就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
本田技研工業株式会社のロゴ写真

本田技研工業株式会社

  • 3.9
  • 口コミ投稿数(2091件)
  • ES・体験記(163件)

本田技研工業の本選考体験記-志望動機/面接の質問と回答-

本田技研工業株式会社の本選考における志望動機、企業研究で行ったこと、各面接で出題された設問とそれに対する先輩の実際の回答を公開しています。ぜひ、詳細ページにて全文を確認し、選考対策に役立ててください。

本選考体験記

99件中1〜25件表示 (全33体験記)

企業研究

EV/パワーユニット開発
23卒 | 非公開 | 女性   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A. youtube、就活会議、ワンキャリアなどでES対策や企業研究を行ないました。特にyoutubeについてはとてもわかりやすくまとまっているサイトなどがあったのでオススメです。「なぜ hondaなのか」といのは絶対に聞かれる質問だと思ったので対策していきました。自動...続きを読む(全344文字)

志望動機

EV/パワーユニット開発
23卒 | 非公開 | 女性   内定入社
Q. 志望する理由を教えてください。
A. A. ほぼESと同じようなことを言いました。

自動車というのは一歩外に出ただけであらゆる人の目につきます。人々の最もみじかな大きい機械である自動車のものづくりに携わることによってやりがいを感じられると同時に、日本のものづくり産業に貢献し、人々の暮らしを豊かにしたい...続きを読む(全307文字)

1次面接

EV/パワーユニット開発
23卒 | 非公開 | 女性   内定入社
Q. 多角的な視点を持ったエンジニアになりたいとはどういうこと?経験を踏まえて教えて(深掘り)
A. A. 話し言葉なので読みにくいかもしれません。
わたしは高校3年生の春まで物理が苦手で偏差値も伸び悩んでいました。ですが、数学だけが得意科目だと受験では戦えないと思い、物理を得意にしようと決意しました。勉強をしていくにつれて、今まで知らなかったこと、例えば「なぜ海は青...続きを読む(全377文字)

企業研究

16卒 | 長岡技術科学大学 |   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A.
夏のインターンシップの参加をお勧めします。私は書類選考落ちしてしまいましたが、内定後のイベントで内定者に聞くと参加者のES通過率は高かったようです。 インターンシップに参加していた友人は書類落ちしていますし、これは選考が優先的に行われるというわけではなく実際の仕事、現場を体験したうえでESを書いていることでより良い内容がかけているのだと思います。 会社が大きいあまり実際のところは外からだとわからないものです。 続きを読む

志望動機

16卒 | 長岡技術科学大学 |   内定入社
Q. 志望する理由を教えてください。
A. A.
私はバイク離れが進む若年層の新規開拓を行い、数十年先、海外のようにバイクが文化的に成熟できるような土壌を作りたいと考えています。若年層の新規顧客にとってバイクのイニシャルコストの高さは購入意欲を削ぐため、市場の活発化のためには低価格帯バイクの重要性が増すと思われます。ここ数年でアジア、日本同時展開の車両が増えてきており,多くのライダーと「楽しい」を共有するという私の夢を実現する絶好の機会だと感じています。世界一のホンダだからこそ,車体それぞれにキャラクターが異なるバイクを多く展開できます。お客様それぞれのとっておきの1台は違いますが、ホンダのエンジニアとして働くことでより多くの人を夢中にさせる1台を世に生み出すチャンスがあると思います。 続きを読む

1次面接

16卒 | 長岡技術科学大学 |   内定入社
Q. 学生時代に直面した困難な経験をおしえてください
A. A.
私はプレゼンスの低かった二輪部の運営を見直し、学校との折衝を重ね、資金面で1.7倍、環境面で部室の拡大を行うなどの実績を挙げました。大学編入時から所属している二輪部では創立年数が浅いことから活動実績、規模に見合った部費や部室などの活動環境が追いつかない問題がありました。レース活動の性質上、車両、トランポ、エントリー費など個人負担が大きく部員がアルバイトをしながら工夫して活動している状態でした。私は原因として活動部員の増減が激しく、組織として部が機能していないことが問題だと考えました。運営を役員だけに任せ、負担を強いてきたために結果的に学校側へ提出する報告書類の質の低下、予算案の弱さが問題を引き起こしていました。そこで予算を使用する部員全員に仕事を分担し、各書類の作成を行う人、部室の風紀管理、など役員の仕事の補助を義務付けました。また、部費のほとんどが大会参加費に使用されるので、新たな試みとして部内で部室使用費を徴収し部の備品購入を行いました。不用品や部の卒業生が残していったバイクを現金化し、未経験の新入部員が参加しやすいように部車やトランポの購入を行いました。部の活発化に貢献し、一人では困難な運営もみんなの少しの努力で簡単に良い結果が得られるという経験になりました。 続きを読む

