2016年卒 株式会社メニコンの選考体験記 <No.615>

業界:
その他 建築・機械
本社:
愛知県
従業員数:
1千人以上2千人未満
URL:
http://www.menicon.co.jp/

2016卒株式会社メニコンのレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 内定入社
内定先
  • 朝日インテック株式会社
  • 株式会社メニコン
大学
  • 京都大学

選考フロー

マイナビ合同説明会(4月) → 説明会(5月) → テストセンター(5月) → 1次面接(7月) → 適性検査(7月) → 研究所見学+最終面接(8月)

企業研究

個別説明会に向けた質問の準備は必須だと思います。私は研究職での応募だったので、業界内の他社の製品と比較して、メニコンの製品の強みや他社に追いつけていない点...

志望動機

大学院で再生医療を学んでいるので、それを活かして働きたいと考えている。現在、再生医療分野で実用化という点で最も進んでいるのが目の分野である。御社では再生医...

企業独自の選考

選考の形式

個別説明会、クレペリン検査

選考の具体的な内容

1次面接は個別説明会という名称で実施された。企業側:応募者=2:1で、5月に行われた説明会に参加した応募者に対しては企業側からの説明はほとんどなく、応募者...

1次面接 通過

形式
学生1面接官2
肩書
人事部長と研究部長
時間
45分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

研究職としての適性と人間性を見られていると感じました。研究職としての適性は、研究内容を文系出身の人事部長の方にもわかるように噛み砕いて説明できたこと、逆質...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

逆質問形式で、何でもいいからどんどん質問してと言われました。質問が途切れると、企業側から研究内容や学生時代に力を入れてきたことなどについて質問されました。...

1次面接で聞かれた質問と回答

コンタクトレンズを使用しているか

「はい、しています。」と答えました。それに対して「どこのメーカーのものですか?」と聞かれましたが、わからなかったため正直に「すみません、わかりません。」と...

入社したらどのような研究をしたいか

「現在再生医療に関する研究をしているので、御社が新規事業として取り組んでいるライフサイエンス部門での研究に携わりたいと考えています。再生医療研究の最先端を...

最終面接 内定

形式
学生1面接官1
肩書
役員
時間
15分
通知
電話

評価されたと感じたポイント

時間が15分と短かかったこと、質問が一般的なものばかりだったこと、回答に対して深く突っ込まれることがなかったことから、最終確認という位置づけだと感じた。正...

最終面接を圧迫面接と感じましたか?

履歴書に沿って一般的な質問をされました。時間が短かったこともあり、それほど深く突っ込まれることもなく、最終確認のようなものなのかなと思いました。

最終面接で聞かれた質問と回答

研究内容を簡単に説明してください

「iPS細胞を使って治療薬がない疾患の治療薬を開発するための研究をしています。具体的には、患者さんからiPS細胞を作製し、それを症状が現れる細胞に分化させ...

キャリアプランにつてどう考えているか

「現在は女性であっても一生働く時代で、私も結婚や出産といったライフイベントを乗り越えて働き続けたいと考えています。その点、御社は女性の研究者も多く働いてい...

内定したからこそ分かること

内定後就職活動を終えるように言われましたか?

内定に必要なことは何だと思いますか?

人間性をかなり重視している企業だと思いました。クレペリン検査を何年もずっと採用試験に課していることや、研究所見学の際にお話させていただいた社員の方が皆同じ...

内定が出る人とでない人の違いは何だと思いますか?

落ち着いた雰囲気で、真面目そうな方が研究職では多かったと思います。ただ真面目なだけでなく、面接官の方との会話の中で、強い芯があるところを見せることができる...

内定したからこそ分かる選考の注意点は何ですか?

テストセンターでかなり絞られたようなので、対策はしっかりした方がいいと思います。メニコンのテストセンターはSPIではなく、SHLのGABというものなので注...