株式会社ニコンのロゴ写真

株式会社ニコン

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(406件)
  • ES・体験記(34件)

ニコンの本選考の面接の質問・回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

技術系
21卒 | 千葉大学大学院 | 女性
Q. あなたにとっての就活の軸とは何ですか。
A. A. 私は自身の研究から「幅広い知識や経験で物事に対応する」重要性を学び、アルバイトの経験から「誰かの役に立ちたい」と思うようになった。これらの経験から、「顧客が求める製品の提供によって快適な社会を構築する」ことを軸とし、メーカー企業への就職を志望している。 メーカー...
Q. 今までに直面した困難について教えて下さい。
A. A. 私が直面した困難は、飲食店のアルバイトである。初対面の人と接する苦手意識を克服するため始めたものの、賑やかなお店やバイトメンバーの雰囲気になかなかなじめなかった。料理提供などの業務も遅く、私は飲食店に向いていないと店長からも言われ辛い思いをした。そのため、自分にで...

20卒 1次面接

事務系総合職
20卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 学生時代に力を入れたことは何か
A. A. 最も注力した事は〇〇〇〇○サークルで広報主任として新入会員を増やした事です。 私のサークルでは、例年新入生の獲得に苦労していました。 入会数を増やす為、ターゲットの絞り込みと信頼関係の構築が必要だと考えました。そこで、活動場所や時間の都合で練習に参加しやすい理...
Q. 私(人事の社員)をあなたのサークルに入れるなら何の役職を付けますか
A. A. 副幹事長をしてもらいたいと考えました。 人事部の社員の方ということで、当初はより人と接する事ができる広報などの仕事もあっているかもしれないと考えました。しかし、御社の人事の仕事は社員に対して本社機能の思いや経営方針を伝え、各人材のバックアップをすることが多いと以...

20卒 1次面接

技術職/メカ設計
20卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. ホワイトボードを使って研究概要について教えてください。
A. A. 現在、一般的に使われている毛細管現象を利用した送液デバイス(100um程度の径)は手のひらサイズ ではありますが、実際に使用するには、送液に大きな外部装置が必要となってしまっていました。 従来の流路は多くがガラス壁であり、抵抗力が大きいため外部から送液のための強い...
Q. ニコンに入ってやりたい業務はなんですか。
A. A. 電子機器の機械・機構設計分野に携わりたいと考えています。特に一眼カメラのDシリーズ関連の設計ができればと考えています。自身がこれまでに学んできた機械に関する知識や光学に関する知識を最も活かすことができるのは設計であり、御社のものづくりの根幹を担いたいと思っています...

18卒 1次面接

技術職
18卒 | 大阪府立大学大学院 | 男性
Q. 研究内容について教えてください。(約5分くらい)
A. A.
低重力空間では、液体には表面張力が重力に比べて相対的に大きく作用し、球状になります。そのため、液体が薄肉構造物に付着し、外乱によって振動が起こると、両者は複雑な連成振動する事が予想されます。また、現在、国際宇宙ステーションにおいて、低重力環境を利用した実験や研究が行われています。この環境では新材料や医薬品の開発を行うことが可能であるが、浮遊している液滴を支持するための支持部やその周囲の環境から振動を受け、その新材料の開発や実験に悪影響を及ぼす可能性があります。重力環境下においても液体の体積が小さい場合には、表面張力が支配的になり、微小重力下での挙動に類似してきます。微小液滴は印刷、スプレーや新興用途のデジタルマイクロ流体システムなど地上においても活用されています。 本研究では液滴の動的挙動、特に非線形特性について研究を行っています。実験にて、半球の水滴の固有振動数と周波数応答曲線を体積、加振の振幅を変えながら調べました。同時にその様子をビデオカメラにて撮影し確認しました。水滴は時間がたつにつれ蒸発してしまいます。また、初期形状の違いにより結果が変わります。そのため、固有振動数の時間変化を調べ、形状が変わらない程度の小さな加振を行い、基準を定めました。実験により、共振時の液面の形状や液面での回転現象を確認しました。 今後は、重力を考慮した理論解析を行い、実験との比較を行い、液滴の挙動の把握を目指しています。 続きを読む
Q. 志望動機について聞かせてください
A. A.
ものづくりに強い興味があり、自分がこれを作ったと誇れる仕事をしたいと考えています。そこで、趣味でもあるカメラ設計に関心を持ち、貴社に志望しました。4年前に新しくカメラを買おう決め、実際にカメラを手に取り写真を撮ると思った通りの色で撮ることができました。そのとき、「今まで撮れなかったものが撮れるようになる」と感動しました。そのような感動を多くの人に知ってもらえるカメラを作りたいです。そして、ユーザーに満足してもらえる商品を作ることが誇りになると考えました。 貴社は映像事業が主力であり、カメラに関わる可能性が高いと考えます。また、創立100年という長い歴史の中で培ってきた信頼により、宇宙関連製品なども手掛けており、技術力と探求心の高さにも魅力を感じました。貴社で私の持ち味である情熱をもって仕事に取組み、感動を与えられるものを作りたいと考えます。 続きを読む

