Img company noimage

扶桑化学工業株式会社

  • 3.2
  • 口コミ投稿数(25件)
  • ES・体験記(1件)

2017年卒 扶桑化学工業株式会社の本選考体験記 <No.1764>

2017卒扶桑化学工業株式会社のレポート

年度
  • 2017年度
結果
  • 最終面接
内定先
  • 扶桑化学工業
大学
  • 名古屋大学

選考フロー

説明会+ES(4月) → 1次面接(5月) → 2次面接(5月) → 内定(6月)

企業研究

扶桑化学工業はグローバルニッチな企業であるため、事業内容や強み、弱みをしっかりと把握した上で、自分がなぜ扶桑化学工業を選んだのか、扶桑化学工業で何がしたいのかを伝えられるようにした方が良いと思い...

志望動機

私が扶桑化学工業を志望した理由は、自分の就職活動の軸にあっていたからです。その軸は3つあり、1つ目は自分が今まで学んできた理系の知識を活かせること。2つ目は顧客によりそった経営をしていること。3...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 3
面接官の肩書
人事/事業部部長/不明
面接時間
20分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

最も評価されたのは、受け答えと人柄であると思います。面接官の方がとても面白く、冗談を言って場を和ませてくれるタイプの人だったので、私も普通に会話を楽しむようにのびのびと面接することができ、硬くな...

面接の雰囲気

人事の方が、他の面接官の方に私のことを紹介するように、履歴書を確認するかのように質問してくれました。他の面接官の方も私の回答を興味深げに聞いてくださいました。

1次面接で聞かれた質問と回答

弊社に入社したらどのようなことをしてみたいですか。

扶桑化学工業がグローバルニッチ企業であるという特徴を持っていたので、私も、他の会社ではできないような、扶桑化学工業ならではのことを回答するように意識しました。具体的には、貴社が扱っているリンゴ酸の顧客をさらに広げられるような新事業にチャレンジしてみたい、その新事業に関わる中で特に自分が今まで専...

研究職志望ですが、他の業種には興味がありますか。

理系職員がほとんどを占め、研究開発職以外の職員も、もともとは研究開発職をしていた人が多いと聞いていたので、あまり業種にはこだわらない旨を伝えました。私自身、研究開発職志望でしたが、営業に興味があったのも本心でした。内定をいただいた際には、初配属は研究開発職だが、将来的には営業に異動してもらう可...

最終面接 落選

形式
学生 1 面接官 7
面接官の肩書
社長/事業部長2名/人事/他不明
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

受け答えの仕方だと思います。実際に面接中に、言葉遣いが綺麗で、よどみなく答えられていて素晴らしい、どうしてそんなに落ち着いているのかと驚かれたほどでした。実際に内定をもらった際も、将来的に技術営...

面接の雰囲気

社長自ら雑談をしてくださったり、他の面接官の人を少しからかうようにして楽しませてくれたため。また、人事の人も優しく履歴書に沿って質問をしてくれた。

最終面接で聞かれた質問と回答

ライフサイエンス事業部志望ですが、電子材料事業部には興味はありますか。

「あります。なぜなら私は自分の知識を活かしたいという思いが強い反面、せっかく環境がかわるのだから何か新しいことに挑戦してみたいという気持ちももっているからです。ですので自分の興味があるライフサイエンス事業部以外にも、電子材料事業部や、技術営業などにも興味があり、自分の興味があること以外の分野に...

あなたが学んできたことが弊社でどう活かせると思いますか。

「私が学んできた知識や技術を直接活かせるチャンスは少ないと思います。しかし生物、化学の基礎知識があるのとないのとでは、ライフサイエンス事業部、電子材料事業部のどちらの事業部においても差が出ると思います。また、実験の組み立て方や取り組み方など、実際に3年間大学、大学院で研究したことで基礎的な手法...

内定者のアドバイス

内定に必要なことは何だと思いますか?

企業の事業形態が特徴的なので、まずは事業内容をしっかりと把握すること(グローバルニッチ企業であることと、2事業部制であること)。その上で自分が扶桑化学工業で何ができるのかを、自分に合った言葉で伝...

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

他の内定者と会っていないためわかりませんが、先輩社員の方々は皆さん、しっかりと自分の考え、芯を持っている方が多かったように思います。また、社員の方は自分の仕事、会社の事業に誇りを持っている方が多...

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

1次選考は2事業の選考が別々で行われ、最終面接は合同でした。そのためどちらの事業内容もしっかりと把握し、どちらの事業部にも好かれることが理想的であると思います。また、最終面接は社長も来てくださり...