企業研究

17卒 | 宇都宮大学大学院 |   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A.
できればインターンシップに参加してほしい。内部を知っているのと知らないのでは大きく違う。自分がやりたいこと、どう貢献できるかを具体的にイメージすることができる。また、ホンダではその人の背景も重要視されるため、ホンダに入るためにこれまでどんなことをしてきたのか、具体的な経験を作っておくとなおよい。面接ではこれまで頑張ってきたことが聞かれるため、学生のうちにたくさんのことにチャレンジして、たくさん失敗しておくことが重要であると考えられる。 続きを読む

志望動機

17卒 | 宇都宮大学大学院 |   内定入社
Q. 志望する理由を教えてください。
A. A.
貴社なら私の夢である「運転の楽しいクルマ」を開発できると考えたからです。貴社はモビリティに運転の楽しさやドライブに出かけるワクワク感に重きを置いています。また、これまでたくさんの社員の方たちのお話を聞かせていただきましたが、その中で感じたのが本気で仕事を楽しむ姿勢です。他人に強制されているわけでもなく、本気で自分のやりたいことをやり、最高の結果を出すためにあらゆる手を尽くす社員の方々の姿を見て、貴社なら楽しいクルマをつくれるという確信に変わりました。そんな貴社だからこそぜひ入社し、若者のクルマ離れの解消という夢をチーム一体となり、自らの手で実現させます。 続きを読む

最終面接

17卒 | 宇都宮大学大学院 |   内定入社
Q. 研究にどう取り組み何を得たか
A. A.
取捨選択を意識し、効率よく研究を進める能力を得ました。研究室への配属当初は、全てを理解することが重要であると考え、研究テーマの知識を深めるために専門書を全部理解すること、実験において事細やかにデータを取得し、それを解釈することに時間を割いていました。しかし、このままでは勉強だけで学校生活が終わってしまうと考え、一定期間ごとに目標を設定し、その目標としている性能にいかに早く近づけるかということを意識するようにしました。たとえば、文献には様々な運動方程式やその導出過程が細かく記載されていますが、全てを一から理解するのではなく、既に確立されている式をどのようにシミュレーション上に落とし込むかを考えたり、不具合が生じれば最小限の分析データから改善に必要な策を見抜き、それを駆使して更なる性能向上を図ったりしました。その結果、最小限の工数で結果を出すという力がついたと思います。 続きを読む

企業研究

17卒 | 長崎大学 |   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A.
2月頃から3月にかけてHondaヒューマンライブと呼ばれる社員のお話を聞ける単独説明会が行われます。この説明会では主に働いている社員の方から仕事はどうなのかや、働きやすい環境であるのかなどのお話を聞くことができます。また質問をすることもできるので、自分のしたい仕事ができるのかというのを聞くのは良いと思います。私はその時に社員の方とお話をしてどういう仕事ができるのか、やりがいはあるか、ということをお聞きして、ここの企業に行きたいと決めることができました。そのためこのHondaヒューマンライブには行ったほうがいいと思います。 続きを読む

