#{company.name}のロゴ写真

東京海上日動火災保険株式会社

  • 3.9
  • 口コミ投稿数(1309件)
  • ES・体験記(176件)

東京海上日動火災保険の本選考の面接の質問・回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 3次面接
  • 最終面接
Img square interview

18卒 1次面接

総合職
Img human 18卒 | 同志社大学 | 女性
Q. 強みを教えてください
A. A. 私の強みは、成功するまで妥協することなく熱い気持ちのまま努力し続けることができる点です。私は、誰もが熱い思いを持っていると考えます。しかし、その熱い気持ちをどんなことにも向け、かつ、常に熱く頑張り続けることができる人は少ないのではないかと感じています。そこで私は自...
Q. その強みが生きた経験は?
A. A. 部活動での、新人勧誘のプロモーションビデオ作成の際に、妥協しないという強みを生かして、納得のいくものを作成したことです。妥協することなくこだわり抜き、作りたいものが100%再現されるまで諦めませんでした。プロモーションビデオをみた多くの新入生が入部を希望し、不足し...
Img square interview

18卒 1次面接

グローバルコース
Img human 18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. インターンシップはどうでしたか
A. A. 保険会社というと、もともと出来上がっている保険商品(自動車保険など)をただ、売っているだけで、あまり仕事内容に興味を持てなかったというのが正直な印象でしたが、インターンシップを通じてそれが変わりました。インターンシップで配属された部署は企業営業の部署でしたが、そこ...
Q. 他にどんな企業・業界を受けているか
A. A. 他には鉄道、エネルギーなどのインフラ業界を見ています。社会をわかりやすく支えているその貢献性に惹かれているからです。貢献性に関して、インターンシップを通じて保険業界の印象が大きく変わりました。インターンシップに参加する前は、保険業は、人々の不安をお金に変えている仕...
Img square interview

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 東洋大学 |
Q. 学生時代一番がんばったことはなんですか。
A. A. ライブスタッフのアルバイトにおいて、スタッフが主体性を持ち楽しく仕事をできるように働きかけたことです。登録型派遣であり、スタッフの多くが受け身の姿勢でやる気を持たず、チーフ陣は横柄な態度でスタッフに仕事を指示するのみという風土がありました。自分がチーフをする現場で...
Q. 損害保険の仕事のイメージをおしえてください。
A. A. 損害保険は、目に見えない商品を扱うために人間力が試される仕事だと感じています。また、お客様に万が一のことがあった際に、力になることができるとともに、新しい産業や技術に対して保険を提供することで社会をサポートすることができると考えています。質問に対して気を付けていた...
Img square interview

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 学生時代に最も力を入れて取り組んだことは何ですか?
A. A. 『テニスサークルで主将を務めたことです。高校時代に全国大会に出場したこともあり、「テニスがうまい」という理由で、私は主将に任命されました。しかし、高校時代からの課題として、「競技力向上を図ってきた一方で、チームマネジメントから逃げてきた」という現状がありました。そ...
Q. ゼミでのテーマまたは、興味のある科目について教えてください
A. A. 『私は貿易商務研究のゼミに所属し、「日本の貿易と国際情勢の関係」をテーマに学んでいます。近年、日本の貿易を取り巻く環境が変わりつつありますが、そこで「日本はどのようにすれば他国と対等な立場で貿易を行うことが出来るのか」を疑問に思い、研究に取り組みました。その手法は...
Img square interview

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 津田塾大学 |
Q. 大学でのレポートや提出物の期限は守る方でしたか。
A. A. 「レポートなどの提出物の期限には一度も遅れたことはありません。自分の管理不徹底が他社に多大な迷惑をかける事をサークル活動の中で強く感じました。そのため、レポートや提出物の進捗は日ごとに管理し、締切の三日前には完成させるようにしていました。」と答えた。意表を突く質問...
Q. 学生時代に頑張ったことを三つ挙げてください。
A. A. 「一つは国際交流サークルでの活動です。OB会を企画し、希薄であったOBと学生の繋がりを作りました。二つ目はゼミでの活動です。日本文学のゼミに所属し、作家の講演会を企画しました。三つ目は海外の学生が日本の企業でインターンする際のアテンドを行ったことです。」と答えた。...
Img square interview

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 大阪大学 |
Q. なぜグローバルコースを希望するのですかおしえてください
A. A. 私は大学時代に短期留学したことがあります。そのときに、さまざまな国出身の人々と話すことで、日本の文化や技術といったものが自分の予想以上に多くの人に知られていることを実感しました。このことから、さらに日本という国の存在感を世界の中で高めたいという思いを持ちました。御...
Q. 親友は何人いましたか
A. A. 小学生のときは、比較的勉強ができるほうだったのでクラスメイトに勉強を教えたり聞かれたりすることが多く、それを通して多くの友人がいました。また、中学高校時代では、勉強の教えあいに加え、部活動にも力を入れていたため、クラスメイトと部活動のチームメンバーや趣味で続けてい...
Img square interview

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 頑張ったことはなんですか
A. A. 大学3年生の1年間、スキューバダイビングサークルの会計として「愛されるサークル」をつくる努力をしました。年間1人80万円以上の活動費が必要なため、多くの時間をアルバイトに費やしていました。それでも金銭面の理由から合宿への参加率は低く、メンバーが大好きだった私は、現...
Q. インターンシップでどのようなことを感じましたか。
A. A. 大きく分けて2つのことを感じました。1つ目は「バックグラウンドが違う子達と意見をまとめていくむずかしさ」です。学校も学部も全く違う学生や、社会人の方と意見をまとめていくのは大変でした。2つ目は「御社の営業先との信頼関係の強さ」です。他にも4つほどのインターンシップ...
Img square interview

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 明治大学 |
Q. なぜ、損保
A. A. 私が御社を志望する理由は私の夢である「本気でやろうとしている人を応援する世界」を作る事が出来ると思っているからです。人や企業や国が本気で取り組もうとしている事を損害保険という挑戦していく上で発生するであろうと思われるリスクをカバーする保険を通し、本気の挑戦を世界中...
Q. 学生時代に頑張ったことの中で感じた課題、解決方法
A. A. 私が取り組んでいる中で感じた課題は企画を新しく設立する際に、知らない制約がある事と企画の認可を得るまで時間がかかる事でした。私がそれを感じたのは先輩方に企画書を提出した時です。その際に、その場で認めてもらず、一度先輩方の間で協議され、そこで先輩方が考えた質問と他に...
Img square interview

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 大学時代に最も頑張ったことはなんですか?
A. A. 私は、大学1年生から3年生まで出版サークルの営業部に所属し、営業部長を務めた。当時は、同期1人と後輩4人の合計6人で活動していた。営業部では、フリーペーパーを出版できる最低限の収入でいいという風潮があり、赤字運営になっていた。私は、このままでは、より質の良いフリー...
Q. そこで苦労したことや大変だったことは何ですか?
A. A. 入部したばかりでまだ商談に慣れていない後輩の不安を解消すること。目標を達成するために、一人当たりのアポイント数や商談数も増えたので、後輩は自信がないと不安がっていた。自分が後輩の立場だったら、どうしてほしいかを自分なりに考え、サポートをした。不安を解消するために、...