就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
株式会社JSOLのロゴ写真

株式会社JSOL

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(266件)
  • ES・体験記(132件)

JSOLの本選考対策・選考フロー

株式会社JSOLの本選考のフローや志望動機、グループディスカッションの内容や内定者のアドバイス、入社を決めた理由の一部を公開しています。ぜひ、詳細ページにて全文を確認し、選考対策に役立ててください。

JSOLの本選考

本選考体験記(10件)

23卒 2次面接

総合職
23卒 | 非公開 | 非公開
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.  まず大前提としてIT企業全体の理解をするようにすることをおすすめします。jsolさんもIT企業かつsierの一つなので業界全体を知った上でjsolの立ち位置を理解することは必須です。やり方としては就活会議に加えてYouTubeなどでもわかりやすくまとまった動画が...続きを読む(全303文字)

23卒 2次面接

ICTプランナー
23卒 | 非公開 | 非公開
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. ・jsolはユーザー系SIerであるため、SIer全般の企業研究をすることが大事である。
・具体的には、jsolのインターンに参加していたため、その時の企業説明の情報を活用して企業研究を行った。
・また本選考エントリー前にマイページで企業紹介の動画が配信されて...続きを読む(全307文字)

22卒 内定辞退

エンジニア
22卒 | 北海道大学大学院 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. BtoBで大規模なシステム開発を行うSIerは、他職種に比べて会社間の業務内容の差が大きくない為、社ごとの差別化ポイントを事前に調べておき、自分の定義した会社選びの軸においてなぜA社ではなくJSOLなのかという説明をできるようにしておくことが非常に重要だと考えてい...続きを読む(全323文字)

21卒 内定入社

システムエンジニア
21卒 | 近畿大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
基本的にメインで行った企業研究は、JSOLのサイトを見て理念やビジョンを見ることで経営方針や将来性があるかどうかを確認した。しかしこれだけではわからないので、実際に働いてる人や働いてた人が口コミを投稿するサイト(就活会議など)で裏付けや新しい情報を得たりした。また、実際に企業の人と喋る機会があれば良いと思ったので、JSOLの企業説明会に参加した。その際にJSOLの特徴などを聞いたりした。特徴はやはりNTTデータと日本総研が半々で出資しておりお互いの子会社でありながら独立系のような位置付けになっているという所だと言われた。しかし、内定を貰う前から薄々思っていたが、説明会で配布されたクリアファイルにも印字されてる様にNTTデータグループとしての位置付けが強い様で、独立してます!とは言い難いと感じた。それがJSOLの弱みになるかと言われたら特に弱みにはならないと思うので私はどちらでも良いと思う。しかし、プライムベンダーの割合が9割のJSOLで、残りの部分がどこから下りてくる仕事かと言われたら恐らくNTTデータからの仕事の方が日本総研からの仕事より多くなると思われる。そこが嫌な人は気をつけた方が良い。JSOLの強みは、SAPアワードを受賞してるように、SAPサービスが強みだと思う。会社としてもそれを推してる様なのでSAPをやりたい方はそのまま話せば志望動機としては十分だと思う。それ以外の方は、多様な業界に携われる会社なので他の会社にはない良さ(特徴、強み、事業、給料、福利厚生、社風、昇給制度の透明性、風通しの良さ、就活サイトの評価や口コミ)を考え、それを自分の強みと紐づける事が出来れば乗り越えられると思う。 続きを読む

20卒 内定入社

SE
20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
そもそも、就職活動おいて、➀就職活動の軸は何か、②なぜその業界か、③なぜその企業かの3点が重要になるため、企業研究は重要である。さらに、SIer業界においては、業務内容に大きな違いがないため、企業研究はなおさら重要である。JSOLの面接は、1次でチームで何かを成し遂げた経験(ガクチカ)、2次でSI業界を選んだ理由、JSOLを選んだ理由、3次(最終)で33年後、10年後JSOLで活躍する姿というお題の小論文、経験上なぜそのような判断をしたのか等の性格・価値観について聞かれます。対策として、1次では、ESでも聞かれるガクチカについてしっかり深掘りして何を聞かれてもいいようにしておくことが重要です。1次ではこの質問だけでが行われます。2次では、SIerの業務内容とJSOLについてしかk理押さえておくことが重要です。その対策として、選考に参加するために必須の会社説明会とレジュメを参考にするのがよいかと思います。かなりよくまとまっています。3次では、自分のキャリアプランと自分についてしっかり把握していることが重要です。小論文のお題に関して、面接で触れられます。毎年お題は変わっていないので、事前に準備して、その内容に対して深掘りされる準備をしておいたほうがいいです。内容としては、私の場合は、JSOLのホームページや、説明会で聞いた社員の方のキャリアを参考に書きました。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