志望動機

17卒 | 長崎大学 |   内定入社
Q. 志望する理由を教えてください。
A. A.
御社を志望する理由は2つあります。1つ目は、運転する楽しさを妨げず、自動運転に取り組んでいることに魅力を感じたからです。御社の描く自動車の自動運転は、運転手と協働して事故を防ぐという考え方で、支援が目的ということを社員の方からお聞きしました。その技術として「Honda SENSING」と呼ばれる安全運転支援システムがあり、安全を確保しつつ運転する楽しさを妨げないという技術に魅力を感じています。このことから私が成し遂げたいことは貴社でしかできないと思い志望しています。2つ目に、自動車以外の事業にも取り組んでいることです。高度な制御技術やセンサー技術、メカトロニクスなどを融合したロボティクスの最先端技術が活用されている「ASIMO」で培った技術を自動運転技術に取り入れたことで、大きな力を発揮していることを知りました。私が現在研究でセンサーを搭載した自律可能な飛行ロボットを製作しているため、関心を抱きました。このように他の事業にも取り組んでいるからこそ、他メーカーでは開発できない技術を生み出していけると感じたため志望しました。 続きを読む

1次面接

17卒 | 長崎大学 |   内定入社
Q. あなたが仕事を通じて、成し遂げたいことはなんですか。その根底にある想いや理由とあわせて教えてください。
A. A.
私は、自動車を運転する楽しさを世界の様々な人々に届けたいと思っています。現在、自動車は移動手段としてだけでなく、趣味の一つとして何台も自動車を買う人もいれば、仕事に必要な乗り物であることや、運転することが好きな人など、様々な目的で自動車に乗っている人がいます。私はそのような人たちの生活を奪わず、これからも楽しさを届けるためにも、その過程として自動車による交通事故ゼロの世界にしたいという思いが強くあります。その理由として、私は小学生の時に、車を運転して旅行に行くことが好きだった祖父と車で色々な所に行きました。しかし私が中学生の頃、祖父が事故を起こし、それが原因でクルマの運転をしなくなりました。このようにある事故がきっかけで、運転がしたくても運転ができなくなった祖父のような人は高齢者に限らず、全ての人にありうることだと思います。このようなことをなくすためにも交通事故ゼロの世界を実現することで、様々な人に運転する楽しさ知ってほしいという思いがあります。注意したのは自分の思っていることを分かりやすく話していくことと、自分の経験談を含めて話したことです。 続きを読む

企業研究

総合職
18卒 | 関西学院大学 | 男性   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A.
なぜ自動車の中でもホンダなのかということと、ホンダで何を成し遂げたいかを明確にすることは当然で、それを端的に説明する必要がある。前者は、国内自動車メーカー5つの中でしっかりと他社と差別化できているかが大事です。ホンダじゃないとダメな理由、強み、特徴などを瞬時に答えられるようにしなければなりません。つまり必然的に相当量の企業研究が必要です。ただホンダはマーケティングや創業者についての書籍がたくさんあるので、情報の出所は困らないお思います。OB訪問も積極的に行いましょう。後者は、自分の夢について語れなければなりません。ホンダは自分のために働けという会社なので、まず自分がやりたいことや夢を常に問われます。壮大な夢でも小さなことでもいいので、しっかりと自分の想いを根拠立てて伝えれるようにしましょう。 続きを読む

志望動機

総合職
18卒 | 関西学院大学 | 男性   内定入社
Q. 志望する理由を教えてください。
A. A.
最も自分が情熱をもって挑戦できるモノが自動車であり、最も自分が挑戦したいと思う場所がHondaだからです。 自動車業界は今変革期にあります。自動運転やテスラ、トランプ政策などの荒波に対し、私は日本の基幹産業として絶対負けたくないと思い、この業界に挑戦したいと考えています。また私にとってクルマはただの移動手段ではなく、快適な空間を与えながらも人命に関わるインフラです。だから私はクルマが好きで、情熱をもってクルマを作りたいと考えています。 貴社は私にとって夢を実現できる最適の企業だと確信しています。理由は事業と風土でそれぞれ「挑戦」しているからです。 事業面では、クルマに限らず複数の事業を持つことで、ASIMOから応用したライディングアシストのような、相乗効果によるイノベーションを創出しているからです。また最近では日立製作所やソフトバンクなどの他業者との技術提携を組み、更なる技術向上に挑戦していると感じました。 風土では、やはり夢を持ってモノづくりを行う、そして常にやりたいことは挑戦させてくれる環境であるとOBの方に伺いました。また一方で三現主義に基づき、しっかりと地に足をつけた姿勢もあるという二面性に、技術への責任感を感じました。そして何より説明会やOB訪問で出会う全ての従業員が、HondaとHondaの製品を愛してやまない姿に、自分もこの中の一員になりたいと強く思い志望しました。 具体的には、私の強みである「異なる価値観を理解する力」を活かしながら営業として働きたいです。十二分にあるグローバルな環境で、他部署との連携から新しいクルマを生み出し、人々の満足に貢献したいと考えています。 続きを読む

