三井住友海上火災保険株式会社のロゴ写真

三井住友海上火災保険株式会社

  • 3.1
  • 口コミ投稿数(1723件)
  • ES・体験記(327件)

三井住友海上火災保険の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

148件中1〜20件表示

21卒 本選考ES

総合コース(地域社員)
男性 21卒 | 福岡女子大学 | 女性
Q. 学生時代に最も打ち込んだこと
A. A. 私が学生時代に最も打ち込んだことは、資格の取得です。大学1年生の終わり頃、1年間を振り返り、高校時代と比べ自由な時間が増えたにもかかわらず、得たものが少ないと思いました。何か自分の成長に繋がるようなスキルを身に着けたいと考え、資格を取ろうと決めました。周囲の社会人...
Q. 現状をよりよくするために自ら考え、行動した経験
A. A. 寮生活での経験です。私の大学では1年時は全員が入寮し、1~2名の留学生を含む4人1組で共同生活を送ります。共用部分も多いため、最初に簡単にルールを決めましたが、文化的な違いや言語の壁、生活習慣や考え方の違いなどから、ルールが守られないこともありました。何とか解決し...
Q. 将来なりたい社会人像と、それを三井住友海上でどのように実現したいか
A. A. 幅広い知識を身に着け、困った時に一番に思い出されるような、様々な方面から信頼され必要とされる人になりたいです。保険業界は目に見えない商品を扱っているため、お客様から信頼を得ることが特に重要であると考えています。そのためには、専門知識も含めあらゆる知識を持っておく必...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 信州大学 | 男性
Q. 学生時代にもっとも力を入れたことを教えてください。
A. A. 洋服店のアルバイトで接客業務を担当し、お客様を第一に考えた接客を行うことで、多くのリピート客を作ることができた経験です。私は初めの頃、売上げ達成を意識しすぎたあまり、その焦りがお客様に伝わってしまっていたり、お客様本位の接客が出来ていないことがありました。 そこ...
Q. 現状をよりよくするために自ら考え、行動した経験を教えてください。
A. A. 高校時代に生徒会長を務め、「学校をより良くする」ために様々な変革に挑戦した経験です。 私たちの生徒会は「学校をより良くする」ために、既存のものはより工夫を凝らし最良のものに変えること、一方で今までにないものは新しく作り上げ価値を生み出すことを常に心がけていました...
Q. 将来なりたい社会人像と、それを三井住友海上でどのように実現したいか教えてください。
A. A. 将来なりたい社会人像は、「お客様はもちろんのこと、社内の人など関わるすべての人から絶大な信頼を獲得し、より価値のあるものを生み出すことのできる」社会人です。 貴社では、「お客様に心から寄り添い、安心の提供に加え、お客様の挑戦の後押しをすること」をお客様の期待を超...
Q. 三井住友海上を志望する理由と6月末までの就職活動の状況、6月選考ではなく夏採用にエントリーする経緯について具体的に教えてください。
A. A. 志望理由は、個人のお客様はもちろんのこと幅広い業界業種のお客様に対して、安心の提供や挑戦の後押しをすることのできる仕事に魅力を感じ、貴社であれば、より多くのお客様に対して貢献できると考えたためです。 6月末までは、製薬メーカーや証券、生命保険業界を中心に選考を受...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 立命館大学 | 女性
Q. 三井住友海上に入社して、どのような人物になりたいか
A. A. 「広い視野と多くの経験をし、周りの挑戦に貢献できる」人物になりたいです。自身の人生を振り返ると留学などの多くの挑戦をしてきたと言えます。今後も日々大きな事に挑みたいと思うと共に、周りの挑戦に手を差し伸べたいと考えています。自分と異なるフィールドで活躍する企業のリス...

21卒 本選考ES

地域総合職
男性 21卒 | 熊本県立大学 | 女性
Q. 将来なりたい社会人像とそれを三井住友海上でどのように実現したいか教えてください。 (300字)
A. A. 私は、「状況を見極めて、臨機応変に対応することで、誰からも信頼されるような社会人」になりたいです。このように考えるようになったきっかけは、熊本地震です。私は、自分にできることは何かを冷静に考え、避難者の多かった、地域の小学校で、ボランティア活動を行いました。この経...
男性 21卒 | 明治大学 | 男性
Q. 学生時代にもっとも力を入れたことを教えてください。(400字以内)
A. A. 【学習塾で生徒増加を目的とし、自ら考案し飛び込み営業を行ったこと】私は大学入学と同時に設立間もない個人経営の学習塾でアルバイトを始めました。学習塾の目標人数は50人でしたが1年目終了時に30人もおらず、経営は赤字でした。私は経営の一員という自覚を持ち、経営を立て直...
Q. 現状をよりよくするために自ら考え、行動した経験を教えてください。(400字以内)
A. A. 【メンバーの当事者意識の向上に取り組んだこと】私は100人規模のサークルでサークル長を務めており、10名の幹部を束ねていました。運営当初、幹部で仕事を分担していました。しかし、個人が直前まで仕事をしていなかったり、担当以外の業務に無関心であったため、活動が予定通り...
Q. 将来なりたい社会人像と、それを三井住友海上でどのように実現したいか教えてください。(300字以内)
A. A. 私は「人や企業の挑戦に奔走できる人材」になりたいです。私は学習塾での講師としての経験や営業をすることで人数の側面から塾の経営者をサポートした経験から、これからも多くの人や企業の挑戦を支えたいと思いました。そのために大切にしたいことは2点あります。1点目は「顧客に寄...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 岐阜大学 | 女性
Q. 学生時代に最も力を入れたことについて教えてください
A. A. 塾講師のアルバイトにおいて生徒との信頼関係を築くことに尽力しました。私の働く塾には、色々な個性を持つ生徒が通っています。なかなか席に座ってくれない生徒や、緊張してしまい話をしてくれない生徒たちと関わる中で、私は塾講師として子供たちの成績を上げるためにはまず、生徒と...
Q. 現状をより良くするために自ら考え、行動した経験について教えてください
A. A. 接骨院の受付のアルバイトにおいて、患者さんにとってより良い環境を作るにはどうすればよいのか考えて取り組みました。接骨院ではアルバイトの手が空いた時や分からないことがあった時は、先生の治療が終わるのを待ち、質問をするという体制だったため、無駄な時間が多く患者さんの待...
Q. 将来なりたい社会人像とそれを三井住友でどのように実現したいか教えてください
A. A. 周囲の人から信頼され、頼られる社会人になりたいです。損害保険は、人の挑戦や危機に寄り添い、共に歩むことができます。お客様にとって何が最善なのか、自ら考え行動し、信頼関係を築くことで、お客様の大切なターニングポイントにおいて、相談したいと思ってもらえるような存在とな...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

