2016年卒 株式会社テレビ朝日の選考体験記 <No.1254>

業界:
放送業
本社:
東京都
従業員数:
1千人以上2千人未満
URL:
http://company.tv-asahi.co.jp/

2016卒株式会社テレビ朝日のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 1次面接
内定先
  • 株式会社梅林堂
  • ANAホールディングス株式会社
大学
  • 立教大学

選考フロー

説明会(12月) → ES+SPI(2月) → 1次面接(2月)

企業研究

私はバラエティ番組制作を志望していたので、テレ朝の主力番組の強みや弱みを実際に見たりネットで調べたりした。また同業他社とも比較し、強みや弱みを自分なりにま...

志望動機

スマートフォンと連携したテレビ番組を作りたいと感じ、バラエティ制作を志望した。他社に比べ、御社は長寿番組の数は圧倒的に多いが、新しい試みを伴う挑戦的な番組...

1次面接 落選

形式
学生3面接官2
肩書
不明
時間
10分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

10分程度の短い面接時間で、しかも私以外に2人も学生がいたので、限られた質問数の中でいかに印象に残せるような回答ができるかがカギだったと思う。あまり自分の...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

ブースに区切られており、完全な密室ではなくやや開放感もあってか、圧迫だとは全く感じなかった。面接官も常にではないが、だいたい笑顔だったし若めな人だったので...

1次面接で聞かれた質問と回答

なぜ他社ではなくうちで制作したいのか。

たとえば日テレなどはもうすでにスマートフォンと連携した番組を作っているが、いまいち話題性を呼べていない。やや不発ムードが漂う中で、まだその取り組みを行って...

今後テレビ業界はどうなっていくと思うか。

今はネット動画や有料動画配信も台頭しており、テレビ番組というものに新しい価値を提供しなければ今後残っていけないと思う。だからこそ、スマートフォンとリアルタ...