#{company.name}のロゴ写真

旭化成株式会社

  • 3.9
  • 口コミ投稿数(454件)
  • ES・体験記(62件)

旭化成のインターンTOP

旭化成のインターン

インターンの評価

もっと見る
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0

インターンの内容(3件)

Img square intern

18卒 夏インターン

2016年8月開催 / 15日 / 技術職
Img human 18卒 | 東京大学大学院 |
新規開発品の性能評価

1日目は、お昼過ぎより参加者全員が東京の採用サテライト会場に集まり、企業の社員の自己紹介と企業の説明を行った後、参加者一人一人の自己紹介、安全講習、企業での研究開発をシミュレーションしたボードゲーム、翌日からの実習の諸注意を行った後、会場で立食での懇親会を行った。2日目は実習地へ移動し、研究所・工場見学安全講習を行った。3日目は実習のテーマ説明を受けた。4,5日目は実際に実験を行った。1日目から4日目は実験と担当者とのディスカッションを繰り返した。5日目は実験結果の整理と3週目に行う成果発表会の資料作りを行った。また、実験の間に職員の勉強会などにも参加させていただいた。実習時間は毎日定時...

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 東北大学 /
冬 / 1日 / 事務職

社員の方々もインターンシップに参加していた学生たちも皆非常に優秀で、ぜひこのような刺激をくれる優秀な方々と一緒に働いてみたい、と感じたため。しかし、先にも...

はい
18卒 / 一橋大学 /
冬 / 1日 / 文系コース

メンターとして参加していた様々な社員さんと接するうちに、この企業が非常に働きやすく、活き活きと働いているイメージを受けた為。また、ワーク等を通じて感じる事...

はい
18卒 / 東京大学大学院 / 女性
夏 / 15日以上 / 技術職

もともと、今回インターンに参加した企業の志望度はそれほど高くなかった。志望業界・業種で開催されるインターンシップがほとんどなかったため選んだだけである。も...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
18卒 / 東京大学大学院 / 女性
夏 / 15日以上 / 技術職

現役社員の中にはインターン経験者も多く、インターン参加者は約半数が内定が出ると聞いたため、倍率から考えてインターンに参加することは本選考に有利だと考えらえる。

いいえ
19卒 / 東北大学 /
冬 / 1日 / 事務職

非常に優秀である学生であれば、このインターンシップで目をつけられて、本選考に有利になるのであると思うが、自分はそこまで優秀な学生ではないので、有利にはなら...

いいえ
18卒 / 一橋大学 /
冬 / 1日 / 文系コース

インターンシップ後に特別アプローチが無かった為。本選考はリクルーター制であるが、リクルーターが付くか否かの基準もインターンシップ参加の可否は関係ないようで...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

19卒 / 東北大学 /
冬 / 1日 / 事務職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

企業の規模感であれば、俗に言う大手企業というところを志望していた。しかし、自分が成長できる環境があるかどうかを一番に大切にしていたため、ベンチャーを見てい...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

参加前と変わらず、規模感は教育制度がきちんと整っている大手企業であるが、それだけに絞りきることなく、ベンチャーも数社目をつけてみていた。そして、業界は化学...

18卒 / 一橋大学 /
冬 / 1日 / 文系コース
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

BtoBメーカーを志望していた。特に旭化成や東レなど機能性材料に強い素材系企業を志望度高く見ていた。これらの企業は技術力があり、海外勢が強い業界内において...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

BtoB業界、特に素材系の企業に対する志望度は非常に高まった。中でも、ある程度企業に力があり、その看板を使って一流の相手と未来を考える事が出来る事を非常に...

18卒 / 東京大学大学院 / 女性
夏 / 15日以上 / 技術職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

医療機器メーカーで研究職に就くことを志望していたが、そのようなインターンシップが存在しなかったため、事業の一部として医療機器開発を行っている総合化学メーカ...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

研究を行うなら設備が整っている大企業でと思っていたが、インターンシップに参加してそのような希望がより一層深まった。また、本来志望している医療メーカーでなく...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

19卒 / 東北大学 /
冬 / 1日 / 事務職

営業のロールプレイングで、実際に交渉する、という事は今まで全くやった経験がなかったので、言葉遣い、言葉選びの重要性や、ある程度相手の返答を予測し、それに対...

18卒 / 一橋大学 /
冬 / 1日 / 文系コース

旭化成は多角化が進んでおり、企業を1つのフレーズで例える事が出来なかったが、インターンシップで様々な事業について触れる事が出来てからは、それぞれの事業に共...

18卒 / 東京大学大学院 / 女性
夏 / 15日以上 / 技術職

企業と大学との研究の違いを感じた。大学に比べて企業は安全意識が非常に高く、また研究目的が学術的に新規性があることに留まらず、コスト削減や品質向上など多岐に...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

19卒 / 東北大学 /
冬 / 1日 / 事務職

まず1日の中に3つものワークが組み込まれていたので、非常に疲れた。そして、ワークも旭化成で実際にあった事を元に作られたワークであったりしたので、非常に難易...

18卒 / 一橋大学 /
冬 / 1日 / 文系コース

1DAYインターンシップであるため、テンポが速くそれぞれの事業の特徴や魅力を理解するのが大変であった。旭化成は本選考まで社員の方々と接する機会が非常に少な...

18卒 / 東京大学大学院 / 女性
夏 / 15日以上 / 技術職

技術職のインターンということで研究の実習を行ったが、予想していたものとかなり異なる結果が得られ、なおかつ短い実習期間では追加実験や原因の考察が困難で、苦し...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

19卒 / 東北大学 /
冬 / 1日 / 事務職

フィードバックで、相手に何かを教えるときは、まず自分がそれについてのスペシャリストにならなければならない、というのが印象的であった。また、先輩からの教えを...

18卒 / 一橋大学 /
冬 / 1日 / 文系コース

社員との交流会を行った際、入社前と後のギャップが全くないと言っていたことが非常に印象的であった。そしてこの様なギャップで考えるという企業の見方が非常に重要...

18卒 / 東京大学大学院 / 女性
夏 / 15日以上 / 技術職

実習担当者の方に、就活の時に「絶対この企業じゃなきゃ嫌だ」と考えず、幅広い興味と視野を持つようにとアドバイスをいただいたこと。今後の就活の時に役立ちそうで...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

Img square es

18卒 インターンES

総合職
Img human 18卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. あなたを自由に表現してください。(全角300文字)
A. 将来のキャリアとして求めていることは、エネルギーや食品など、人々に不可欠なものを安定供給する仕事に携わることである。 大学院で専攻している化学工学は製造プロセスの効率化や新規の化学プラントの設計、保全をベースとした学問である。 そのため、大学院での勉強や研究を生かせると自負しており、またそれを強みとした職種を希望している。 大学時代に英語を集中的に勉強した時期もあり、また研究室に在籍し...
Img square es

18卒 インターンES

技術職
Img human 18卒 | 東京大学大学院 | 女性
Q. あなたを自由に表現してください。(全角300文字)
A. 私は反省を生かした改善策を立てることができます。私は大学時代に学園祭実行委員をしていました。委員会ではいくつかの部局に分かれ、局単位で活動します。委員一年目の時、私の局は局員間で連携をとらない風潮で、個人作業に面白みを感じない同期は一年で辞めてしまいました。また、先輩方が何をしていたのかわからなかったため翌年執行学年となった時に困りました。そこで執行学年となった際に頻繁に局ミーティングを開催...