Img company noimage

株式会社ケーヒン

  • 3.0
  • 口コミ投稿数(403件)
  • ES・体験記(4件)

2017年卒 株式会社ケーヒンの本選考体験記 <No.1822>

2017卒株式会社ケーヒンのレポート

年度
  • 2017年度
結果
  • 最終面接
内定先
  • オーテック
  • 市光工業
  • ケーヒン
  • 曙ブレーキ工業
大学
  • 東海大学

選考フロー

説明会(3月) → 1次面接(5月) → 最終面接(6月)

企業研究

ケーヒンはホンダ最大手のホンダグループ企業だか去年早期退職を持っていたりと業績があまりよくなくて、1番ホンダ車には関われるが注意して企業研究を行ってほしい。あまり調べても製品は出てこなく、エアコ...

志望動機

私がケーヒンを志望した理由はホンダグループとして最大手の会社であり、ホンダ製品に対して素直にたくさん関われるという事が魅力的です。御社はケーヒンNSXで現在スーパーGTにも参戦していたりモーター...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
人事部長
面接時間
20分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

志望業界に対してなぜその業界を選んだのかなど強く聞いてきた。私は幼い頃から自動車が好きだったのですんなり答えられたがおそらくそこで志望度、ホンダグループとして車が好きではないか?という質問も盛り...

面接の雰囲気

ケーヒンの製品を知っているの?と聞かれてキャブレターと答えたらキャブレター以外知らないの?なぜ?と粘り強く聞いてきた事。

1次面接で聞かれた質問と回答

これからケーヒンでやりたい事は?

御社でやりたい事は様々な部品供給ができてそしてホンダグループとしての強みやグローバルにホンダグループは展開していますが日本に工場をたくさん持っていて品質の高さを売りにしている事や圧倒的なキャブレターのシェア率の高さやFCRキャブと言った御社の製品の知名度の高さは本当に素晴らしいと思います。その...

これからどんな製品のシェア率が伸びていくか。

これからは私が考えている世の中では自動運転技術が進んでいく一方でエコに対する部品を作る事も大事だと思います。その中でリサイクルを徹底的に行える部品や、世界各国のCO2削減はホンダグループとしての更に向上していける事だと私は感じています。しかし現在御社が作っているパーツの中にはあまり知名度が少な...

最終面接 落選

形式
学生 4 面接官 3
面接官の肩書
技術部長
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

最終面接では人柄と言うよりは入社してこんな事をやりたい、どんな配属にしようか?と技術部長が決めている感じもした。しかし私がまだ3つ受けているとお話しすると快く待って頂けると言われた事や自分の熱中...

面接の雰囲気

研究に感してしつこいほど聞いてきた。あまりにもしつこいので少し圧迫に感じれた。入社してこんな事本当にするの?という質問を冗談交じりに言われた時はあまりいい気分はしなかった。

最終面接で聞かれた質問と回答

自身の研究内容を教えて下さい

私の研究内容はデフ機構にモーターを取り付けて走らせるという事をしています。共同研究で企業とともに開発をしていますが日々上手くいく訳ではありません。その中で現状を日々向いていい製品を作り出すという御社の話を聞いてとても魅力的に感じました。モータースポーツでも結果が全てですが、現状に飽きする事なく...

もし1つだけ作る部品を選べたら何を選びますか?

私はもし御社の製品を作るならキャブレターを作ると思います。理由は現在はインジェクション機構で調整は楽ですが、面白みや音を持とめているお客様はよくつまらないという話を耳にします。確かにキャブレター機構は古い部品ですが調整は簡単で新しい部品も少なく先進国や発展途上国などでも愛されているパーツです。...

内定者のアドバイス

内定に必要なことは何だと思いますか?

不安そうな態度やおどおどした気持ちで臨むべき企業ではない。1次面接や最終面接などでも気を緩んではいけない。喋れなかったら落とされると思った方がいい。志望動機も練りに練った方がより聞いてもらえると...

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

卒業研究の差そのものだと思う。今自分が何をしていてその他に何をできるのかという質問が多く聞こえたし、逆に最終面接で落とされた人は研究内容を答えられなかった人が多いみたいな事をチラホラ後から聞いた...

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

1次選考で自分の事を聞かれると思って対策していったものの全然聞かれず、全然違う事を言われたのである程度の面接慣れのコミュニケーションも必要だと感じた。しかも圧迫な事を初めてやられたので後味が悪い...