。紫色は青色と赤色でできています。その赤色の部分というのが、情熱をもって物事を行うという性格を表しています。第一印象としておとなしそう、冷静だと言われることが多くありますが、勝負事には勝ちたいという意志があり、中高生のころは体育祭等のイベントでリーダーとなりみんなを引っ張るという経験もしています。このように、冷静さと情熱、両方を持ち合わせているのではないかと自分を評価したので紫色であるとの結論に至りました。

最終面接 落選

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
役員
面接時間
20分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイントや、注意したことを教えてください。

最終面接ですので、入社したいという意志を前面に押し出した。面接の雰囲気は固く厳しめだがたとえ面接官が真顔でも私は笑顔で居続けることを心掛けた。

面接の雰囲気

2次選考の面接官とは打って変わり、常に真顔であまり反応をしない人だった。2人とも50、60代くらいの男性役員で貧乏ゆすりをしていたり印象が良くなかった。

最終面接で聞かれた質問と回答

他に受けている企業名をすべてあげてください。

私は、セキスイハイム東四国株式会社のほかに百十四銀行、香川銀行、積水ハウス、ダイワハウス、阿波銀行の選考に参加させていただいております。まず銀行を志望している理由としては、経済学を学んでいるため、金融業界にも興味を持っています。また、先輩方の就職先としても銀行が多く挑戦したいと思いエントリーしました。銀行のほかにはセキスイハイム東四国株式会社と同じく大手ハウスメーカーの選考に参加させていただいています。積水ハウス、ダイワハウスともにまだ説明会に参加したのみの段階ですが、ご縁があれば今後の選考にも挑戦したいと思っています。第一志望はセキスイハイム東四国株式会社ですが、ほかのハウスメーカーの選考を受けることでより住宅業界への理解を深めることができればと考えています。

なぜ香川県での勤務を希望されるのですか

私は香川県にこだわりがあるというわけではありません。四国内であればどの県でもいいなと考えていました。香川県を第一志望にしたのはまだ香川県に住んだことがないからです。もちろん、住んだことがある県、生まれ育った県であればお客様との会話も弾みやすく、信頼関係を築くことも容易化もしれません。それも魅力的ではありますが、社会人としての新しい生活を始めるにあたり、経験のない県で新たな気持ちでスタートを切りたいと思ったのが一つの理由です。住んだことのない香川県を経験することによってより四国について理解を深め、愛着を持ち、地域に根差した活動ができるのではないかと考えています。そのような理由から今回は香川県を第一志望をさせていただきました。