総合職 全域
男性 21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 学生時代にもっとも力を入れたことを教えて下さい。(400文字以内)
A. A. 大学で所属しているバスケットボールサークルの新入生歓迎活動に注力した。このサークルでは歓迎活動に対して積極的に行動をする人が少なかった。同期は大きく三つの行動パターンに分かれていた。歓迎活動に積極的な人たち、そもそもサークル活動に来ない人たち、そして三つ目はサーク...
Q. 現状をよりよくするために自ら考え、行動した経験を教えてください。(400字以内)
A. A. 高校生の時に所属していたバスケットボール部のキャプテンとして、チームの目標である「県大会準決勝出場」の達成に貢献した。主に二方向からのアプローチに尽力した。一つ目は練習環境の構築や練習体系の改革など、仕組み作りの観点においてである。具体的には体育館で練習する機会の...
Q. 将来なりたい社会人像と、それを三井住友海上でどのように実現したいか教えてください。(300字以内)
A. A. 私は信頼関係構築のプロフェッショナルになり、挑戦の後押しをする社会人になりたい。このように思うきっかけは塾講師のアルバイト経験である。塾講師として信頼関係を構築することの重要性について学び、その上で第一志望校合格という目標に向けた挑戦を後押しすることに対して、強い...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

エリア総合職
男性 21卒 | 同志社大学 | 女性
Q. 学生時代にもっとも力を入れたことを教えてください。
A. A. 私がもっとも力を入れたことはサークル活動で、1年間代表となり、総勢150名のチームの運営をしました。メンバー全員とコミュニケーションを取ることを一番に考え、アンケートを取り、結果をチームに反映できるように努めました。最も難しかったことは、相反する意見をまとめること...
Q. 現状をよりよくするために自ら考え、行動した経験を教えてください。
A. A. 短期留学中に、現地の学生との交流や日本語能力の向上のための日本語ボランティアを務めました。私が参加していた日本語ボランティアは週に一回、現地の小学生から高校生を対象に英語で日本語を教えるものでした。授業はスムーズに進むのですが、お互いが言語に対して乏しさを感じてい...
Q. 将来なりたい社会人像と、それを三井住友海上でどのように実現したいか教えてください。
A. A. 私は将来同期や後輩など、お互いに影響を与えながら、自分の周りの人がそれぞれの力を存分に発揮できるような雰囲気や環境を作り出せる社会人になりたいです。サークル時代の尊敬する先輩に、全体を見通してそれぞれの長所や短所を見極め、適材適所に導いていくような方がいました。多...
Q. 希望部門
A. A. コーポ―レート 損害サポート 資産運用
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 滋賀大学 | 男性
Q. 学生時代にもっとも力を入れたことを教えてください。(400字以内)
A. A.
部活動は全て頑張ったのですがBチームからAチームの中心メンバーになるため努力した過程が最も密度の濃いものでした。 入部後AチームからBチームに移動させられた私は無尽蔵の体力という1つのものを強みとして持つことでチームの中心になり「代えの利かない選手」になることを目指しました。 オフ期間の有効活用と練習後全体で行うランメニューに力を入れ、特にランメニューの方に注力しました。 ランメニューでは常に先頭を目指し常に全力で走ること、そして他選手が手を抜く中でも最後まで走りきること、小さなことですがこの二つを継続して取り組みました。 結果幹部のときにはリーグ戦全試合フル出場を果たし、チームに不可欠な選手であると仲間からも評価されるようになりました。 加えてランメニューに真剣に取り組む選手も増え、周りに影響を与えることもできました 続きを読む
Q. 現状をよりよくするために自ら考え、行動した経験を教えてください。(400字以内)
A. A.
私が自ら考え、行動した経験は体育会サッカー部の新入生部員を増加させるために新歓責任者に立候補したことです。 直接的にはサッカーとは関係のない活動に思われますが、新入生勧誘をよりよく改革することで部員増加と活気の増強を起こし、サッカー部の持続的発展に繋げることができると考え立候補しました。 私の大学のサッカー部は国立で他大学より選手数が少ない中でより多くの新入生を獲得するために 1)体育会=しんどい等のイメージの払拭 2)部員の新歓に対する意識を変える 上記2点への取り組みに苦労しました。 しかし、目標人数を過去最高の25人に設定し、過去の新歓活動の徹底した分析の結果サッカー部の魅力を直接的に感じてもらえるよう新歓活動を変革したことで、結果新入部員は20人で目標には届きませんでしたが前年より8人増え、退部する選手は出ず新歓責任者として今後の新歓への指針を示し、チームの発展に貢献することができました。 続きを読む
Q. 将来なりたい社会人像と、それを三井住友海上でどのように実現したいか教えてください。(300字以内)
A. A.