17卒 1次面接

17卒 | 東北大学大学院 |
Q. 研究内容について教えてください。
A. A.
近年、nmオーダーで位置決めができる超精密位置決めステージの需要が高まっています。そこでステージ内でnmオーダーの変位を測る物差しとして用いられる2次元格子を既存のフィゾー干渉計を用いて測定し、測定結果の解析によって、基準を用いずに2次元格子と干渉計を一括で高精度に校正を行う手法について研究しています。現在は先行研究での問題を発見したので、それを解決するための新たな解析アルゴリズムを提案し、検証を行っています。自分のアピールポイントとして物事をわかりやすく伝えるというところに注力した。事前提出した研究プレゼンテーションシートに沿って話すことで流れが伝えやすかったと感じている。会場にはホワイトボード等も置かれていたのでそれを活用してもよかったと思っている。 続きを読む
Q. 研究でつらかったことを教えてください。
A. A.
修士に入りあまり触れてこなかったプログラミングを行わなければならなくなったこと。しかも全く知らない言語。最初はソフトの使い方からわからないところからだったが、本を読み練習プログラムをたくさん書くことで慣れていった。現在では3000行近いデータ読み出しや画像補正・解析プログラムを書くまでに至った。つらかったことだがそこから研究に対する熱意が伝わるように話しながら気を付けた。そのため面接官の方から「つらかったことなのに段々楽しそうに見えてよかった」と好印象を持っていただけた。 続きを読む

17卒 1次面接

17卒 | 名古屋大学大学院 |
Q. 研究内容について教えてください。
A. A.
半導体製造技術を用いた血糖発電可能なバイオ燃料電池の開発です。取り組む理由は、患者の肉体的・精神的な負担を減らすためです。心臓疾患者には、ペースメーカー等の体内埋め込み装置の電源は定期的に手術による交換が必要です。糖尿病患者には、血糖値測定のために数回の採血が必要です。そこで、バイオ燃料電池は装置の半永久電源になり、かつ、血糖値と発電量が連動するため血糖値の常時測定も可能です。本研究テーマは研究室初で、教授も経験や知見のないゼロからのスタートでした。まずは知識や技術を蓄える必要があると考え、先行研究論文を参考に、再現実験をしました。現在はより性能を高め、実用化に向けて改良を繰り返しています。 続きを読む
Q. 学部・学科(専門科目)を選んだ理由はなんですか?
A. A.
学部時代は工学部電気電子工学科を、大学院時代は工学研究科電子情報システム専攻を選択しました。私は、技術を活かして人々がより快適に日常生活が送れるようにしたいという強い想いがあります。それを実現させるには、この世界を支え発展させていく根幹が工学だと思い、その担い手になりたいと考えたためです。産業革命以降、特に現代、急速に世の中が発展しています。5年前、10年前では想像できなかった物事が今では実現されています。実現できたのは、まさに工学の目覚ましい発展だと思います。先人の血と涙の努力の結果、知識・技術・経験が蓄積・継承されより一層発展されてきました。そのため、今後の発展の担い手として活躍したいと思い工学部を選択しました。また、その中でも電気電子という学科は、特に今後の発展には必要不可欠であり、最も重視される分野だと考えました。さらに、高校時代から家電に興味があり、その仕組みや原理原則を理解するためには、この学科で専門知識を学ぶ必要があると感じました。また、電気電子を学ぶことでより一層この自己実現ができると考えたため、電気電子を選択しました。  続きを読む

16卒 1次面接

16卒 | 早稲田大学 |
Q. あなたが期待する100年後のニコンについて
A. A.
「レンズを通して個人の健康を見守るニコン」です。ニコンはこの100年間、戦争の時代には軍需用品を生み出す企業として、戦後民主主義時代には民生用のカメラなどを生み出す企業として歩まれてきました。私はこれらの歩みから、貴社は時代の変化に即してその高い技術力を対応させていく企業であると感じました。今後確実に世界の問題となることは、高齢化社会の到来と医療改革です。現にそのトップとなっている日本では地域包括ケアシステムなどの医療改革が叫ばれています。貴社では新たにメディカル部門を立ち上げ、注力されるということで、今後その精密な技術を医療にふんだんに生かす方針です。私は今までレンズを通して暮らしに楽しさを見つけてきた貴社に、それを通して健康を守ることを期待したいです。100年後を見ているのはそもそも100年の歴史を重視しているからというのは説明会などから感じていた。なのでそれを絡めることが重要と感じていた。また自身は志望動機としてメディカルに興味がある事を言う予定であったので、そことも絡めることで働くイメージを訴えかけた。 続きを読む
Q. 他の人の発表で気に入ったのは誰のですか。理由も添えてください。
A. A.
○○さんの発表が気に入りました。なぜなら自分はこれまでの歴史とニコンの特性という観点から100年後をイメージしたのですが、○○さんの発表は会計という視点から100年後をイメージしていて興味深かったためです。たしかに業績という観点から言うと、映像事業が海外でシェアを持っているということですので、それを守っていくこともとても重要だと気づかされました。自分と違った視点で話している人のことを褒めた。というのも、同じようなもので褒めてしまうと自分の主張があやふやになってしまうかなと感じたため。またこういった面接ではその人の名前を覚えておくのも地味に重要な気がした。そして、面接官だけでなく、他の人にも目線を向けること。 続きを読む