23卒 志望動機

職種: 総合職
23卒 | 非公開 | 非公開
Q. JSOLを志望する理由を教えてください。
A. A.  私は「お客様が求める新しい当たり前を作る」ために貴社を志望する。いままで生み出した解決策が新しい当たり前のものとして活用された時に喜びを感じた経験からこの思いが生まれた。そのために貴社を選ぶ理由は3つある。1つは関わることのできる領域だ。金融や公共などまさに社会...続きを読む(全307文字)

23卒 志望動機

職種: ICTプランナー
23卒 | 非公開 | 非公開
Q. JSOLを志望する理由を教えてください。
A. A. 私はICT業界のプランナーとして、様々な業界の企業のニーズを探り、企画提案することで、顧客企業の成長を支えたい。
その理由は、私はアルバイト先のカフェで、日頃から様々なお客様のニーズを聞き取り、それに対して最適な商品提案をしてお客様に喜んでいただいた際に、大きな...続きを読む(全399文字)

22卒 志望動機

職種: エンジニア
22卒 | 北海道大学大学院 | 男性
Q. JSOLを志望する理由を教えてください。
A. A. ・プライム案件が多く、なおかつソリューション全体に関われるため

私は顧客に対してシステムによる問題解決を提供するSIer業界を志望するにあたり、プライム案件の比率とソリューション全体に関われるかという部分を重要視しております。というのも、現在研究で医療診断の...続きを読む(全593文字)

21卒 志望動機

職種: システムエンジニア
21卒 | 近畿大学 | 男性
Q. JSOLを志望する理由を教えてください。
A. A.
私がJSOLを志望した動機は、日本が世界に誇れる新しい技術を生み出したいからです。現在日本はIMD世界競争力ランキングの中でも30位になっており、競争力が低下傾向にあります。私はこれをどうにか上昇出来ないかと思い、一つの分野に目をつけました。それはインフラやICTです。この分野は評価基準の中の一つで日本が唯一評価が高い項目でした。この分野を伸ばせば日本は世界にも引けを取らなくなるのでは無いかと思い、私が実際にその業界に入り、技術力の向上または新技術を生み出そうと考えました。このチャレンジをするにあたって貴社が重視している「先を見据えた提案」というものに興味を持ち、更にニーズ対応型からニーズ喚起型ビジネスへといったこれから需要が増えるであろうビジネスモデルをいち早く取り入れる判断力の速さや、新しい領域にチャレンジする風土が魅力に感じ、志望致しました。 続きを読む

20卒 志望動機

職種: SE
20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. JSOLを志望する理由を教えてください。
A. A.
そもそも私の就職活動の軸は、課題解決です。学生時代、勉強に関して相談に乗ったり、部活で部員にアドバイスをしたりすることが多く、それにやりがいを感じていたため、仕事においても課題解決に携わりたいと考えたからです。当初はコンサルティング業界を志望していましたが、コンサルティング業界ではITによる課題解決の割合が増えており、今後もその傾向が続くという印象を受けました。ITによる課題解決を行うのであれば、SIerの方がより良い課題解決ができるのではないかと思ったこと、そもそも新しい技術に興味があったことからSIer業界を志望するようになりました。その中でもJSOLを志望する理由は、3つあります。1つ目は、研修が充実しており、自己研鑽の機会があるからです。2つ目は、プロフェッショナル職認定制度がありキャリアプランを描きやすいからです。3つ目は、コアタイムなしのフレックス制度やリモートワークなど働きやすい企業であるからです。以上の理由から、JSOLを志望します。 続きを読む

エントリーシート

23卒 本選考ES

開発系
23卒 | 非公開 | 非公開
Q. 学生時代に最も力を入れたこと
A. A. 個別指導塾で生徒1人1人に合わせた授業に取り組み、 30人以上の生徒を合格に導きまし
た。生徒を自分以上の大学に進学させるために、 まず私自身が受験期以上に勉強を重
ね、次に授業の改革に取り組みました。 その1つが英単語テストです。 従来は単語帳から
指定範...続きを読む(全430文字)

23卒 本選考ES

SE
23卒 | 非公開 | 非公開
Q. 『学生時代に最も力を入れたこと』 ゼミ、研究内容、学業、部活、サークル、アルバイト、趣味等 ※主体的に取り組んだ内容をご記入ください。 (400)
A. A. 研究室内で初の「〇〇」に挑戦し、予定よりも短期間で研究目標を達成しました。限られた期間で成果を出すためには、主体的に学び着実に研究を進める必要があると考え、以下の2点に取り組みました。1点目は、実験ごとに考察をしっかりと行うことです。そのために、週2、3本ペースで...続きを読む(全379文字)