私がなりたい社会人像は信頼・知性・情熱を持ちチャレンジを続ける人です。 私はこれを貴社の総合コースの企業営業部門にて実現したいと考えます。 人材を第一とし、海外展開と育成制度の充実が進む貴社に身を置き、また企業営業の中で多様な人々と接することで、多くの経験を積み上げ「知性」を磨きます。 そして、「安心」という形のないものを提供する法人営業において、自身の能力を遺憾なく発揮し、顧客に対して全力で向き合うことで最適なソリューションを提供し、信頼を得ます。 最後に私は貴社の事業に誇りと情熱を持ち、挑戦心のある風土の中で常にチャレンジを続けることでこの社会人像を実現していきたいと考えます。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 学生時代に最も力を入れて取り組んだこと。
A. A.
「アメリカンフットボールにおいて、後輩のミスによる選手の怪我を0にしたこと」です。当時、30人の選手のうち3人が、後輩のミスにより怪我をしていました。これを0にするために、後輩のミスを減らすことに尽力しました。この経験で最も苦労したことは、「後輩に指導した内容を覚えてもらう」ことです。なぜなら、後輩は練習中に口頭で指導されても、その内容を忘れてしまうからです。私はこれを解決するために、「後輩が指導を忘れない環境」を整えました。具体的には、「練習をビデオで撮影し、練習後にそれを見返して指導をする」方法を導入しました。これにより、後輩は「メモを取る」ことが出来るようになり、指導を忘れることがなくなると考えたからです。結果として後輩のミスは減り、選手の怪我を0にすることが出来ました。私は、後輩が必要としている指導環境を整えることを通じて、「相手の立場から物事を考える」ことの大切さを学びました。 続きを読む
Q. 現状をより良くするために、自ら考え行動した経験。
A. A.
お笑い芸人のラジオへの投稿において、「10通送っても1通しか読まれない」現状を改善するために、2つの戦略を実践しました。1つ目は「コーナーの1通目に読まれる内容にする」ことです。私は、「1通目は、コーナーの趣旨が聴取者に伝わりやすい内容が読まれる傾向にある」と分析しました。そこで、内容を分かりやすくして1通目に読まれることを狙いました。2つ目は「あえて逆の内容にする」ことです。例えば「むかついたことを教えてください」というお題であれば、あえて「むかつかない」内容を投稿しました。この投稿は、「話が広がりやすい」、「コーナーが単調にならず変化がつく」という点から、採用されやすいのではないかと私は考えました。これらを実践した結果、私の投稿の採用率は「5通に1通」になり、パーソナリティに名前を認知されるまでになりました。この経験を通じて私は、「多角的に物事を考える力」を培いました。 続きを読む
Q. 将来なりたい社会人像、それを三井住友海上でどのように実現したいか。
A. A.
「知識・理屈・人間力の3拍子が揃った社会人」になりたいです。私は、働くということは「社会の課題を解決すること」だと考えています。そのために不可欠なこれらの3要素を培い、社会の課題を解決出来る人間になりたいです。そしてこれらは、貴社での企業営業を通じて培うことが出来ると考えています。なぜなら企業営業は、その分野のプロであるお客様と対等にお話する「知識」が必要になるからです。そしてその知識に基づき、お客様や利害関係者が納得出来る「理屈」の通った提案をする必要があります。これら2つの要素を、誠実さ・チームワークなどの「人間力」重視する貴社で培い、3拍子揃った社会人を目指したいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 横浜国立大学 | 男性
Q. 学生時代にもっとも力を入れたことを教えてください。(400字以内)
A. A.
アルバイト先のカフェにて、新人研修にかかる人件費を30%削減しました。私の店舗では離職者が多く、戦力となる人員のいち早い確保が課題でした。一方で業務がホールからキッチンまで非常に多く、新人クルーが全ての業務を覚えるにはかなりの時間を要しました。私はバイトリーダーとして「教育のマニュアル作成を店長に提案・実行し、クルー全員に共有する」「時間帯ごとのタスクのチェックリストを作成し、作業を明確にする」という2点に取り組みました。クルーごとにばらばらだった指導順序を統一することで、教育の進捗状況と業務の熟達度を常に確認でき、効率的な指導ができると考えました。また新人クルーとの会話で「どの時間帯に何をすれば良いかわからない」という課題を発見したので、リストを作成することで新人クルーが指示を待たずに自主的に動け、作業効率を向上できると考えました。結果、研修時間の大幅な短縮と人件費削減に繋がりました。 続きを読む
Q. 将来なりたい社会人像と、それを三井住友海上でどのように実現したいか教えてください。(300字以内)
A. A.
私の将来像は、「他者に負けない武器となる専門性を身につけ、それを駆使して仕事をする」社会人になることです。生命保険会社のインターンシップに参加した際、最終発表で使用するプレゼン資料作成のための情報や、根拠となるデータを探すのに苦労しました。そこで私は英語力を活かして英語の論文や調査文献から適切な情報を収集でき、チームの上位入賞に貢献できました。この経験で、自身の強みを活かし貢献できることに強くやりがいを感じました。私は特に貴社の国際業務において、日本企業の海外進出支援をしたいと考えています。他者に負けない知識とノウハウを身につけ、クライアントから安心して仕事を任せてもらえる存在になりたいです。 続きを読む

