株式会社みずほフィナンシャルグループのロゴ写真

株式会社みずほフィナンシャルグループ

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(341件)
  • ES・体験記(159件)

みずほフィナンシャルグループのインターンTOP

みずほフィナンシャルグループのインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
3.8
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.5
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
総合評価
3.5
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.5
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.5
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.5
内定直結度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
3.6
選考難易度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.2
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
内定直結度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
1.6
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.2
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
総合評価
3.0
選考難易度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.3
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.7
内定直結度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
1.7
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
テーマの面白さ
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.3
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0

インターンの内容(20件)

21卒 夏インターン

2020年9月開催 / 1日 / リテールビジネス
21卒 | 大阪大学 | 男性
6人チームで、各チーム6人の個人のお客様に、銀行のソリューションを売り込め。

半日のインターンで、個人のお客様の現状を把握し、適切な銀行のソリューションを提案することで成約させていくゲームを行った。6チームに分かれて、どの班がより多...

21卒 冬インターン

2019年11月開催 / 1日 / 理系インターンシップ
21卒 | 東京大学大学院 | 男性
将来の自動車メーカーの経営方針についてのグループディスカッション、座談会

午前中は、日本の自動車メーカーが将来、国際的に生き残っていくためにはどのような業務形態に移行するべきか、投資を行う側として考えるというテーマでグループディ...

21卒 冬インターン

2019年12月開催 / 1日 / グローバルコーポレートファイナンス
21卒 | 京都大学大学院 | 男性
某ビールメーカーのM&Aを含めた将来の経営計画を提案せよ

初めに1日の概要説明とワークに必要な基礎知識の説明があった後は、最後のプレゼンに向けてひたすら議論とスライド作成を行った。昼休憩の時間帯も厳密には定められ...

19卒 冬インターン

2018年4月開催 / 1日 / 基幹職(総合)/不動産ソリューションコース(RESコース)
19卒 | 京都大学大学院 | 男性
不動産総合営業の業務体験/不動産仲介を通じて、土地の一部を売却や有効活用したい向上に対して、厳しい時間制約、予算制約の下、最適な不動産ソリューションを提供せよ。

みずほフィナンシャルグループの中で、みずほ信託銀行が携わる不動産業務について詳しい説明がありました。そこで、不動産と金融の結び付きを学生に理解してもらった上で、グループワークが始まりました。テーマは、不動産総合営業の業務体験と称して、「不動産仲介を通じて、土地の一部を売却や有効活用したい向上に対して、厳しい時間制約、予算制約の下、最適な不動産ソリューションを提供せよ。」というものでした。一時間ほどグループで議論し、不動産ソリューションを決めたのち、発表を行い、社員の方からフィードバックをいただきました。

続きを読む

19卒 冬インターン

2018年2月開催 / 5日 / Real Banker's Internship
19卒 | 慶應義塾大学 | 男性
実際にクライアントである企業の成長に資する戦略提案をする。

最初に会社の概要説明、戦略提案の課題のために必要な簿記やその他の細かい知識の軽い講義。クライアント企業に出向き、成長戦略の展望について社員とディスカッションを行った。前半と同じようにクライアント企業の社員とディスカッション。またみずほ特有の組織の行員が登場しみずほの戦略についての講演があった。その他の時間は発表の準備。最終日に人事部社員、クライント企業の役員の前で発表。

続きを読む

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
21卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / グローバルコーポレートファイナンス

以前より金融業界に興味は持っていたが具体的にどのような業務がしたいのか不明瞭だった中で、当インターンシップを通じて実際にやりたい業務が見つかったから。今回...

いいえ
21卒 / 大阪大学 /
夏 / 1日 / リテールビジネス

社風と業務内容の観点で自分には合わないと感じた。みずほ銀行は熱い想いを持った社員が多いが、人によってはそれを「クサい」と感じてしまうのではないだろうか。(...

