Img company noimage

日本精機株式会社

  • 3.0
  • 口コミ投稿数(88件)
  • ES・体験記(4件)

2016年卒 日本精機株式会社の本選考体験記 <No.1480>

2016卒日本精機株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 内定入社
内定先
  • 日本精機
大学
  • 東京電機大学大学院

選考フロー

学内説明会(3月) → 説明会(3月) → ES+1次面接(4月) → 最終面接(4月)

企業研究

私は自動車部品メーカーを片っ端からエントリーして、説明会や選考に進みました。私が内定をもらった日本精機は、メーターのメーカーで競合他社が多数あります。そこで日本精機の説明会でもらった資料と合同説...

志望動機

私が日本精機を志望した理由は主に3つあります。1つ目は自分が成長する環境が整っている点です。ティア1の中では小さい企業なので一環体制をとっていて、最初から最後まで関わることができます。2つ目は海...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
3年目の人事
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

ESの書いた内容をそのままそって聞く形であったので、書いてあることをきちんと自分の言葉で話せるかどうかを見ているのではないかと感じました。やはり海外勤務については聞かれるので、その点は行きたくな...

面接の雰囲気

自分の書いたESを面接の時に提出して、それを見ながら質問をしていく形でした。面接はこれといった特徴はなく無難で、回答に困るようなトンチンカンな質問や同じ内容を何度も聞かれるようなことはありません...

1次面接で聞かれた質問と回答

どうして日本精機なのか?

私はアルバイトの経験から業界内での差別化や優位性の重要さを話しました。私は吉野家で6年間アルバイトをしていたのですが、同業他社との差別化がされていないために、すき家にシェアを取られて業界1位から2位に転落してしまった話をしました。よって日本精機が競合他社との差別化ができている点や1番手の法則で...

海外勤務についてどう思いますか?

私はもともと海外勤務に興味があったので、海外にはぜひ行きたいです。海外で工場の立ち上げなどをしてみたいですと答えました。注意した方がいいと思う点は、説明会でやたらとグローバルグローバル言っていたり、他のメーカーも日本から海外にどんどん出ているなどと言っていたり、将来は海外出向してもらうつもりで...

最終面接 通過

形式
学生 1 面接官 5
面接官の肩書
人事部4人/取締役1人
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

1次面接と最終面接では面接官が代わったけれども、質問の内容は1次面接とほぼ変わりませんでした。私が話した内容も1次面接とまったく変わらなかったので、きちんとESの内容を自分の言葉で説明できている...

面接の雰囲気

左の人事から1人ずつ、質問していく形でした。途中に割り込みなどはなく、1人が質問が全て終わったら次の人が聞くという形でした。質問は1次面接でのESを見ながらの質問だったので、内容は変わりませんでした。

最終面接で聞かれた質問と回答

なぜ日本精機なのか?

1次面接と最終面接では面接官が代わったけれども、質問の内容は1次面接とほぼ変わりませんでした。アルバイトの経験から業界内での差別化と事業優位性の重要さを話しました。私は6年間吉野家でアルバイトをしていて、同業他社との差別化ができていないので、すき家に業界首位を取られて2位に転落した話をしました...

海外勤務について

1次面接と最終面接では面接官が代わったけれども、質問の内容は1次面接とほぼ変わりませんでした。私はもともと海外勤務に興味があったので、海外に行ってみたいです。海外で工場の立ち上げなどをやってみたいですと答えました。注意した点は、1次面接と同じで、やたらとグローバルグローバル言っていたり、他のメ...

内定者のアドバイス

内定に必要なことは何だと思いますか?

インターンシップに参加したり、大学内での企業説明会に参加したりすると、人事の方がなにやらチェックをしているようでしたので、それらに積極的に参加するべきだと思いました。

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

やはりグローバルグローバル言っているので、海外に行きたい、海外で働きたいという雰囲気を出すことが重要ではないか、また面接で大きな声ではっきりと言うと好感度が高いと思いました。

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

後で内定者として参加したときに、インターンシップに参加したり、大学内での企業説明会に参加したりすると人事の方がチェックしていたので、それらに積極的に参加すべきだと思いました。