Img company noimage

大王製紙株式会社

  • 2.7
  • 口コミ投稿数(575件)
  • ES・体験記(16件)

2016年卒 大王製紙株式会社の本選考体験記 <No.1335>

2016卒大王製紙株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 最終面接
内定先
  • 東洋合成工業
大学
  • 大阪大学

選考フロー

説明会(10月) → ES → SPI(10月) → 1次面接(10月) → 最終面接(10月)

企業研究

製紙業界のこれまでとこれからについて調べる。大王製紙前社長の事件を受けてどのように反省し、再発防止に努めているか。ユニ・チャーム、日本製紙、王子製紙との違いについて明確に理解する。北越製紙との関...

志望動機

私は素材のものづくりを通して多くの人々の生活に貢献したいと考えていました。そこで、貴社で働くことができれば、日常生活に身近な素材である紙を通して多くの人々の生活に貢献することができると考えました...

1次面接 通過

形式
学生 2 面接官 2
面接官の肩書
人事部長クラス
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

仕事に対する価値観を見るような印象がありました。後はどういう人間なのかを見ているような気がしました。人事だけに限られた時間の中で、本当の内面を見て、将来活躍できる人材かどうかを見極めている様子でした。

面接の雰囲気

面接官の方が緊張をほぐすような質問や雑談をしなかったが、言葉に詰まっても待っていただいたり、フォロー頂けました。自分の回答についてかなり深堀はされましたが、言葉に詰まっても待っていただいたり、フ...

1次面接で聞かれた質問と回答

研究について簡単に。どう当社に活かせるか。

学部4年次から継続して取り組んでいるモノクローナル抗体の作製には多くの労力、時間を要します。新規の遷移金属錯体を自分で設計して合成し、モノクローナル抗体を作る融合細胞を作る一連の過程は、様々な分野の知識や技術が必要で、初めてのことも多く、思うように進まず苦労しました。しかし、様々な知識を吸収し...

化学の技術系職種でも特に志望するのは何ですか。どういう事業に従事したいですか。

やはり職種は研究開発です。ものづくりの会社の起点となるポジションであれば、これまでの研究で培った能力を活かして、御社を通じて社会に大きな新しい価値を提供できそうなので。事業としては具体的には紙の新たな可能性として注目されているセルロースナノファイバー(CNF)事業に携わることができれば、ベスト...

最終面接 落選

形式
学生 1 面接官 3
面接官の肩書
工場長/事業統括部長クラス
面接時間
40分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

計算問題を出したので、ざっくり考えることができるかを試しているような気がしました。製造現場のリーダーとしての資質があるかどうかを見ているようなしつもんもありましたので、そのつもりで採用するのかと...

面接の雰囲気

面接官の方が緊張をほぐすように促していたので本音というか、ありのままを話すことができました。自分の回答についてかなり深堀はされましたが、終始リラックスした雰囲気で、これで落ちたらしょうがないとい...

最終面接で聞かれた質問と回答

日本で1ヶ月に消費される赤ちゃん用紙おむつの使用量は枚数ベースでいかほどか。制限時間3分。

赤ちゃん1日あたり4枚程度使用。日本の0~4才児人口5×100万人。以上から、日本での1日の紙おむつ使用枚数は4*5100万で2000万枚。これに1ヶ月はほぼ30日であることを考えると、6億枚程度。

何かしらのリーダー経験は有りますか。その経験について詳し目にお願いします。

大学時代に私は個別指導塾の教室のリーダー講師を1年間務めていました。当時、私が所属した教室には、高校受験を控えた中学3年生が4人おり、彼らを志望校に合格させることが教室の目標でした。その教室には学生アルバイト講師が私を含めて4人いました。正社員である教室長はいたものの、複数教室を担当しており、...