はい
19卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 5日 / Real Banker's Internship

銀行の業務はただ、企業や事業主に融資をするかしないかをきめて、お金をかしてその利ざやで儲けるだけの金貸しだとおもっていた。しかし実際には、企業の成長をどこまでも追求し、今後もパートナーとして支えていこうという姿勢がインターンを通じて社員から感じられたから。

続きを読む
はい
19卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / 基幹職(総合)/不動産ソリューションコース(RESコース)

みずほ信託銀行の不動産業務について、面白味や大変さを、本インターンシップを通して理解することができたからです。また、グループワークを担当していた社員の方も、説明にユーモアを交えていたことから、インターンシップに抱いていた、銀行員の堅く重苦しいイメージが無くなったからです。

続きを読む
いいえ
21卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 1日 / 理系インターンシップ

上述の通り、理系としてのスキルを欲していると主張していながら法人営業などの将来期待される業務にまったく生きてこないと思われる長い下積みを求めれれることが耐...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 5日 / Real Banker's Internship

2000人の応募があったなかからGD、面接と経て採用したインターンであるのでインターン自体で能力面は評価されている。また四六時中メンター社員と一緒に過ごし、インターン中にも15分程度個人面談があった。

続きを読む
いいえ
21卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 1日 / 理系インターンシップ

このインターンでは、金融に興味のない理系学生が金融業界について浅く理解できることが目的であり、参加することでようやくスタートラインに立てるのみであるため。...

はい
19卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / 基幹職(総合)/不動産ソリューションコース(RESコース)

このインターンシップへの参加が本選考で有利になると思った理由は、このイベントで高評価を得た学生のみが、4月からの今後の選考に呼ばれることとなり、社員質問会や人事面談を重ねていくことになるからです。

続きを読む
はい
21卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / グローバルコーポレートファイナンス

選考上の優遇がなされるかどうかは不明だが、選考を受ける立場の自分としては今後の方針決定や面接の回答のネタ作りには大いに役立つ経験になったと考えている。やは...

はい
21卒 / 大阪大学 /
夏 / 1日 / リテールビジネス

インターン 参加者向けの座談会に案内され、その後リクルーターがついた。そこから選考が進んでいく。参加することで本選考を有利に進めることができるのは確実であ...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

19卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 5日 / Real Banker's Internship
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

人間力を通じて信頼を獲得し、社会を支える金融業界を志望していた。その中でも企業・人々の不安を安心に変えるだけではなく、その挑戦を後押しできる働きかたができる損害保険を志望していた。そのため、損害保険業界のトップ企業である東京海上日動のサマーインターンに参加し、本選考でも第一志望にしようと考えていた。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

人間力を通じて信頼を獲得し、社会を支える金融業界という意味では変化はなかった。しかしメガバンクに持っていたネガティブなイメージがインターンに参加することで払拭され、企業・人々に長く寄り添い支えることのできるメガバンクの志望度があがった。また損害保険は一年契約で関係性としては短期であるという事実もしりすこしイメージがかわったが、第一志望業界であることには変化はなかった。

続きを読む
19卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / 基幹職(総合)/不動産ソリューションコース(RESコース)
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

土木工学を専攻していたことから、鉄道や高速道路などの社会インフラを管理する企業に関心がありました。例えば、阪神高速道路株式会社や西日本高速道路株式会社、西日本旅客鉄道株式会社や阪急阪神ホールディングス、近鉄グループホールディングス、京阪ホールディングスなど、関西圏・西日本のインフラ企業をしていました。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

土木工学の分野の都市計画を研究をしていたため、高速道路や鉄道などの社会インフラだけでなく、不動産業界にも関心はあったのですが、このインターンシップへの参加を通して、不動産業界への関心が高まり、その中で金融業界としてみずほフィナンシャルグループの業務に強い興味を持つようになりました。就職活動に際して、当初志望していた社会インフラ業界以外の選択肢が増えました。

続きを読む
21卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / グローバルコーポレートファイナンス
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

参加前は職種として技術・研究開発・生産管理等の理系分野を志望しており自ずとメーカーを見る機会が多かったものの企業規模や業種としてはあまり絞っておらず、興味...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

自分が以前から興味を持っていた業界の中でもひときわ注目している企業であり、さらに当インターンを通して国際的に活躍できる機会があることや、自分が持っていたイ...

21卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 1日 / 理系インターンシップ
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

仕事を通して社会に直接的に貢献したいと考えていたため、鉄道や電力、ガスなどといった社会インフラや、発電プラントなどを設計する重工メーカーなどの技術職を志望...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

大まかな志望業界については変化しなかった。ただ、金融業界への興味は全くなくなった。これは上述の通り、金融業界でのキャリアパスに不満があることと、直接的に製...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

19卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 5日 / Real Banker's Internship

他のインターンとは決定的に違ったのが、実際のクライアント企業を訪問し、管理職、役員とも直にディスカッションを経験できたこと。社員からのフィードバックもとても厳しく実際により近いレベル感で銀行のRMの業務かんじることができのはとてもよかった。

