Img company noimage

東京海上日動火災保険株式会社

  • 3.9
  • 口コミ投稿数(1138件)
  • ES・体験記(176件)

東京海上日動火災保険株式会社のインターン体験記

2017卒 東京海上日動火災保険のレポート

卒業年度
  • 2017卒
開催時期
  • 2015年11月
コース
  • グローバルコース
期間
  • 5日
参加先
  • 東京海上日動火災保険
  • 三菱商事
  • 三井物産
大学
  • 早稲田大学

インターンシップ参加前

インターンに参加した理由を教えてください。

目的は2つ、優秀な学生と交流することと、わかりにくい損害保険の仕事について理解を深めること。きっかけは先輩の勧めであり、第一志望業界である総合商社に内定し...

受ける為に準備したこと、また合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

選考フロー

1次面接 → 最終面接

1次面接 通過

形式
学生5 面接官1
面接官の肩書
不明
面接時間
60分
通知方法
メール
通知期間
1週間以内

評価されたと感じたポイント

面接官の努力もありリラックスした雰囲気であるが、やはり就活初期ということで学生はみな緊張していた。面接は面接官の左手の学生からはじまり、学生時代に頑張った...

面接で聞かれた質問と回答

学生時代に頑張ったことはなんですか

一年間のアメリカ交換留学です。コアな現地アメリカ人のコミュニティに積極的に突っ込んでいたので「典型的な日本人の留学」ではあまり経験しない差別や偏見に苦しみ...

そこから学んだことは、得た「気づき」はなんですか

自分からの理解なしに相手からの理解は得られないということです。アメリカンなファッションで自分を表現し、スポーツや音楽など学生の話題になりやすい文化への理解...

逆質問の時間はありましたか?

  • はい
  • いいえ

逆質問の内容と、面接官の回答を教えてください。

「就活時、御社以外に魅力的に感じた企業はありましたか」という質問に対して、「旭硝子、トヨタなどのメーカー。損害保険は弊社のみ選考を受け、人が気に入った」と回答した。

最終面接 通過

形式
学生1 面接官1
面接官の肩書
不明
面接時間
30分
通知方法
メール
通知期間
1週間以上

評価されたと感じたポイント

和やかではあるものの、矢つぎ早に深堀される。今までの人生をなぞるように面接が進められ、「なぜ?」と「なぜこうしなかったのか?」が繰り返される。そのほかに長...

面接で聞かれた質問と回答

小学生時代はどんな子どもであったかを教えて下さい。

勉強も運動も得意で、全能感に溢れていた。友達は多く、常に中心的な存在であった。先生方からの信頼も厚く、全校生徒の前でスピーチをすることも多かった。学外での...

挫折経験はありますか

中学生の時に挫折した。学業は三年間ナンバーワンを取ることはなく、得意だったスポーツも周囲の背が伸びるとともに目立たないものとなった。公立の中学であったため...

逆質問の時間はありましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップの形式と概要

開催場所
東京本社
参加人数
50人
参加学生の大学
東大・早慶がほとんどであり、稀にICUやMARCHの学生がいた。
参加学生の特徴
私はグローバルコースに参加していたため、ほとんどの学生が海外経験を積んでいた。総合商社志望が多く、本選考では総合商社を第一志望とする人間が多かった(特に男性)。
報酬
なし

インターンシップの内容

テーマ・課題

とある部品メーカーの新規事業立案

前半にやったこと

前半(と最終日)は人事企画であり、東京海上の基本的な情報が再確認されるとともに、5日間を通して意識しなければいけない「気づき」という概念について学んだ。グ...

後半にやったこと

部署受け入れ企画であり、各班が首都圏のあらゆる支店に散らばった(プログラムは各受け入れ部署が企画する)。私は本店配属であり、大手電機メーカーを担当した。

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップを通して印象的なフィードバックは何ですか?

外資コンサルのインターンの経験者が「ロジカルじゃない。アイデアベースだ。」と他の学生を批判する中、社員は「頭でっかちになるな。自由に発想しろ。」と咎めていた。

苦しい・大変だと思った瞬間は何ですか?

最後の2日は徹夜であった。部署受け入れ企画は中3日のみなので、プレゼンテーマが発表されてからすぐに取り組まなければいけなかった。またインターン中はプレゼン...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

「気づき」という概念の大切さを幾度も問われ、毎日インターン後に「気づきシート」なるものの記入をした。印象に残っている点は、とにかく学生と社員のコミュニケー...

参加前に準備しておくべきだったこと

ニュースをチェックすることと、損害保険の仕事について簡単に予習すること。実力と人柄が認められれば早期内定につながるため、あまりにも的外れな発言はさけたい。

参加してみて企業で働いている自分を想像できましたか?

  • はい
  • いいえ

積極的に社員がコミュニケーションをとってくれたので、社風と自身のマッチングができた。昼食は毎日丸の内のレストランであり、社員が4、5人同行してくれた。学生...

本選考で内定が出ると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

そもそも難易度の高いグローバルコースであったことと、班内での貢献度合と社員からの評価が優れていたから。インターンを通じて「ものスゴく優秀」という印象を受け...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

不透明であった損害保険の仕事が明確になったため。社員とのコミュニケーションを通じて、社風と自身のマッチングができたため。選考が徹底されており、優秀な学生が...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

シークレットであったが、早期内定コースに招待された。またメンターに多くの社員を紹介してもらい、OB訪問が効率的に進んだ。

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

人事の企画では、後日グループワークが1回、食事会が1回開催された。受け入れ先部署のメンターは2ヶ月に1回食事会を開催した。

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい

総合商社。とにかく就職活動を始めたばかりだったので、「一番難しそうだしかっこいい」と感じた総合商社を志望していた。外資系企業のインターンにはスケジュールの...

このインターンへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

インターンに参加してみなければわからないことが沢山あると学んだ。理由は損害保険の仕事を知ることができたから、OB訪問以上に社員と深く関わることができたから...