Img company noimage

株式会社みずほトラストシステムズ

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(23件)
  • ES・体験記(3件)

2016年卒 株式会社みずほトラストシステムズの本選考体験記 <No.573>

2016卒株式会社みずほトラストシステムズのレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 最終面接
内定先
  • 三菱UFJトラストシステム
  • NTTデータ・フィナンシャルコア
  • みずほ情報総研
  • 損保ジャパン日本興亜システムズ
  • TIS
大学
  • 豊橋技術科学大学

選考フロー

説明会+筆記試験(4月) → ES(4月) → 1次面接(5月) → 最終面接(6月)

企業研究

銀行と信託銀行の役割の違いやシステム面にどのような違いがあるかについて確認した方が良い.システム面の違いは想像しにくいとため,関連企業の面接の逆質問にて確認したこともある.また,三菱系・三井住友...

志望動機

私はITと金融のプロとして社会基盤を支える仕事に就きたいと考えています.この思いは,信託ならではの専門性の高いシステム構築を通して『高い技術力』と『深い業務知識』を培ってきた御社でこそ実現できる...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
不明
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

志望動機を語る際には,あくまで第一志望群の中の1社であるという旨を伝えてしまったが,信託のシステムに関心がある旨を伝えることで少しフォローできたと思う.あまり形式ばった受け答えをせずに,都度考え...

面接の雰囲気

終始穏やかな雰囲気で面接が進み,圧迫面接のような雰囲気は一切ありませんでした.ひとつのことを深掘りするよりは,よくある質問をいくつもして人柄や能力を見ようとしているように感じました.

1次面接で聞かれた質問と回答

他の金融機関,たとえば都銀などのシステム会社ではなく,弊社を志望する理由を教えてください

現段階では金融系のSIer・システム会社全般を対象に就職活動を行っているため,御社に限らず銀行・信託・証券・生損保と様々な企業の選考に参加させていただいています.信託銀行には信託銀行でしか扱っていない領域が多く,幅広いシステムの構築に携われると考えています.特に銀行の基幹システムや生損保の運用...

趣味に読書とありますがどのような本を読まれますか

著名なところでは○○や△△をよく読みます.マイナなところでは□□が好きでよく読みます.ミステリが中心で,純文学はほとんど読みません.何故純文学は読まれないのですかと聞かれ,以前読んだ純文学作品が合わなかったためです.海外の作品であったため内容が合わなかったのか,訳が合わなかったのかはわかりませ...

最終面接 落選

形式
学生 1 面接官 3
面接官の肩書
役員
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

最終面接では事前準備をして臨むプレゼンテーションがあったため,ここでプレゼンテーション能力を見られていることは間違いないと思う.自身の考えや話し方,資料の構成などを含めた総合的なプレゼンテーショ...

面接の雰囲気

高圧的な印象はなかったが,穏やかな印象もなく,淡々とした面接であったと思う.最終面接の案内で指示があったプレゼンテーションを行い,それに対しての質問がいくつかあった.

最終面接で聞かれた質問と回答

5年後、10年後の自分自身はどうなっていたいかあるいは、どうなっているか

ユーザ系のSIer・システム会社では業務に占めるマネジメントの割合が多くなり,技術がおろそかになりがちです.しかし技術がわからなければ適切なマネジメントはできないと考えています.そのため,5年後・10年後には技術力のある管理者を目指したいと考えています.そのためにも年次の低いうちはシステム開発...

志望度

第一志望群の中でも上位ではありますが,第一志望の企業ではありません.もし内々定をいただけた場合でも就職活動を続け,よく考えたうえで内々定を受諾する企業を決めたいと考えています.面接段階では同じ信託系のシステム会社との差別化や同グループ内のシステム会社との差別化ができていなかったため正直に回答し...