23卒 本選考ES

ICTソリューションフィールド
23卒 | 非公開 | 非公開
Q. 学生時代に最も力を入れたこと』ゼミ、研究内容、学業、部活、サークル、アルバイト、趣味等 ※主体的に取り組んだ内容をご記入ください。200文字以上400文字以下
A. A. 50人規模のフットサルサークルで、責任者として前例のない合宿開催に挑戦し「一体感ある組織作り」に尽力した。我々は、学内大会6連覇という目標を掲げる一方、練習参加率6割という低さによる連携力不足が課題であった。私は「皆で一つの目標を達成する充実感を分かち合いたい」と...続きを読む(全400文字)

21卒 本選考ES

ICTソリューションフィールド
21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 研究テーマ・専攻を入力してください。
A. A.
金融系のゼミに所属しており、「日本証券市場の活性化」というテーマのもとで研究をしています。 続きを読む

21卒 本選考ES

ICTソリューションフィールド
21卒 | 青山学院大学 | 男性
Q. 学生時代に最も力を入れたこと ※主体的に取り組んだ内容をご記入ください。(200文字以上400文字以下)
A. A.
半導体製造装置メーカーでの長期インターンです。資料作成やプログラミングなど様々な 仕事を経験してきました。この会社では、仕事の成果に応じて貰える社内通貨という独自 の通貨があり、稼いだ通貨の額に応じて給料も決まる仕組みです。さらに、誰が最も通貨 を稼いでいるかを示すランキングがあり、私はそのランキングで、インターン生40人の中 で、上位10位以内に入ることを目標に掲げました。そのため、私は専門スキルを習得し、 他のインターン生との差別化をしてきました。具体的には、プログラミング言語のC#を習 得し、Webアプリを作成するなどです。専門性の必要な仕事は単価が高く、より効率的に 通貨を稼げるようになりました。このように、努力と工夫を繰り返すことで、私は、イン ターン生のランキングで上位5位以内に入ることができました。今後も、目標の達成に向 けて、全力を尽くす姿勢を大切にしたいです。 続きを読む

グループディスカッション

卒業年度
人数
時間
テーマ
 
2018卒
5人
30分
ICTの技術を使って今後どんなシステムを作れるのか
詳細
2018卒
8人
60分
地方の企業の支援のためのITソリューション
詳細

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

23卒 1次面接

総合職
23卒 | 非公開 | 非公開
Q. 自己PRをしてください
A. A.  困難な状況を試行錯誤して乗り越えることができることが自己prです。幹部をしている〇〇サークルの存続が危ぶまれた。交流の場を無くすべきではないと思い、新歓で「楽器講習会」を企画したが、現状を踏まえ反対意見がでた。しかし、不安を抱える新入生の助けになりたいと思った。...続きを読む(全309文字)

23卒 1次面接

ICTプランナー
23卒 | 非公開 | 非公開
Q. ・学生時代に頑張ったことのなかでの苦労は何がありましたか。
A. A. 部員の意見をうまく反映することができず、1対49の対立構造ができてしまったことがありました。
それへの改善策は目安箱を設置することでした。
目安箱はLINEのトークルームに設置して匿名で意見を言えるものを設置しました。匿名の意見箱にした理由は後輩からの意見も集...続きを読む(全484文字)

22卒 1次面接

エンジニア
22卒 | 北海道大学大学院 | 男性
Q. 業務の中で、意見が合わない人に対してどのようなアプローチをとるか。
A. A. 業務において意見が合わないと思っても、コミュニケーションを断つのではなく、その人には他にどんな一面があるのかを知る努力をしようと考えます。
サークル活動をする中で、最初はウマが合わずになかなか交流できなかったメンバーがいたのですが、そこでそのメンバーと距離を置く...続きを読む(全315文字)

21卒 1次面接

システムエンジニア
21卒 | 近畿大学 | 男性
Q. 学生時代に頑張った事を教えてください。
A. A.
学生生活で私が力を入れてきた事は、長期休みに普段出来ない経験をする事です。私はこれをする事で、自分の視野を広げたいと思い今までに何度か挑戦しました。初めてしたのは友人と2人でヒッチハイクでした。大阪から東京まで2日間で行くのを目標として計画を進め、必要なものを入念に準備しました。決行当日に、初めは全然車が捕まらないんじゃないかと心配していましたが、基本的に30分から1時間も行き先が書かれた画用紙を持っていれば心優しい方達が乗せてくれました。中にはリスクを顧みず、女性一人の方が乗せてくれるような事もありました。また、2日目の朝には同じようにヒッチハイクしている人達とも交流出来、色々情報交換もしたりしました。そして無事、2日目の夕方頃に東京に着きました。その時に強く達成感を感じると共に、乗せてくれた人達に感謝しました。私はこの事から人との繋がりや人情の大切さを改めて学ぶ事になりました。 続きを読む