20卒 本選考ES

エリア総合職
男性 20卒 | 京都女子大学 | 女性
Q. 学生時代にもっとも力を入れたことを教えてください。
A. A.
2年間続けているカフェでのアルバイトです。現在では、時間帯責任者として働いています。就任当初、店舗内での課題などの話し合いをした際に、業績が低下しており商品廃棄率が例年に比べて高いという問題点に気づき、商品廃棄率の削減に取り組むことにしました。まずは商品ごとの売れ数を把握する必要があると考え、自作で出数表を作成し、毎日記入してもらうように全員と共有しました。これによる需要の可視化と店舗内での共有により、複数の傾向を顕在化することができました。これらの傾向をもとに、天気・イベントなどを配慮し、計画的に発注が行える環境を作り出しました。この努力により、廃棄率平均2.0%を半年間で1.4%まで削減することに成功し、売上向上にもつながりました。この経験から、ただ決められた仕事をこなすだけではなく、周りを巻き込むことの大切さ、現状の問題を見つけ改善するために行動することの大切さを学びました。 続きを読む
Q. 現状をよりよくするために自ら考え、行動した経験を教えてください。
A. A.
中学生の頃から9年間続けている吹奏楽の活動において、団全体の音楽がさらに一体となるよう働きかけたことです。現在他大学の吹奏楽団に所属し、アルトサックスを担当しています。自分自身の技術向上はもちろんですが、団全体の音楽が現状よりさらに良くなるよう練習しています。例えば、音楽は聴いている人に感動してもらうことが重要であるため、客観的に自分の音を聞くことが大事であると考え自分の演奏を録音したり、他の楽器でも同じメロディーなどを吹いている人たちに声をかけて、積極的に音合わせを行いました。そして音色・音程などの問題点を見つけ、曲のイメージや吹き方などを言語化し仲間と共有することで、さらに一体となって演奏できるようになっていきました。私たちの吹奏楽団はコンクールに出場しないため結果が可視化されませんが、私は現状に満足せず目標を持ち続け、そのために何が必要かを考えて仲間とも共有し取り組みました。 続きを読む
Q. 将来なりたい社会人像と、それを三井住友海上でどのように実現したいか教えてください。
A. A.
周囲から信頼され必要とされる人間が、私の将来なりたい社会人像です。一緒に働く社員やお客様との信頼関係は働く上で最も大切であると考えています。その信頼関係を築き上げ、チームワークを発揮し大きな成果をあげたいです。そのために貴社で、失敗を恐れず挑戦し日々成長していきたいと考えています。貴社は形のない商品を取り扱う人間力が試される環境であるため、言われたことだけではなく、常に相手が求めているものは何か考えながら行動することで、信頼関係を築いていきたいと考えています。そして誰からも「あなたがいて良かった。」と言っていただけるような周囲から必要とされる社会人になりたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

スペシャリストコースA アクチュアリー
男性 20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. 学生時代最も力を入れたこと 400字以内
A. A.
私は、大阪大学の対話型科学イベント「サイエンスカフェ」の運営に力を入れました。サイエンスカフェの趣旨は、地域住民に対して様々な科学分野の専門家が話題を提供し科学への理解を深めていただくことです。 このイベントの運営では、参加者全員を満足させる話題選びと構成が大変でした。私は、次の3点で運営に貢献しました。1つめは、進んで過去のイベント構成と参加者の感想を分析し分析結果を運営陣に共有したことです。2つめは、知らない分野の話題提供者とも積極的に協力し話題構成を一緒に考えたことです。3つめは、自分が話題を提供する回で、数学に馴染みのある人もない人も楽しめるような新鮮かつ分かりやすい話題を提供したことです。このように準備を重ね、アンケートで参加者全員から好評を頂きました。 私はこの経験を通して、分析力や積極性、協調性などの能力と、専門外の方に分かりやすく説明する能力も培いました。 続きを読む
Q. 現状をよりよくするために自ら考え行動した経験 400字以内
A. A.
私は、○○部の新入部員を増やすため自発的に行動しました。 私の所属する○○部には、毎年新入部員が少ないという悩みがありました。そこで私は、新入生勧誘の際、○○未経験の層を新しくターゲットに取り入れる計画を提案しました。また、入部後に未経験者の不安を取り除き○○を楽しんでもらうための工夫もする必要があると考えました。私自身○○未経験者として入部しており当初様々な不安を抱えていた経験があります。私はその経験を同期や先輩たちに共有し、新入部員をサポートするための講習会などを部全体で企画しました。 これらの取り組みの結果、前年の新入部員数7人(うち未経験者1人)に対して、その年は17人の新入部員(うち未経験者8人)を獲得することに成功しました。 この経験を通して私は、分析力、自発性、協調性などの能力を培いました。貴社での業務においても、これらの能力をフルに活用できると考えております。 続きを読む
Q. 将来なりたい社会人像と、三井住友海上でどのように実現したいか 300字以内
A. A.
私は幼い頃に父を事故で亡くし、保険の大切さを学びました。この経験から保険業界の仕事に興味を持ち、調べ、保険業界で働きたいと考えております。 また、私はこれまで、数学の研究、長期の接客アルバイト、○○部、○○サークル、科学イベントの運営などを経験し、数学的思考力や積極性、協調性などを培ってまいりました。 以上のことから私は、数学的思考力や積極性、協調性を活かしながら保険業界で活躍したいという思いが強いです。 貴社では、5つの行動指針に基づき積極性や協調性などの能力を発揮し、アクチュアリー領域において数学的思考力を活かし活躍したいと考えております。 続きを読む
Q. アクチュアリーコースで活かせる専門性(研究内容、専攻、資格など) 200字以内
A. A.
私は○○大学大学院で整数論を専攻しています。研究では解析学、幾何学、代数学の特定の分野に囚われず様々な道具を用います。研究の中で、知らない定理などに出会う場面が多いです。そんなとき私は、その定理について自分で考え文献や専門家の話を参考にし理解を深めます。恐らく研究内容は業務に直接は結びつきません。しかし、研究で培った数学的思考力、視野の広さ、新分野を学ぶ姿勢は貴社のアクチュアリー業務で活かせます。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 明治大学大学院 | 男性
Q. 困難に向き合い、乗り越え、実現してきた経験を教えてください。
A. A.
中学テニス部に入部し、前例のない地区予選突破という目標に向かい、挑戦し続けました。入部当時、チームは弱小で、テニスコートは1面しかありませんでした。この不利な状況の中、どうしたら目標達成できるか、徹底的に考えました。まず、指導者が必要と考えた私は、全国大会経験者のコーチを向かい入れました。練習メニューは部員の意見も取り入れながら、コーチと1から考えました。急な状況の変化に、チームがばらばらになりかけましたが、何度も話し合い、目標に向かって、一致団結することができました。結果、念願の地区予選突破を果たしました。今後もこの経験を活かし、目標達成に向け、徹底的に考え抜き、最後までやり抜きたいです。 続きを読む
Q. 異なる価値観に影響を受けた経験を教えてください。
A. A.
私は、失敗することは、恥ずかしいことだと思っていました。その考えが、海外フィールドスタディーでベトナムを訪れ、変わりました。ベトナムを訪問した際、現地大学生との交流会がありました。そこで、現地の大学生は、私たちに拙い日本語で、一生懸命話しかけてきてくれました。そんな彼らと接し、私は心が動かされました。1番大切なのは、挑戦する姿勢や気持ちなのだと。確かに、完璧であるに越したことはありません。しかし、失敗を恐れて何も行動に移せないより、失敗を恐れず、目の前のことに真剣に立ち向かい、挑戦し続けていきたいと強く思いました。 続きを読む
Q. 自ら学び考え、行動した経験を教えてください。
A. A.
私は、近隣アジア諸国、特にシンガポールとベトナムに興味を持ち、両国の主に経済・産業について学ぶ授業を取りました。授業で学ぶうちに、実際に現地に行き、自分の目で現状を見たいという思いが徐々に強くなりました。そして、私は、シンガポールとベトナムのフィールドスタディーへの参加を決意しました。フィールドスタディーでは、現地の学生との交流、現地日系企業や工場を訪問し、実際の経済や文化に直接触れ、大変刺激を受けました。日本だけでなく、世界の現状を知ることで、考え方や視野を広げることができました。 続きを読む
Q. 他者を巻き込み、リーダーシップを発揮した経験を教えてください。
A. A.
日本の現状を様々な角度から見たいと思い、高輪いきいきプラザで、高齢者対象のボランティア活動に積極的に取り組んでいます。何度かボランティアに参加する中で、社会貢献をしたいという思いが強くなり、高齢者の興味があることや悩みを聞きました。するとパソコンに興味があることがわかったので、パソコンサロンの企画を提案しました。ボランティア仲間にも賛同してもらい、実現に向け、施設の方と交渉しました。はじめは、受け入れてもらえませんでしたが、仲間とともに、プレゼン資料を作り、何度も交渉を続けました。最終的には、施設の方にも認めてもらい、今では、各回2時間の企画を行えるようになりました。 続きを読む
Q. 三井住友海上を志望する理由を教えてください。
A. A.
私は、ボランティア活動を通して、人々を支えることにやりがいを見い出すようになり、人や企業の挑戦や再挑戦を支える損害保険に、大変魅力を感じました。中でも貴社は、機能別再編により強化されたスピード感があります。そのスピード感を活かし、常に変わり続けるニーズにも素早く対応したいです。そして、人や企業の挑戦にしっかり向き合い、全力でその挑戦を支えたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

