就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
ヴィアトリス製薬株式会社のロゴ写真

ヴィアトリス製薬株式会社

  • 4.2
  • 口コミ投稿数(649件)
  • ES・体験記(34件)

ヴィアトリス製薬のインターンTOP

ヴィアトリス製薬のインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
3.8
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
テーマの面白さ
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
総合評価
3.8
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.5
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
総合評価
4.5
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
3.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
会社理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0

インターンの内容(17件)

22卒 冬インターン

2020年11月開催 / 1日 / 生産技術職
22卒 | 慶應義塾大学大学院 | 女性
「これからの医薬品業界に求められること」に関しての議論および発表

約半日のインターンシップだった。最初に名古屋工場の動画紹介があり、その後各職種の業務内容の紹介があった。生産技術職の概要を把握したところで、事前課題として...

23卒 冬インターン

2019年12月開催 / 2日 / 生産技術職
23卒 | 神戸大学大学院 | 男性
会社説明、座談会、工場見学、ワークショップ2回、懇親会など。 ワークショップの内容は2回とも、生産技術職として働いている中で起こりそうなトラブルの分析、解決。

会社説明、座談会、工場見学、ワークショップその1、懇親会。 ●会社説明はごく一般的な形式であるが、よそで聞く機会はあまりないと思われるため、貴重なもので...

21卒 冬インターン

2019年12月開催 / 2日 / 臨床開発
21卒 | 筑波大学大学院 | 男性
臨床開発職の業務を体験するようなグループワーク。治験にこの人を参加させるか検討するなど。

治験計画立案、PMDA、個別患者を参加させるかの判断。 テーマごとに1時間の講義のあとグループワークを行う。各テーマごとに発表を行う。昼食は社員の方が混...

20卒 冬インターン

2019年2月開催 / 2日 / 生産技術職
20卒 | 東京大学大学院 | 男性
工場見学、工場で発生する不具合の対応についてのグループワーク

一日目の前半は工場見学行った。原料を調合するところから錠剤を作るところなど、敷地内にあるほぼすべての工程を歩いて見学した。後半はグループワークを行い、夜は社員さんも交えた食事会があった。一日目のグループワークの発表会を行い、フィードバックをもらったうえで二回目のグループワークがあった。2回目は一回目とは違う班員で話し合った。昼は立食形式の社員座談会があった。

続きを読む

20卒 冬インターン

2019年2月開催 / 2日 / 生産技術職
20卒 | 京都大学大学院 | 女性
製造を効率化するためにはどうしたらいいか/製造過程で問題起きた時、どう対処するべきか

ファイザーに関する基本的な説明を受けた後、工場見学をさせてもらった。昼食は座談会を行いつながらだった。午後はテーマが渡されてグループディスカッションを行った。夜はお酒を交えた懇親会が開催された。1日目に行ったグループディスカッションの発表会が行われた。その後、再び座談会を交えながら昼食を取り、午後はまた別の班でグループディスカッションを行い、発表した。

続きを読む

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
22卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 1日 / 生産技術職

志望度が上がった理由としては、どういう雰囲気の企業か、どのような仕事ができるかをきちんと理解できたことが大きい。自分の場合は、インターンシップを通して社風...

いいえ
21卒 / 筑波大学大学院 /
冬 / 2日 / 臨床開発

上述の通りだが、もともと薬学部ではないため仕事を理解する目的もあった。そのためインターンを通してマイナスのイメージを持ったわけではなく、単に自身がやりたい...

はい
20卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

外資系を強く感じさせない、日系企業の良い部分が全面に出た会社だと思ったから。生産技術職についてもルーチンワークではなく、考えることが要求される仕事だとわかり、またその後のキャリアパスも豊富であることがわかったため、やってみてもいい仕事なのではないかと思えるようになったから。

続きを読む
いいえ
20卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

生産のスケジュール管理や、生産ラインの改良、保守が主な仕事となるが、自分は製品により直接的にかかわることができる開発の方に向いていると思ったため。また、インターンシップで2回グループワークを行ったが、どちらのやらされている感があり、面白くなかったため。

続きを読む
はい
23卒 / 神戸大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

志望度は上がった。ネット等で調べてもあまり情報が出回っていない企業・職種であったが、本インターンを通していろいろなことを理解できた。仕事内容、業務内容、人...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

インターンシップ参加者限定の説明会に呼んでもらうことができるので、そこに参加することで有利になると思う。インターンシップ参加者の人数が50人程度と多かったので、顔までは覚えてもらえないと思うので、別途説明会に参加することで入社意思をアピールできると思う。

続きを読む
いいえ
20卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

特に社員の方がグループディスカッションの様子を見たりする感じもなく、発表に関しても、何かメモを取られていたりする様子がなかったため。本当に工場の雰囲気と生産技術職という仕事について理解してほしくて開かれているインターンシップなんだと感じた。

続きを読む
はい
21卒 / 筑波大学大学院 /
冬 / 2日 / 臨床開発

優秀者が会社見学に呼ばれる。また事前にインターン参加者から採用者が出るという話を聞いていた。入社するにはインターン参加は必須だと思う。臨床開発職に関しては...

