UBS証券株式会社のインターン体験記

業界:
その他金融
本社:
東京都
従業員数:
不明
URL:
http://www.japan1.ubs.com/

2017卒 UBS証券のレポート

年度
  • 2017卒
時期
  • 2015年09月
コース
  • 投資銀行部門
期間
  • 2日
参加先
  • メリルリンチ日本証券株式会社
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー・インコーポレイテッド・ジャパン
  • 株式会社ローランド・ベルガー
  • UBS証券株式会社
  • モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社
大学
  • 東京大学

インターンシップ参加前

インターンシップに参加した理由

大学の先輩が投資銀行部門で働いていたため、漠然とした興味を抱いていた。さら...

インターンシップを受ける為に準備したこと、合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップを受ける為の準備の具体的な内容を教えて下さい。

面接を受ける前に投資銀行部門の業務内容に関して勉強し、自分が働くイメージを...

選考フロー

ES・筆記試験 → 最終面接

ES・筆記試験・WEBテスト・適性検査

選考形式

筆記試験・ WEBテスト・適性検査

試験内容

会社独自の計数テスト

準備したこと

特にしていない。基礎的な計算能力があれば通過できる。

最終面接 通過

形式
学生4 面接官2
肩書
アナリスト/アソシエイト
時間
30分
通知方法
メール
通知期間
1週間以内

面接の雰囲気

一方的に質問が投げかけられるが雰囲気は和やかに進められた。しかし、論理的で...

最終面接次面接で聞かれた質問と回答

投資銀行部門を志望する理由

日本企業の経営上の意思決定に深くかかわることを通じて日本経済にポジティブな...

自分の強みはなにか。

目標を達成するために粘り強く努力を続けられること。中高および大学で組織の成...

逆質問の時間はありましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップの形式と概要

開催場所
大手町本社
参加人数
35人
参加学生の大学
東大・早慶の学生で8割を占めていた.
参加学生の特徴
他の投資銀行部門のインターンシップに比べ、学部も大学も多様であった。また、投資銀行部門をそこまで死亡していない人も多かった。
報酬
0円

インターンシップの内容

テーマ・課題

ある企業に対する買収提案

1日目

参加者の顔合わせと社員の紹介、投資銀行部門の業務内容紹介のあと、グループワ...

2日目

午前中はプレゼン資料作りを行い、午後に班ごとの最終報告会が行われた。その後...

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

審査員の肩書

MD

優勝チームの特典

なし

インターンシップを通して印象的なフィードバック

2日間という短い時間の中でワークを自分たちなりにやり切ったことに対して評価...

苦しい・大変だと思った瞬間

グループワークの内容はとても重いものであったが、この会社ではそれを2日間で...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

社員の方が常にグループについて下さり、ワークの様子を見てくれた。そのため、...

参加前に準備しておくべきだったこと

やはりコーポレートファイナンスに関する基礎知識があったほうがワークは有利に...

参加してみて企業で働いている自分を想像できましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンではあるが実際に業務でやるような課題内容に取り組むことができ、さ...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

投資銀行業務に関するワークを二日間密度濃く取り組むことができ、更にランチ、...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップ参加者のうち優秀だった者はインターン終了後にフォローが付く...

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

フォローが付いたインターンシップ参加者は、インターン終了後に社員の方とごは...

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

外資系投資銀行部門。日本企業の経営上の意思決定に深くかかわることを通じて日...

このインターンシップへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

実際に日本経済にインパクトを持てる仕事であると感じた。しかし一方でそれがで...