19卒 本選考ES

総合コース 全域
男性 19卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 困難に向き合い、乗り越え、実現してきた経験を教えてください。(300字以内)
A. A.
テニスサークルで学年代表を務めた際に新入生のサークル離れが問題になっていたため、新入生が他のサークル員と関われる環境を整えることでサークル定着を目指しました。まず「サークル活動への参加率」「誰と行事で関わり誰と仲が良いか」「私的な企画に参加、もしくは誘われているか」を把握するために、公式行事だけでなく私的な企画を含めたすべての出席状況に関する情報を管理しました。次にこの情報をもとに、新入生が参加しやすく、また新たな出会いがあるような企画のメンバー編成をおこない、徐々にサークル内での関係性を広げられるようにしました。その結果、例年を上回る30人の新入生をサークルに定着させることができました。 続きを読む
Q. 異なる価値観に影響を受けた経験を教えてください。(300字以内)
A. A.
4年生が打ち上げた華火を見たときの体験です。私はサークルというものを、高校までの部活とは違いただ友達を作る場という軽い存在としてしか捉えていませんでした。しかし夏の合宿でその考えを大きく変える出来事がありました。毎年4年生が最後の夏合宿の最後の夜に華火を打ち上げるという伝統があります。華火とともにスクリーンに動画が流れており、そこには4年間の大学生活を捧げたサークルへの思い、そしてそれを引き継ぐ私たち後輩への思いが綴られており、その思いと共に華火が打ち上げられていました。これ以降、私にとってこのサークルは居場所であり、この伝統を引き継いでいかなければならないという責任感を持つようになりました。 続きを読む
Q. 自ら学び考え、行動した経験を教えてください。(300字以内)
A. A.
所属するテニスサークルで三田祭出店の代表責任者を務めました。サークルには全員が目指す一つの目標がなくモチベーション維持が困難でした。そこで三田祭に出店し、部員全員に共通する一つの目標を創出することで、普段あまり参加していない部員の参加を促すことを提案し、部員の参加率の低さという課題の重大さと出店による課題克服の可能性を説くことで理解を得ることができました。サークル員の多くが、売り子が務まるかという不安を抱いていましたが、「売り子をする際のペアの設定」、「売り子以外の役割の提供」、という対策をとった結果、部員の9割以上の参加を達成し、辞めようとしていた部員10人を引き留めることに成功しました。 続きを読む
Q. 他者を巻き込み、リーダーシップを発揮した経験を教えてください。(300字以内)
A. A.
サークルの学年代表として新歓活動の準備を行っている中で、モチベーションの差が同期内でも広がっていることがわかりました。そこで同期で会議を開催して意見を求め同期全体で行う新歓であることを意識づけました。また一人ひとりとの会話の中でもそれぞれが新歓に対して感じていることを引き出したり不安を聞いて解消したり、具体的な仕事を任せて責任感を持たせたりしました。その結果同期全体で同じ目的を持って新歓活動に取り組むことが出来ました。この経験から周りを巻き込んで一つのことをやり遂げるには、上からの指示で引っ張るだけではなく、仲間一人ひとりに接して考えを引き出し責任感を持たせることも重要であることを学びました。 続きを読む
Q. 三井住友海上を志望する理由を教えてください。(200字以内)
A. A.
私は、社会を根底から支え日本経済の発展に寄与したいという思いがあります。損害保険はインフラのインフラとして、人々や企業の挑戦を支え、さらには再起の力となっており、私の思いと合致していると考えています。様々な業界との関わりの中で自分自身成長し、金融という影響力の大きい手段を用いて日本経済を活性化するという思いを、日本1位の収入保険料を誇るMS&ADグループの中核を担っている貴社で実現したいと思っています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