はい
23卒 / 神戸大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

ESの公開時期が1日早かった。また、インターン参加者はESが通過しやすいのではないかと感じた。さらに、面接ではインターンでお世話になった方と話す場面もある...

はい
22卒 / 慶應義塾大学大学院 /
冬 / 1日 / 生産技術職

インターン参加者は本選考のステップが不参加者に比べて少なかったから。また、本選考内容もキャリアプランや業界内の問題意識について問うものが多く、企業理解の深...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

20卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

製薬業界を中心に見ていた。あまりガツガツして働くことは望んでいないため、内資系の企業での就職を中心に考えていた。ただ、特に第一志望とかは定めず、さまざまな企業を受けたいと考えていた。職種についてはできるだけ臨床現場に近いところで働きたいと考えており、臨床開発を中心に見ていたが、他の職種についてもどういうものかは知りたいと考えていた。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

製薬業界に対する関心は以前からあったためあまり変わらなかったが、日本の外資系の企業に対するイメージが大きく変わった。思った以上に日系企業と変わらないことを今回のインターンシップで学び、外資系の企業に対する志望度が大きくあがった。また、これまで臨床開発を中心に見てきたが、生産技術職も面白そうだと感じたため、職種の志望度もあがった。

続きを読む
20卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

製薬や医療機器といったヘルスケアの業界を見ていた。なぜなら今後は日本だけでなく世界中で高齢化社会となり、ヘルスケアの分野は安定しており成長できる分野だと考えていたため、その業界に絞っていた。その中でも売り上げがトップであり、知名度が高い企業に就職したいと考えており、就活を有利に進めるためにインターンシップに参加していた。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

製薬の生産技術の職業は、直接商品の改良や研究などすることができないので、自分には向いていないと考え、医療機器の開発や研究の方をやってみたいと思うようになった。一方でこのインターンシップでは実際の生産工程や生産のノウハウを知ることができたので、モノを作っているメーカー全般でも生かすことができると思う。

続きを読む
21卒 / 筑波大学大学院 /
冬 / 2日 / 臨床開発
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

化学メーカー、電機メーカー、コンサルも考えていた。夏には化学メーカーのインターンに参加し、秋にはコンサルのインターンに参加した。インターンを通して仕事を理...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

国際的な治験が標準であり、日本で働く我々には裁量が少ないと感じ、臨床開発職はやりたい仕事ではないと感じたため、本選考では受けないことにした。本選考では化学...

23卒 / 神戸大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

コンサルティング業界、化学・素材・製薬・食品業界。 夏までに文系職種も含めた全業界全職種のインターンを体感するようにした。秋以降は、実力主義、成長環境、...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

製薬業界への志望度が非常に大きなものとなり、相対的に化学・素材業界への志望度が低下した。その後も、コンサルと理系就職の2軸で就活を続け、本選考でも同様の2...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

20卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

生産技術職、というとルーチンワークが求められるのかと思っていたが、グループディスカッションや社員との交流会を通して、非常に考えることが求められるやりがいのある職種なのだろう、と感じた。また、外資系の企業であっても、日本の支社は日系の企業らしさが強い、ということを肌で感じ取る事ができた。

続きを読む
20卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

外資系の雰囲気が強い会社だと思っていたが、座談会などで社員さんから話を聞いていると、実際には年功序列などといったような日本の雰囲気が強い会社だと分かった。しかし海外とのミーティングや出張が多いので、外資系の雰囲気も体験することができる面白い会社だと分かった。

続きを読む
21卒 / 筑波大学大学院 /
冬 / 2日 / 臨床開発

外からはわからない業務を体験するワークショップだったので、臨床開発職の業務を理解できた。また社員の方と話す機会が多くあるので、働き方などを詳しく聞くことが...

23卒 / 神戸大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

一言でまとめると、ファイザーの生産技術職を理解するための総合的なイベントであった。わずか2日間のインターンではあるが、非常に多くのコンテンツ(説明会、座談...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

20卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

一日目のグループディスカッションが統計的な判断が必要なもので、非常に難しかった。そのため時間内に終わらず、夜のお酒を交えた懇親会後に、泊まっていたホテルで班の人と集まってグループディスカッションの続きを行う必要があったため、まだ2日目もあるのに体力的にとても疲れてしまった。

続きを読む
20卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

2日間で2回グループワークがあったが、どちらも持参したPCで各々レポートを書いて提出しなければならず、評価されるものなので全力で作らないといけないということが大変だった。特に一日目のレポートづくりは時間内に終わらず、ホテルに帰った後で書かなければならなかったのが、負担になった。

続きを読む
21卒 / 筑波大学大学院 /
冬 / 2日 / 臨床開発

薬学部でないため、ワークショップでは他の人との知識の差が明らかだった。ただ薬学部でなくても入社できる会社なので、気にしすぎないようにした。また2日間同じグ...

