Img company noimage

野村證券株式会社

  • 3.8
  • 口コミ投稿数(1818件)
  • ES・体験記(57件)

2016年卒 野村證券株式会社の本選考体験記 <No.835>

2016卒野村證券株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • ユニクロ
大学
  • 北九州市立大学

選考フロー

学内説明会(3月) → セミナー(6月) → ES+webテスト(6月) → 1次面接(8月) → 2次面接(8月)

企業研究

証券会社は学生にとってはあまり馴染みのあるものではないので、多くの人が就職活動をしながらその業務を知ることになるのではないかと思う。説明会やセミナーなどで証券会社がしている仕事について知ることは...

志望動機

証券を通して、海外進出を目指す日本企業を後押しする仕事がしたいと思い志望した。もともと海外に日本の製品を送り出す仕事がしたいと思っていたが、金融の仕事であれば一つの製品だけでなく様々な企業と関わ...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
営業
面接時間
120分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

厳しい環境でやり抜けるかの根性をとにかく見られていると感じた。先に述べたように、面接は決して和やかな雰囲気ではないのでそこでめげないように、目を見てしっかりと答えることが大事だと思う。逆質問の時...

面接の雰囲気

面接は1日で2回行われた。二人とも男性の方で、深堀と逆質問の時間が多かったように感じる。どちらも表情はあまり変わらず、私の答えにメモを取りながら淡々と質問してくるという印象だった。目力がとても強...

1次面接で聞かれた質問と回答

証券会社の仕事についてどれくらい理解しているか。

セミナーや説明会で社員の方がお話していたことを思い出しながら、自分が感じた証券会社に対する印象や調べた業務内容について答えるようにした。特に私は金融では他に銀行も受けていたので、銀行と証券会社の違いについても自分が感じたことを述べた。証券会社は会社を定年された方や経営者といった社会的ステータス...

営業は厳しいがやり抜く自信はあるか。

実際に経験したことがないことを述べるので、自分の今までの経験や性格を述べながらなぜやり抜くことができるのかを述べれるようにした。証券会社は特にノルマやお客様に営業をして断られること、嫌がられることが辛いことだと考えたので、実際にアルバイトで商品をすすめて断られた経験やその後販売するためにどのよ...

2次面接 落選

形式
学生 2 面接官 1
面接官の肩書
人事
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
連絡なし

評価されたと感じたポイント

1次面接と違い、集団面接だったので相手のことも配慮しながら答えるところを見られていると思う。また、挫折経験や努力したことの質問に時間を割いていたので恐らく1次面接同様、野村證券でやっていけるだけ...

面接の雰囲気

1次面接と比べて穏やか雰囲気で、面接官の方はこちらの答えに対して一つ一つコメントをしながら進めていた。また、面接場所が品川プリンスの一室だったので距離が近かった。面接前に簡単な算数の問題を受けた。

2次面接で聞かれた質問と回答

今までの人生で一番辛かったこと(挫折経験)

私は、中学の時自分の希望する高校を受験することができなかったことを挫折経験に挙げた。受験できなかった要因と希望しない高校に入学したことを述べた後に、希望としない場所でも頑張るためにどう気持ちを切り替えたのかまで話すことに注意した。挫折経験は、それだけだとただの愚痴のようになることもあると思うの...

学生時代頑張ったこと

大学入学時から将来海外で働きたいと思っていたので、外国語の勉強を努力したことを伝えた。また、独学で学んでいた言語もあったのでどうやって勉強をしてきたのか、そして入学時から勉強を継続し続けるためにどうしたのか、何でつまずいたかなどを少し話した。