19卒 本選考ES

地域社員
男性 19卒 | 同志社女子大学 | 女性
Q. 困難に向き合い、乗り越え、実現した経験
A. A.
高校2年でのプレゼンテーション大会への準備で1度失ったメンバーのやる気を再び出したことです。この大会のために準備するにあたって、自分たちで協力して資料を集めなければなりませんでした。初めは資料がなかなか集まらなかったため準備が進まず、皆のやる気が失われていきました。そこで私は、自分達でアンケートを作り、一般の方に協力してもらえば、多くの資料を集めることができると思い、この方法を提案しました。その結果、納得してもらえ、皆のやる気を再び取り戻すことができました。私はチームのために働きかけを行う大切さを感じることができました。 続きを読む
Q. 異なる価値観に影響を受けた経験
A. A.
高校の時に来た教育実習の先生の「様々な人と関わりを持って、恐れずに自分から動いてみる」という言葉に影響を受けました。その時の私は、進んで人と積極的に関わろうとするような性格ではありませんでした。しかし、先生の言葉を聞いたことで、今までの自分ではしなかったことに取り組んでみて行動しようと思うようになりました。大学に入学してから、アルバイトを始め、お客様やアルバイトの人たちとたくさん関わる機会ができました。そしてサークルにも入り、他大学の友人ができたためコミュニティが広がりました。先生の言葉を聞いたことで行動的ではなかった自分を変えることができ、多くの人と関わりを持つことの楽しさを感じました。 続きを読む
Q. 他者を巻き込み、リーダーシップを発揮した経験
A. A.
私は高校の球技大会でバスケットボールのキャプテンに選ばれました。私はスポーツではチームワークを重視していたため、皆で楽しんでプレーをしようと考えていました。しかし、チームのメンバーのなかには勝つことを重視している人も数名おり、スポーツが苦手なメンバーに対してボールをパスしないということがあり、チームがバラバラでした。私はそこで、昼休みに体育館で練習をするように声をかけたり、時には他のチームのキャプテンに協力してもらって、練習試合も行うようにしました。そうすることで徐々に皆が楽しそうにプレーをするようになり、チームワークの向上を感じました。結果、本番ではチームワークを発揮でき、2位に入賞することができました。この経験を通して、キャプテンとしてチームをまとめる大変さとやりがいを感じることができました。 続きを読む
Q. 自ら考え、行動した経験
A. A.
人見知りの自分を変えようと私は、アルバイトで接客に力を入れました。初めは人見知りで恥ずかしさが出てしまい、思うように接客ができず悔しい思いをしました。しかし、このままでは人見知りは直らないので、自分から動いていこうと思い、何か商品を探しているお客様に声を掛けてみたり、レジ打ちでは軽い会話をしたりすることから始めました。その結果、接客で褒めて頂けることが増え、自分に自信が持てるようになり、人見知りだと感じることが減りました。この経験を通して、人とコミュニケーションを取ることや、自ら行動を起こすことの大切さを学びました。 続きを読む
Q. 三井住友海上を志望する理由
A. A.
私は学生時代の経験から自分にできることを考え、お客様をサポートしていきたいと考えています。貴社のセミナーやインターンシップに参加した際、温かい社員の方々ばかりだと感じました。そのような社員の方が多い貴社で働くことで、お客様一人ひとりを大切にすることができ、全力でサポートすることができると感じ、社員の方々と共にお客様と向き合いたいと思い、貴社を強く志望します。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. あなたがこれまでに困難に向き合い、乗り越えてきた経験、または実現してきた経験を教えてください。300
A. A.
渋谷区主催の未来共創コンテストで、リーダーを務めアイデアの実現に挑戦した。本企画は、世界を驚かせるアイデアをチームで競い、優勝案は区の政策になる。当チームは、渋谷の多様性で観光客を驚かせるためのインフラ整備を発案したが、予選会は最下位通過だった。そこで、1位のチームより指摘を受けた具体性の弱さを改善すべく2つ主体的に挑戦した。1.多様性の周知度を把握するため、観光客に街頭インタビューを行った。2.実現には専門技術が必要だと考え、協賛企業を獲得した。結果、予算まで考慮した具体的な案となり、決勝大会では1位を獲得した。この経験から「立場の異なる人をも巻き込む」ことで目標の達成に繋がることを学んだ。 続きを読む
Q. あなたが異なる価値観に影響を受けた経験を教えてください。300
A. A.
テニスコーチのアルバイトでの経験だ。お客様の「上達」を目指しレッスンに臨んでいたが、たった3人のクラスでもお客様が移動してしまった。負けず嫌いな私は、この状況を絶対に打開したく2つ取り組んだ。①自分に不足している点を洗い出すため、他コーチのレッスン見学を行った。②考えを実行に移す機会を増やすため、レッスンを週2日から週6日に変更した。継続する中でお客様は上達以上に「楽しさ・信頼」といった付加価値を求めていると気づき、それからは会話を通じて相互理解に努めた。結果、当初3人だったクラスは毎週10人以上になった。この経験から「相手の視点に立つこと」「他者から学び、自ら挑戦すること」の大切さを学んだ。 続きを読む
Q. あなたが自ら学び考え、行動した経験を教えてください。300
A. A.
英語の苦手克服に取り組んだ。中学生の頃から苦手とし学ぶことに消極的であったが、新たな世界を知り挑戦の可能性を広げたいという思いから勉強を始めた。当初受験したTOEICの試験では400点しか取れなかったが、友人やインターネットから得た方法をもとに平日は必ず1日2時間、休日は6時間以上の勉強を続けた。その結果、徐々にスコアが上がっていった。また、継続するうちにリスニングを効率的に強化するには座学だけでなく、実践の場を設ける必要があると考えるようになり、同キャンパスに通う留学生に声をかけ、1週間に1度英語でフリートークをしてもらう約束を取り付けた。その結果、約1年間で点数を300点以上あげることに成功した。 続きを読む
Q. あなたが三井住友海上を志望する理由を教えてください。200
A. A.
2つの点で「挑戦し成長を続けたい」という自身の思いを実現できると考えたからである。セミナー等で社員の方から話を聞く中で、損害保険の仕事は様々な業界と関わることができ、日々の勉強を通じて自分の価値で勝負できることを学んだ。また、貴社では女性活躍推進への取り組みの高さから多くの女性が管理職として働いていることを知り、以上の2つの点から貴社であれば挑戦を重ね、成長し続けられると感じ入社を強く志望する。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. あなたがこれまでに困難に向き合い、乗り越えてきた経験、または実現してきた経験を教えてください。(300文字以内)
A. A.
