2016年卒 株式会社日テレアックスオンの選考体験記 <No.437>

業界:
インターネット附随サービス業
本社:
東京都
従業員数:
300人以上1千人未満
URL:
http://www.ax-on.co.jp

2016卒株式会社日テレアックスオンのレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 3次面接
内定先
  • 株式会社ウエスト
  • パナソニック株式会社
  • 北海道テレビ放送株式会社
  • 森ビル株式会社
  • 株式会社キリン
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

説明会(4月) → 1次面接(5月) → 2次面接+筆記試験(5月) → 3次面接+GD(5月)

企業研究

以下のように会社のことを調べた。日本テレビ放送網グループのテレビ制作会社。正確には映像コンテンツの総合制作会社。日本テレビを中心に番組制作や映画・ドラマ制...

志望動機

御社の説明会に2回とワンデーインターンシップに参加させていただきました。その中で、御社であれば確実にスポーツの取材に携われること、テレビ局の社員さんに比べ...

グループディスカッション(8名)

テーマ

まず「ロ」から想像することをテーマしたストーリーを2時間で取材とフリップ4枚にまとめる個人ワークをやらされる。その後それを元に8人グループを作り、フリップの発表を1分で。その後、それぞれのフリップを組み合わせて全く違うストーリーをつくる作業。

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

よもや意味の分からない作業の連続であったが、限られた時間の中で8人もの大人数で一つのストーリという完成形を作り上げることは無理難題であった。誰かがリーダー...

1次面接 通過

形式
学生1面接官2
肩書
若手社員
時間
5分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

学生時代にテレビやメディアと関わった学生が多く受験するようなので、私にもどのようなメディアとの経験があったかどうかについて興味い深く聞かれた印象がある。メ...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

比較的話を聞いてくれるひとたちだった。しかしながらスポーツの部署ではなかったせいか、まったくもってスポーツに対して理解をしてもらえなかった。それでもテレビ...

1次面接で聞かれた質問と回答

テレビの世界でどんなことがしたいか

アスリートの「生の声」を届けたいです。私は早稲田スポーツの編集長を務めました。優秀選手には目標に向かって努力した人格者が多かったです。私も選手を見習って何...

テレビでなければいけない理由

大きく3点あります。ひとつが映像の強み。そしてマスに向けて伝えたい。最後がジョブローテンションです。映像の力という意味で、私は何度も鳥肌が立つようなシーン...

2次面接 通過

形式
学生1面接官5
肩書
中堅以上社員
時間
10分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

日テレアックスオンという会社にふさわしいかどうかというよりテレビ局の下請けとして働く人間性があるかどうかについて見られていたような気がする。ただし日テレア...

2次面接を圧迫面接と感じましたか?

圧迫ではないが、一次面接と比較すると少し年齢層があがり鋭い質問が飛んできたような気がする。人数が多くなった分圧迫感を感じてしまったかもしれない。しかし答え...

2次面接で聞かれた質問と回答

あなたの取扱説明書を書いてもらいましたが、これの意図は。これのために作ったのか?

はい、今回私自身の取扱説明書をA4でまとめるお題に対して私は自身の経験を踏まえて新聞風に自分の経験談についてまとめるという方法を実践しました。今回のために...

広告代理店詐欺とかいてありますが、なんですか?

だまされて詐欺グループに広告枠を売ってしまいました。その詐欺グループは、広告代理店として早稲田スポーツから広告枠を買い、広告を掲載しました。しかし掲載した...

3次面接 落選

形式
学生1面接官8
肩書
局長クラス
時間
15分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

一気に面接官の雰囲気というか、偉い人が出てきたと言うような印象を持った。次が最終面接だったか否かは不明だが、マスコミに努める気質を問うのではなく、会社にふ...

3次面接を圧迫面接と感じましたか?

圧迫をされてつもりはないが、明らかに局長クラスのおじさま方が気合を入れて選考している様子をうかがいしれた。制作会社ということで完全に舐めてかかっていたら、...

3次面接で聞かれた質問と回答

日テレアックスオンの制作番組で好きな番組

(なにも知らなかったので適当に日本テレビ制作の番組を挙げた)。土曜日と日曜日の夜にやっているスポーツ番組のゴーイング!です。わたしは家にいるときはスポーツ...

新聞の方が良いのではないか

確かにテレビの難しいところは尺が限られている点です。新聞は、極論を言えばページ数を増やすことができますし、写真を小さくすれば行数を増やすことができます。し...