続きを読む
19卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / 基幹職(総合)/不動産ソリューションコース(RESコース)

不動産と金融という分野での、みずほ信託銀行が業界トップである理由やその仕事ぶりを社員の方が分かりやすく説明してくれることと、業務体験を通して、不動産営業へのやりがい、難しさをについて、理解を深めることができたという点です。特に、みずほ信託銀行の立場で提供した不動産ソリューション通りに、土地が開発され、それが地図に残る面白味があるという話が印象的でした。

続きを読む
21卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / グローバルコーポレートファイナンス

本ワークでは当企業の産業調査部が実際に調べて保有している生きたデータを基にしたものを用いたので、本当にジュニアバンカーとなって業務にあたっているような感覚...

21卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 1日 / 理系インターンシップ

私は機械系の専攻であるため金融業界に馴染みがなく、また志望する知り合いもいなかったため情報が不足していた。このインターンでは人事の方から企業や業界について...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

19卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 5日 / Real Banker's Internship

朝は8時半、解散は夜8時になることもあり体力的にきつかった。時間のほとんどが成長戦略のためのディスカッションにあてられるため、かなり頭を使い気力の消耗が尋常じゃなかった。楽しくはあったが、みずほのインターンならではという感じはあまりなく他のメガバンクでも同じかなとおもった。

続きを読む
19卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / 基幹職(総合)/不動産ソリューションコース(RESコース)

不動産と金融という、学生にはあまり馴染みの薄い分野であったため、短い時間で、みずほ信託銀行の立場となって、外部の会社(工場)の最適な土地活用を提案し、そのソリューションを選んだ理由も合わせて、一つの結論に辿り着くことに苦労しました。初対面の学生と役割を分担して、議題をよく吟味して、ソリューション提案に取り組むことが一番難しいところだと感じました。

続きを読む
21卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / グローバルコーポレートファイナンス

自分が経済や金融に関する知識に乏しい中で、最も有効と考えられる施策をひねり出すことは時間の面でとても厳しいものだった。グループには経済学部で金融を学んでい...

21卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 1日 / 理系インターンシップ

普段取り扱わないテーマでのディスカッションであったため、班員と理解をすり合わせることに大変苦労した。自分たちの班は結局1時間の制限時間のうち30分程度をこ...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

19卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 5日 / Real Banker's Internship

徹底的にクライアント目線で考えるようにとメンター社員に何度もいわれた。儲かりそうではなく、会社の理念にあっているかなども考慮することが大事だと。その他にはみずほらしさを何度も求められた。

続きを読む
19卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / 基幹職(総合)/不動産ソリューションコース(RESコース)

好意的なフィードバックをいただきました。私のグループは、理系と文系に分かれて、それぞれ土地利用や売却の際にかかる値段の計算、有効な土地活用の方法を考えた点について、良い評価をいただきました。一方で、学生らしいハチャメチャな姿勢で、外部の会社(工場)に新しい提案をすることも大事だというアドバイスもいただきました。

続きを読む
21卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / グローバルコーポレートファイナンス

銀行はあくまで「弱い者を助ける」存在であることを説いていたベテラン行員の方が印象的だった。ドラマのイメージに引きずられていたのかもしれないが、どうしても借...

21卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 1日 / 理系インターンシップ

我々の班は同業他社との差別化まであまり考慮できておらず、投資する側としてそこは注意するべきとの指摘を受けた。そのメーカーだけに注目するのでなく、俯瞰する意...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

21卒 インターンES

Spring job
21卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. 志望動機(200)
A. A. 私は大学院で確率解析と呼ばれる分野の研究をしております。就職活動をしていく中でクオンツという業務において確率解析の理論が使われているということを知り、その業務の内容に興味を持つようになりました。そのため貴社のインターンシップに参加することでクオンツの業務に関する理...

21卒 インターンES

リテールビジネス
21卒 | 山口大学 | 男性
Q. 志望動機
A. A. 銀行で働くことのイメージを膨らませるためです。銀行の業務を知り、そこで働く人と関わることで、魅力ややりがいを感じたいです。特に、法人営業に興味があります。将来様々な業界や企業、人と関わる仕事がしたいと考えています。そこで、多くの法人とビジネスを行なっている貴行のイ...

20卒 インターンES

理系コース
20卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. 本インターンシップへの応募動機を教えてください。
A. A. 理系知識を活かすことのできる業界であることを御社のインターンシップを通じて実感したいからです。普段何気なく利用している預金や振り込みのシステムに携わり個人や法人を支えている金融業界に興味を持っていました。しかし、今学んでいる理系知識や技術がどう役立つのかが疑問に感...