1次面接

総合職
18卒 | 関西学院大学 | 男性   内定入社
Q. 学生時代にがんばったことについて教えてください
A. A.
苦手だった英語の勉強法を全国の人に共有しました。大学入学時「3年以内にTOEIC300点から800点」という目標を設定しました。なぜなら高校時代のサッカー部の挫折から、誰もが認める強みを得るために、世界共通語である英語の資格を取得したいと思ったからです。自ら上記の高い目標を設定したことで、「モチベーションの維持」という過去の英語勉強に対する課題を克服し、1年間で650点を取得しました。また友人への勉強の教授を発端に、共有による新たなモチベーションが生まれました。さらに多くの人に価値を提供したいと思い、HPを立ち上げました。教科書作成、営業、アフターケアまでを全て一人で行い、日本中に散らばる老若男女8人にコンサルティングを行いました。課題として海外旅行や編入試験のためなど、顧客によってニーズの違いがありました。そこでまずはモチベーション維持が必要と考え、〇ヶ月以内に600点と個人目標を設定した上で、個人に合わせた勉強法を考え提案しました。結果的に4人が3ヵ月以内に600点を取得し、私は非常に大きな達成感とエネルギーを感じました。その後私も2年間で820点を取得し最終目標を達成しました。 続きを読む

企業研究

総合職(文系)
22卒 | 青山学院大学 | 女性   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A. <前提>自分が本田で何をしたいかを明確に伝えることが必須です。本田は創設者の本田宗一郎さんから引き継がれる「仕事=自分の夢や思いを実現する手段」という考えがあります。その為、エントリーシート(本田ではアプリケーションシート、という名です)・面接・GD、どの段階でも...続きを読む(全726文字)

志望動機

総合職(文系)
22卒 | 青山学院大学 | 女性   内定入社
Q. 志望する理由を教えてください。
A. A. 面接で一貫して伝えていたことは、「自分自身の原体験から、途上国や農村部など移動に苦労する人の助け舟になりたいため、自動車業界を志望する。」そのためには、購入のハードルを下げる必要がある。そのため、低価格で購入できるバイクがまず必要。そしてその次の段階に、車が来ると...続きを読む(全411文字)

1次面接

総合職(文系)
22卒 | 青山学院大学 | 女性   内定入社
Q. 人と意見が合わない時どうした?
A. A. →自分の意見は持ちつつも、相手の考えを最後まで聞いて、問題が生じた際は一緒に解決に向かうように心がけた。相手に寄り添うことを大切にした。この回答をする際に、少し自全員考えた自分なりの考えを前提として伝えた。社会に出ても必要なことだと思うのですが~と言った一言を加え...続きを読む(全314文字)

企業研究

技術職
20卒 | 東京電機大学大学院 | 男性   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A.
ホンダでは1dayから2weeksまで様々な期間のインターンシップを夏季、冬季で行っているので興味があるならば行くことをオススメする。自分はADASの部門で様々な体験をさせていただきかなり楽しみながら過ごさせて頂いた。但し、インターンシップのESもかなりの量の文字数があるため覚悟が必要。面接でもインターンシップについて聞かれることがあり、内々定者面談会でもインターンシップが採用理由の一つになっていた様なので、大きな利点になると思う。 また、ホンダの場合本選考のAPS(エントリーシート)の文字数が2900文字と他社に比べて非常に多かったため、早めに取り組む必要があった。書き上がってからは研究室の同期や友人などに見せて、不明瞭な部分やわかりにくい部分を指摘してもらった。ホンダについての想い、俗にいうHondaイズムを中心に考えた上で自分の考えを表現することが重要であると考えてAPSや面接に取り組んだ。 続きを読む