23卒 / 神戸大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

薬学部出身ではなかったため、会社説明や工場見学の時に少し理解しにくい部分があった、そのため、後ですぐに調べてフォローするようにしていた。 また、ワークシ...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

20卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

グループディスカッションのお題が全て製造過程と関係するものだったのもあり、社員の方が実際だったらどうするかを話してくれたのが印象的だった。特に、現場では数値での判断だけでなく、肌感覚である程度判断するというのが印象的だった。

続きを読む
20卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

生産工場で発生する問題に対処するグループワークのフィードバックでは、推定だけで物事を進めるのではなく、実際に足を運んで検証する必要があるという言葉をもらったのが印象的だった。

続きを読む
21卒 / 筑波大学大学院 /
冬 / 2日 / 臨床開発

入ってから感覚をつかめば大丈夫と言われた。治験に参加させるかの判断はガイドラインに沿うが、我々が判断しなければならない微妙なラインの患者もいる。その判断が...

23卒 / 神戸大学大学院 /
冬 / 2日 / 生産技術職

「せっかくの機会だからしっかりと質問をすること、様々な社員に会うことができるが、誰に何を尋ねるのが良いのかをよく考えて的確な質問をすること」ということを再...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

21卒 インターンES

生産技術職
21卒 | 岡山大学大学院 | 男性
Q. 研究テーマの概要(500字以内)
A. A. 経口投与はその利便性のため、薬物治療において最も汎用される投与方法である。しかし、新規医薬品候補化合物の中には溶解性が低いものが多く、経口製剤としての開発が困難なケースが存在する。そのため、製剤的な工夫により溶解性を改善することが望まれており、難溶解性薬物の経口製...

21卒 インターンES

臨床開発職
21卒 | 東京理科大学大学院 | 男性
Q. 研究テーマについて(500文字以内)
A. A. 私はマウスの気管上皮に存在している繊毛の運動評価を行っています。 哺乳類の気管には多数の繊毛が存在しており、この繊毛は往復運動を行うことにより気管内腔の粘液の流れを形成し、外部から侵入した病原菌などの異物を排出する役割を持ちます。この繊毛運動が正常に行われないと...

23卒 インターンES

生産技術職
23卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 研究概要500
A. A. 私は、○○細胞を用いた抗体医薬の生産プロセスを研究しています。細胞には自らのゲノム情報を基に物質を産生する機能があるため、○○細胞のゲノムに抗体の遺伝子を導入することで抗体を産生します。特に、○○細胞の種類と遺伝子の導入座位を検討項目として、抗体医薬の製造コストの...

20卒 インターンES

MR職
20卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. 研究テーマの概要(500文字以内)
A. A.
「マウス胎盤におけるMfsd2aの局在解明およびMfsd2aの基質薬物の探索」というテーマで研究をやっています。Mfsd2aは、血液脳関門や血液網膜関門に発現し、血液中のDHAやオレイン酸などの必須脂肪酸を脳や網膜実質に輸送することで、脳や網膜の成長や機能維持に関わっています。近年、ヒト胎盤において、Mfsd2aが血液胎盤関門の実体である合胞体栄養膜細胞層の形成・機能維持に関与していることが報告されました。また、Mfsd2a欠損マウス胎児やMFSD2A変異ヒト胎児は表現型として小頭症を示し、マウスでは生後5日以内に生存率が約75%減少することが知られています。さらに、DHAなどの必須脂肪酸は生体内で新規合成されないため、胎児におけるDHAは胎盤を介した母体からの供給が必要になります。そこで、血液胎盤関門においてMfsd2aが母体から胎児へDHAを輸送している可能性があると仮説を立てました。 本研究では、マウス胎盤におけるMfsd2aの局在解明およびMfsd2aの輸送能の評価を目的とし、研究を行っています。 続きを読む

20卒 インターンES

生産技術職
20卒 | 京都大学大学院 | 女性
Q. 研究概要(500字以内)
A. A.
全能性幹細胞の形成メカニズム解明のために、最も起源的な多細胞動物であるカイメンの幹細胞に関して研究を行っている。カイメンでは、上皮細胞が遊離した全能性幹細胞に変化する現象が知られている。この変化がどのような条件、分子機構で起きるかはわかっていない。私は、他の動物で上皮細胞から遊離細胞への変化に関連するタンパク質の発現を解析することで、手がかりを得ようとしている。特に、カドヘリンと言うタンパク質に着目している。高等な動物では、上皮細胞同士はカドヘリンが細胞接着の機能を果たして結合している。また、上皮細胞はカドヘリンの発現が抑制されると、遊離した細胞に変化する。しかし、カイメンではカドヘリンが細胞接着機能を果たしているかはわかっていない。そこで私は、カイメンにおけるカドヘリンの機能解析を進めている。もしカイメンでカドヘリンが細胞接着機能を有しているとわかった場合、カドヘリンの発現変化を調べることで、カドヘリンと変化の関係性を調べることができ、変化の分子機構の一端を解き明かすことができると考えている。以上の研究は、iPS細胞などの全能性幹細胞の作成に関する再生医療の発展に寄与できると考えている。 続きを読む

インターン面接