20卒 1次面接

SE
20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. (上の回答に対して)チームの中で反対の立場がいたか?いればどのように対応したか? (逆質問) プロフェッショナル職に認定されるまでどのくらいかかるか? 新人研修ではどのようなことが行われるのか?
A. A.
・(上の回答に対して)チームの中で反対の立場がいたか?いればどのように対応したか? ⇒反対の立場の人がいる場合は、そもそもなぜそれをやるのかという目的であったり理由をしっかり説明し、そのことに関して議論する。そのうえで、相手の方が正しいということになればその意見を尊重するようにしていた。 ・プロフェッショナル職に認定されるまでどのくらいかかるか(逆質問) ⇒人によって異なるが、40代以降で認定される方が多い。 ・新人研修ではどのようなことが行われるのか?(逆質問) ⇒新人研修は6か月あり、最初は基本的なビジネスマナーについて、その後は技術的な研修に力を入れている。さらに、チームで開発する研修があり、それが他の企業にはない特徴である。 続きを読む

内定者のアドバイス

22卒 / 北海道大学大学院 / 男性
職種: エンジニア
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

SIer業界を志望するうえで、やはり企業の差別化点が非常に重要視されてくるので、十分な下調べを行うのはもちろん、余裕があればインターンシップやOB訪問を行...続きを読む(全256文字)

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

インターンシップで関わった社員さんは、管理職クラスも含めて非常に人柄がよく、高圧的
でなく温和で対等な雰囲気でのコミュニケーションを大切にしているように...続きを読む(全155文字)

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

私の受けたインターンシップからの早期選考では、ESでの選考(提出はする)、Webテスト、1次面接が免除されるため、余裕があればインターンシップに参加した方...続きを読む(全142文字)

21卒 / 近畿大学 / 男性
職種: システムエンジニア
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

この企業はまず初めの適正テストで落ちる人がわりかしいると聞いたので、SPI対策本はある程度読んどいた方がいい(自分はあまり読んでいない状態で受かったが運が良かっただけと思う)。次に性格検査で落ちては元も子もないので、どの性格検査が出るか予め調べておき、それももちろん対策するべき。次に一次面接である集団面接での立ち回りだが、他の学生は別に敵ではないので牽制する必要はない。むしろ一緒に受かろうという気持ちでいた方が心に余裕が生まれ、話しやすくなると思う。基本的にGDや集団面接の場合は、相手(面接官や他の学生)が喋ってる時は、うなづいたり相槌を打つのが鉄則であり、しっかり話を聞いているというアピールにもなる。二次面接は、一次面接で話した志望動機やガクチカを更に深掘りして聞かれたりするので、一次面接合格後に来るフィードバックを元に対策をしていったら問題なく通ると思う。三次面接(最終面接)は、最後の面接なのでどちらかというと人物の最終チェックといった感じがした(もちろん落ちる人もいるだろうし、気のせいかもしれないが)。人柄や雰囲気、それと社風にマッチした人物であるかをよく確認しているようだった。一次面接や二次面接のように対応して落とされたなら、それは人柄で落とされたか社風とマッチしていないかで落とされたかと思われる。とりあえずいつもの自分を見せて面接に挑めば良い。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

内定者懇親会に参加して思ったのは、参加している人達のほとんどが「コミュニケーション力が高い」「向上心の高さ」「個を出しすぎず協調性が高い」といった特徴が見られた。このことから、その特徴をアピールした人や、面接官がそう感じた人が多く採用されるのではないかと思う。自分が内定を貰えた理由は、「コミュニケーション力の高さ」「主体性」「チームで活動した協調性」が評価されて受かったのだと思う。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

正直最初の適正テスト以外は落ちやすい落ちにくいという事は知らないが、それでも面接にかなり重きを置いていると思うので、一つ一つの面接に覚悟を持って挑まないと浅い人物だと見抜かれたら最後、一瞬で落とされると思う。

続きを読む
20卒 / 大阪大学 / 男性
職種: SE
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