志望動機

技術職
20卒 | 東京電機大学大学院 | 男性   内定入社
Q. 志望する理由を教えてください。
A. A.
自動車は多くの技術が組み合わさることにより作られているものであり、その中の一つの分野のみに詳しいだけでは自動車全体としての価値や完成度の向上を目指すことは難しいと考えています。ホンダでは社員一人ひとりが関わる技術範囲は狭くなく、多くの技術分野について携わることができ、全体を考えられる大きな利点があります。このことはモノづくりを突き詰める上では非常に重要であると考えております。また、自動車事故ゼロの社会を目指すためには、4輪のみ安全性を高めても意味がなく、2輪についてもより安全にしなければならないと考えております。交通に関わる人モノ全体を考えて事故ゼロを目指すために考えなければならない。これらの観点から、最も自分の夢を実現するために適した場所であると感じたためホンダを志望した。 続きを読む

1次面接

技術職
20卒 | 東京電機大学大学院 | 男性   内定入社
Q. 自動車業界に入って何を実現したいのか
A. A.
私は自動車事故がゼロの社会の実現を目指したいと考えております。現在、あおり運転やながら運転による重大事故や事件が多く報道されています。私も実際に運転中にあおり運転に遭遇したことがあり、とても恐怖を感じました。運転に対する意識はドライバーによって様々であり、運転に対する慣れからの安全運転意識の低下は避けることが難しいと考えています。これらの問題を技術で補い、安全に対する意識の低下が原因に繋がる事故を無くすことで事故ゼロの社会の一歩を踏み出すことができるのではないかと考えています。現在、自動車に対する考え方は多様化しており、単なる移動手段として車を用いる人も多く存在しています。興味を持って車に接することのない人にも安全に運転してもらうためには、使用者それぞれに最適化を行っていく必要があると考えています。また、人が使うものであるためドライバーに注目したモノづくりを行うことが、より良いものを作る近道にもなりうると考えています。 続きを読む

企業研究

総合職
22卒 | 東海大学 | 女性   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A. 説明会に参加し企業分析を行いました。また、マイページ上に企業の紹介動画や先輩社員の動画等がたくさんあるため必ず見るようにしました。そして会社の雰囲気や同業他社との違いを分析しました。
エントリーシートでは結論から書くことと、誰が見ても分かりやすくすることを心がけ...続きを読む(全306文字)

志望動機

総合職
22卒 | 東海大学 | 女性   内定入社
Q. 志望する理由を教えてください。
A. A. 自動運転技術に携わり年齢や身体的状況を問わずに誰でも乗れる車の開発し、すべてのお客様に移動の楽しさを伝えたいという夢があるからです。そこで御社には夢を追いかけて挑戦することができる社風があると感じています。このような社風や御社の諦めない精神はホンダジェットの開発、...続きを読む(全302文字)

1次面接

総合職
22卒 | 東海大学 | 女性   内定入社
Q. 研究テーマと内容について具体的に教えてください。
A. A. 研究テーマは、固定翼型小型無人航空機を用いた群制御システムの開発です。
具体的には、生物の群運動を参考とした局所相互作用方式を採用し、全ての個体に同様の制御文を搭載したリーダーを持たない群れを構築させています。
そこで3機を全て自動制御で飛行させ、お互いに一定...続きを読む(全369文字)

企業研究

技術職
22卒 | 早稲田大学大学院 | 男性   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A. 自動車業界を志望する理由と自動車業界の中でHondaを志望する理由を明確に考えておくことが一番重要だと思います。Hondaを志望する理由は、Hondaでしか実現できない夢やHondaにしかない強みを探すことで見つかるってくるはずです。夢については面接等で深堀りされ...続きを読む(全354文字)
99件中1〜25件表示 (全33体験記)
本選考TOPに戻る

本田技研工業株式会社の会社情報

基本データ
会社名 本田技研工業株式会社
フリガナ ホンダギケンコウギョウ
設立日 1948年9月
資本金 860億6700万円
従業員数 211,374人
売上高 14兆5526億9600万円
決算月 3月
代表者 三部 敏宏
本社所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2丁目1番1号
平均年齢 44.9歳
平均給与 798万円
電話番号 03-3423-1111
URL https://www.honda.co.jp/
NOKIZAL ID: 1130264

本田技研工業株式会社の選考対策

最近公開されたメーカー(自動車・輸送機)の選考体験記一覧