相手に受容されない状況を打破することです。私は学生時代、医療資格を取得し、現在は民間病院でアルバイトしています。仕事内容は、患者の治療を行うことですが、治療は私が患者に指示する形になるため、若い職員に指示されるのを嫌って拒否する患者もいます。先入観で判断されてしまうことを悔しく思い、まずは関係作りが必要と考えました。そこで、嗜好に合う話題の選択や、気遣う姿勢を示す事を積極的にして、少しずつ信頼関係を築き、最終的には訓練をして頂けるようになりました。この経験で身についた、相手と信頼関係を作る力を今後も活かし、相手との信頼関係構築やその先の目標達成に繋げたいです。 続きを読む
Q. あなたが異なる価値観に影響を受けた経験を教えてください。(300文字以内)
A. A.
経験のないことでも挑戦することの重要性です。大学の授業は、資格取得のための、人体や疾病に関する授業や病院実習が大半でした。しかし研究室配属を決めるとき、医学の発展の為に基礎研究に取り組む研究室の存在を知り興味を持ちました。授業で習わない動物実験を扱う研究室で、自分にできるか不安でもありましたが、この研究室を希望し、先輩や先生から教示を受けながら研究を進めました。慣れない実験は大変でもありましたが、最終的には学会で奨励賞を受賞できました。またこれまで関わりのなかった方とも繋がりができ、新しい知見を得る機会が増えました。このように、新しいことに挑戦することで自分が成長できることを実感しました。 続きを読む
Q. あなたが自ら学び考え、行動した経験を教えてください。(300文字以内)
A. A.
飲食店でのアルバイトで、研修体制の整備に注力したことです。3年目の時、新人の離職率70%が問題となっており、課題解決に取り組みました。私は接客スタッフ同士の意見衝突が多く雰囲気が悪いことが離職率の高さの原因と考え、従業員の意見統一と雰囲気の改善を図りました。具体的には、社員に働きかけ接客マニュアルを協力して作成し、新人に一貫した指導ができる環境を作りました。また新人に対し、自分の新人時代の悩みやそれを乗り越えた今のやりがい等を伝え、失敗後に必ずフォローに入ることで、悩みを打ち明けやすい関係性を築き雰囲気の改善を図りました。結果、1年半で新人離職率は20%に減少しました。 続きを読む
Q. あなたが他者を巻き込み、リーダーシップを発揮した経験を教えてください。(300文字以内)
A. A.
バレーボール部のマネージャーとして、部内に新しい役割を定着させたことです。入部当初は、ドリンク準備や掃除など、いわゆる雑用が主な仕事でした。一方で選手の怪我をケアできる人がおらず、怪我の回復が遅れるという問題がありました。これに対して、選手のパフォーマンス向上のために、マネージャーがケアをするのが適切だと考えました。そこで、書籍から正しい応急処置とテーピングの方法を学び、それを選手に実践してケアの仕方を習得しました。更にその知識や技術を他のマネージャーに教示し、マネージャー全員が処置できるようにすることで、怪我のケアをする役割を定着させることに努めました。 続きを読む
Q. あなたが三井住友海上を志望する理由を教えてください。(200文字以内)
A. A.
多くの人や企業を支える損害保険に魅力を感じたからです。学生時代に多くの患者の治療に携わった経験から、人を支えることのやりがいと、リスクに備えることの重要性を感じました。中でも損害保険は企業の挑戦を支えられる社会貢献性の高さに魅力を感じました。また、貴社の説明会に参加して、お客様と誠実に向き合い信頼関係を築く社員の方の姿に強く惹かれたため、貴社を志望しました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 京都大学 | 男性
Q. 困難に向き合い、乗り越え、実現してきた経験を教えてください
A. A.
社交ダンスサークルにおける発表会に向けた自主練習だ。私が所属するサークルでは、上級生に発表会でソロ演技をする役目があった。私は半年間自主練を積んで初めての発表会に臨んだが、先輩に力量の低さを指摘された。私は成果が出ない原因をこれまでの練習から考えたところ①反省が活かされてない事②主観的な練習になっている事という二つの問題点が有ると考え、以下の改革を行った。①毎回練習日誌を書き反省を次に活かす事②多くの先輩やダンスの先生から客観的なアドバイスをいただく事である。これらの努力を1年間欠かさず続けた結果、最後の発表会では先輩にも「10年間で最も上手だ」と褒められる程良い演技ができた。 続きを読む
Q. 異なる価値観に影響を受けた経験を教えてください
A. A.
大学時代に所属していた社交ダンスサークルにおいてダンスパーティー開催に関しての意見が食い違った経験である。その時はダンスパーティーにおいて流している音楽について議論をしていたのだが、私は保守的な立場を取っており、従来と同じCDプレーヤーで音楽の再生を行おうと考えていたが、違うメンバーからお客様の満足度を向上させるため、生演奏を取り入れてみないかと言う意見が出た。私は当初リスクを避けたいと思い反対したが、そのメンバーの「リスクを避けていては成功することはできない」という意見に心を打たれ、生演奏を行うことを決めた結果として生演奏は大成功しお客様の満足度も向上した。この経験から私は挑戦することの重要性を感じた。 続きを読む
Q. 自ら学び考え、行動した経験を教えてください。
A. A.
私のゼミでは経営戦略のゼミで、大手電機メーカーに事業戦略のプレゼンを行う事を最終目標にしたプロジェクトを行なっていた。その準備を最初は10人1チームで行っていたが、効率が低く、タダ乗りをしている人がいるという問題があった。私はリーダーとして責任感があったため、この状況を打開するために2つの施策を行った。1つ目は3チーム制にするというものである。2つ目はコンペ制にするというものである。2つの施策によりメンバー各々の当事者意識が高まり、タダ乗りをする人がいなくなり、作業の効率も上がり、結果として企業から「過去最高の出来だ」と言われるほどのプレゼンを行えた。 続きを読む
Q. 他者を巻き込み、リーダーシップを発揮した経験を教えてください
A. A.
サークルにおける練習改革の経験だ。私のサークルは発表会に向けた練習を日々行っているが、例年と比べて部員の力量が低いという問題があった。私は指導役としての責任を感じたため、その原因は練習効率の低さにあると分析し、練習効率の低さを改善すべく、テスト形式で練習内容が定着しているかを確認するテスト制度を導入した。しかし、その施策はメンバー各々の負担を増やす制度であるため、当初は巻き込むのに苦労したが①参加任意の自主練習会を毎日開催したこと②部員の練習日誌を毎回添削したこと以上二つの取り組みを行う事で自分の熱意が伝わり、部員を巻き込んで練習に取り組ませることで、部員の力量は格段に上昇した。 続きを読む
Q. 三井住友海上を志望する理由を教えてください
A. A.
私は企業や個人の挑戦を下支えしたいと考えて、損害保険業界を志望している。この考えは学生時代に所属するサークルや塾講師としての活動において他人の挑戦を支えることにやりがいを感じた経験によるものである。その中でも貴社は国内他社に先駆けてアジアに進出し、ASEAN地域において外資系損保としてシェア一位の座を占めている。私は貴社の挑戦を怠らない姿勢に魅力を感じ貴社を志望する。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