まずは、SIer業界を理解することが大事である。その前提でなぜJSOLなのかを明確化しておくとよい。なぜなら、SIer業界は業務内容に大きな差がなく、大手他社と併願することが多いため、なぜJSOLなのかを明確にしておかないと、他社に行くと思われるため、志望度が低いと思われるからである。SIer業界を見る軸としては、➀何系か(ユーザー系、独立系など)、②何が強みか(ERP、ミッションクリティカルなシステムなど)、③働き方や制度面(残業時間、フレックスやくるみんを取得しているかなど)が最低でも上がられる。これに加えて独自の軸を見つけるのがよい。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

SIer業界でやっていく覚悟があるかどうかと適性だと思われる。SIer業界がどのような業界かを理解したうえで自分がやりたいことをアピールできるか、また主なキャリアとしてPMが挙げられるため、リーダー的立場の経験であったり人を動かす経験があると適性があると思われる。自分の場合は、自分がやりたいことがマッチしている理由、部活や学校でのリーダー経験が豊富であるため、その点で評価されたと感じた。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

1次面接では、チームで何かを成し遂げた経験だけが問われるため、しっかり準備をする必要がある。2次面接では、業界理解、企業理解が浅いと落とされる。3次面接では、取締役の方が面接官であるため、振る舞いや言葉の使い方に気を付け、逆質問では、ありきたりなことではなく、取締役の方だからこそできる質問を考えておくと好印象だと感じた。

続きを読む
18卒 / 近畿大学 / 女性
職種: SE職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

この企業は選考が最初の方であればあるほど、周りの経験から考えても落ちるような気がします。なので、エントリーシートや最初の集団面接には特に対策をしておいた方が良いでしょう。特に最初の集団面接では、「チームで何かを成し遂げた経験」1つのみの質問なので、どんな深堀がきても対応できるようにしておくべきです。また、他の方の面接の感想を求められるので、他の方が面接している間もきちんと聞いておくと後で困りません。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

私は内定後、最初の人事面接をして下さった社員さんに「あなたは笑顔とコミュニケーション能力が良かったから採用したんだよ」というお言葉を頂いたので、面接中どれだけ難しい質問にあたっても常に笑顔でいること、会話を弾ませること(つまり相手も笑顔で話して頂ける事)ができれば、こちらのものだと思います。頑張って下さい。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

選考の度、「合否については2週間以内にマイページで通知します」と言われますが、周りを見ていても、優秀であれば3日以内、ギリギリ合格であれば2週間目ちょうどの日に通知がきます。なので、1週間たって連絡が来なくてもギリギリで通知が来る可能性があるので、諦めるのは2週間目まで待ってからの方が良いです。また、最終面接ではグループディスカッション&面接&小論文があります。小論文は「入社後どんな人材になりたいか」なので、事前に考えておくことをおすすめします。

続きを読む
閉じる もっと見る

内定後入社を決めた理由

21卒 / 近畿大学 / 男性
職種: システムエンジニア
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

私がNTTコムウェアよりもJSOLを最終的に選んだ理由は、様々なことを比較して最後に優れたJSOLの給料と社風が魅力に感じたからだ。両社とも同じように幅広く事業展開しているので、どちらにも入ってもしたい仕事は出来ると思い、福利厚生はNTTグループであるNTTコムウェアの方が少し強いがそれでもJSOLもNTTデータグループなのでかなり強くあまり大差はないと思った。自分がどのように人生を送りたいかと考えたときに、楽しく働ける環境でそこそこのお金を貰えたら良いと思ったので、その気持ちを元に最後には給料と社風がマッチしてるJSOLに入社する事に決めた。

続きを読む
20卒 / 大阪大学 / 男性
職種: SE
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

株式会社ベイカレント・コンサルティング

2
入社を決めた理由を教えてください。

私がベイカレントコンサルティングではなくJSOLを選んだ理由は、人柄とファーストキャリアの観点でJSOLの方が自分の考えに近いと感じたからである。どちらも課題解決にITという形で携われるし、給与もそれなりに高い。しかし、ベイカレントコンサルティングはベンチャー気質で自信家の社員が多い印象を受け、自分は合わないと感じた。また、最初からコンサルタントとしてのキャリアを歩むよりは、SEとして、技術力をつけたいと思ったため、JSOLを選んだ。

続きを読む
閉じる もっと見る

株式会社JSOLの会社情報

基本データ
会社名 株式会社JSOL
フリガナ ジェイソル
設立日 2006年7月
資本金 50億円
従業員数 1,200人
売上高 375億4500万円
決算月 3月
代表者 前川雅俊
本社所在地 〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目6番5号
電話番号 03-5859-6001
URL https://www.jsol.co.jp/
NOKIZAL ID: 1571973

株式会社JSOLの選考対策