18卒 インターンES

総合職
18卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 志望動機 300字以内
A. A.
私は、形の無い商品を提供する金融業界を志望しています。自分とお客様との信頼関係次第でその交渉が成功するかが決まるため、自分も成長できると思うからです。貴社は、「お客様第一主義」をスローガンとして掲げ、お客様の夢や悩みに寄り添うパートナーであり続けることを大切にしていると知りました。これは、私が塾講師のアルバイトを経験する中で、生徒との信頼関係を築くために重視してきた「生徒一人一人の立場に立って考え、生徒と目標を共有して目標達成の支えとなる事」と合致するため、私は貴社のインターンシップにおいて、主体的に仕事内容を体感する事ができると考えます。 続きを読む

17卒 インターンES

総合職
17卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. インターンシップに応募した動機について(300)
A. A.
金融業界における実践的なビジネスを通して日本の経済をより身近に感じられると思ったからです。私は経済学部に所属していますが、大学の授業はどの分野も理論やモデルを対象としたものであり、なかなか身近な経済に接することができません。そのため、授業のほか、簿記の学習にも積極的に取り組み、より実践的な知識を培ってきました。しかし、やはり業務経験を通じて学ぶことが経済の動きを理解するための一番の近道であると考え、自分をさらに成長させる機会として貴社のインターンシップに応募しました。そして、実際の業務内容を身をもって体験した上で、自分の至らない点を知り、今後努力するべき点を明確にしていきたいです。 続きを読む

インターン面接

21卒 冬インターン 最終面接

2019年12月開催 / 1日 / グローバルコーポレートファイナンス
21卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. 本インターンシップの志望動機は何か。
A. 以前当企業の理系学生向けインターンシップに参加して業務内容の面白さや事業領域の幅広さに興味が湧き、さらに知るために他のコースに参加したいと考えたから。今回のインターンではある部署のより実際に近い業務の疑似体験ができるということで、自分の能力や適性を知ることができる貴重な機会であると考えた。複数のコースに参加することで、本選考時に面接の回答において他の志願者との差別化ができると考えたことも大き...

21卒 夏インターン 最終面接

2019年8月開催 / 1日 / 総合職・グローバル コーポレート ファイナンスコース (GCF コース)
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. (高校から遡って)あなたが一番仕事を選ぶ上での軸にしていることは何ですか。
A. 私は特に高校生活の中でボランティア活動をやっていたのですが無資金提供だけでなく人材の育成やノウハウの享受など有資金提供という側面で多くの国々の貧しい人が助かっている現状を目の当たりにしました。私は他人をただ助けるのではなく、相手が自立するためになにが必要なのか常に考えるようになり、同時に考える面白みも感じました。この経験から自分は軸としてビジネスでも国際情勢でも相手の視点から多角的に考えて、...

20卒 冬インターン 最終面接

2018年12月開催 / 2日 / GCF職
20卒 | 上智大学 | 男性
Q. なぜみずほのインターンシップに参加されようとおもったのですか
A. 私が御社のインターンシップに志望した理由は二つあります。一つ目はOne Mizuhoとして多角的なサービスを顧客に提供し、課題解決に繋げようとする姿勢に強く興味を持ったためです。二つ目は銀行業というものが変わっていく時代の中で、みずほフィナンシャルグループがどのような変革を行なおうとしているのか理解できる環境だと感じたためです。

19卒 夏インターン 最終面接

2017年9月開催 / 2日 / アクチュアリーコース
19卒 | 京都大学大学院 | 女性
Q. みずほについて知っていることを教えてください。
A. みずほは、フィナンシャルグループとして、銀行・証券・信託の採用を一括で行っていること。アクチュアリー職は信託の配属になることを知っていると伝えた。みずほのパンフレットを見ながらの面接だったので、適宜面接官がヒントをくれた。分からないところははっきり分からないと伝えたが、その度に丁寧に教えてくれた。

19卒 冬インターン 最終面接

2018年2月開催 / 5日 / Real Banker's Internship
19卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 塾講師の授業をする際の君なりの工夫は?
A. 私なりの工夫として、業務の域を超えて相手と信頼関係を築くことを意識していました。ノルマに関係なくても休み時間などに生徒に趣味や好きな音楽など他愛もない会話から相手のことを引き出し理解するよう心がけました。これによって受動的なおしつける授業でなく双方からの相互のコミュニケーションの授業ができるようしました。