エリア職
男性 18卒 | 安田女子大学 | 女性
Q.  困難に向き合い、乗り越え、実現してきた経験
A. A.
高校生までは部活動、大学生になってからは社会人チームで2年間、計5年間チアリーディングを経験しました。社会人チームに入ってレベルの高さ、実力不足を痛感しました。高校生の時はレギュラーで活躍していたのですが、社会人チームでは一度、レギュラーから外され、悔しい思いをしました。そこで自分のレベルを上げ、【次の大会ではレギュラーを取る!】という目標を立てました。その目標を達成するため、チアノートという日々の振り返りノートを作成しました。そのノートに練習での課題や反省、気づきを書きとめ、自分を分析して改善に役立てました。その結果、私の現役最後の大会ではレギュラーを勝ち取ることができました。 続きを読む
Q. 異なる価値観に影響を受けた経験
A. A.
アメリカ留学をしていた時、ホストマザーに「Yes or No?」と求められることが多くありました。私は周りからどう思われるのかを気にして、意見をはっきりと言うことが苦手です。そのため、相手の顔色をうかがって返事をしていました。しかし、アメリカでは意見をはっきりと言わないほうが「自分を持っていない」と理解され、相手にされなくなってしまうのだと感じました。私は「どっちでもよい」というのが口癖にもなっており、中途半端な考えで返事をしていたことに気が付きました。この経験から、自分という軸を持ち、自分を表現できる人間になりたいと思うようになりました。 続きを読む
Q. 自ら学び考え、行動した経験
A. A.
私は大学1,2年生の2年間、社会人チームでチアリーディングをしていました。小学生から社会人という幅広い年齢層で、約30人という大きなチームなので、社会人と小・中学生の意思疎通の難しさが課題でした。そこで私は、年齢的にも中間なので、小学生と社会人の間を取り持つことにしました。私は小・中学生、そして社会人の伝えたい事をきちんと「聞き・理解し・確認」したうえで伝えるようにしました。その結果、メンバー関係なしに雑談できる場が増え、チームの良い雰囲気づくりを手伝うことができました。この経験を通して、相手を理解するためには「きちんと聞く・理解する・確認する」という基本が一番大切だと学びました。 続きを読む
Q. 他社を巻き込み、リーダーシップを発揮した経験
A. A.
高校3年生の時、体育祭の女子集団演技のリーダーを任されました。1,2,3年生の女子200人全員でダンスをするという演目でした。高校では部活動以外で先輩後輩が関わる場面が少ないので、「学年関係なく、みんなで楽しく踊れる場にしよう」という目標を立てました。そこで「学年での練習ではなく、縦割りのクラスで練習すること」「ダンスの上手下手は関係なく、とにかく楽しんで踊ること」を提案しました。全員のモチベーションを保つことは大変でしたが、まずは自分がみんなのお手本となるような行動を心がけました。自分たちが楽しんで踊ることで、周りのお客さんの笑顔を引き出すことができ、本番の大成功につながりました。 続きを読む
Q. 三井住友海上を志望する理由
A. A.
損害保険会社の中でも貴社は、アジア・欧州・米州という幅広い地域に力を入れているという点に将来性を感じ、より多くの企業を後押しできることに魅力を感じたため、志望します。また、私は海外留学の経験から世界を舞台に活躍したいという目標があるため、たくさんの知識を増やし、語学力を上げ、将来的にはグローバル展開の最前線で不可能を可能に後押しできるような存在として活躍したいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
148件中1〜20件表示