就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
日本製鉄株式会社のロゴ写真

日本製鉄株式会社

  • 3.0
  • 口コミ投稿数(1175件)
  • ES・体験記(191件)

日本製鉄の本選考対策・選考フロー

日本製鉄の本選考

本選考体験記(24件)

22卒 2次面接

技術職
22卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 説明会やインターンを通じて業務内容や製鉄のプロセスについて学んだ.加えて中国の鉄鋼大手企業が台頭し,鉄鋼業界の二酸化炭素の排出量が問題視されるなど会社の方針の転換期にあたっていたため,特に会社の企業ホームページにて最新の技術動向について確認した.リクルーターの方か...続きを読む(全305文字)

22卒 内定辞退

技術職
22卒 | 東京工業大学大学院 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 製鉄業界や鉄鋼メーカーになぜ興味を抱いたのか,どのようなところに魅力を感じて志望するようになったのかを,理論的に話すことができるようにするべきだと思います。
特に,複数回にわたるリクルーター面談ではジョブマッチングに重きを置いているように感じたため,自分が製鉄業...続きを読む(全319文字)

21卒 内定辞退

総合職
21卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. この企業の主要製品である「鉄」に対する理解を深め、自分が鉄に対して非常に興味を持ち、そして製鉄を通して社会を支えていきたいという思いを伝えられるようにした。実際に製鉄業界では日本で1番のシェアを誇っており、他社との比較で日本製鉄を選ぶ理由は言いやすいが、どういった...続きを読む(全422文字)

20卒 内定辞退

技術職
20卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
まずは製鉄所見学をすること。そこでどういった業界なのかどういった職種なのかを詳しく知ることができる。WEBサイトにももちろん載ってはいるが、実際に聞いた方がよく理解できると思う。大きく職種を分けるとすれば操業設備研究と分類されるので自分に向いているものやりたいものを決めておく必要があるため実際に社員の方に会って話を聞くのが一番。製鉄所見学の後に懇親会があることが多く、そこで様々な職種の社員が来てくれる。また、学内の説明会に出展していることも多いのでそこでも話を聞くことができる。競合についても調べる必要がある。鉄鋼業界ならおそらくJFEスチールと神戸製鋼がメインの競合にあたるので違いを調べておく必要がある。実際に社員に会ってみると、会社によって働く人の性格も違うと感じた。新日鉄は体育会っぽい印象。 続きを読む

20卒 内定入社

事務系総合職
20卒 | 一橋大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
日本製鉄において最も重視されるのは志望動機と言っても過言ではなく、説得力がある志望動機を組み立てるための企業研究は非常に重要である。動機はなぜメーカーなのか?なぜ素材メーカーなのか?なぜ製鉄業なのか?なぜ日本製鉄なのかという順で組み立てて行くと論理的で良いのではないか。少なくとも後者2つについてはまず間違いなく聞かれることになる。動機を組み立てる上で必要になる情報については、基本的に社員懇談会や前半のリクルーター面談はほぼ逆質問が全てであるため、そこで聞いておきたい。選考後半では志望動機と共に入ってからどんなことをやりたいかも聞かれるため、必ず志望動機と結びつけた上で語れるように、リク面で社員が普段どんな仕事をしているのかをよく質問し、仕事のイメージを自分の中で作っておくべきである。また、新聞やIR等を通じ現在の製鉄業及び日本製鉄の情勢について最低限の知識を持っておくことは、プラスアルファとしてやりたいこと等に結びつけるとアピールになると思う。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

22卒 志望動機

職種: 技術職
22卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. 日本製鉄を志望する理由を教えてください。
A. A. 私はあらゆる製品に必要不可欠な産業インフラとしてものづくりの根幹を支える製鉄事業を通じて社会に広く貢献したいと考えています.設備技術職としてプロセス技術に携わり,専攻や研究で培った○○学や○○学の知識を活かして温度分布や冷却流量の調整など熱のコントロールを通じて製...続きを読む(全308文字)

22卒 志望動機

職種: 技術職
22卒 | 東京工業大学大学院 | 女性
Q. 日本製鉄を志望する理由を教えてください。
A. A. 私が御社を志望する理由は,2つあります。
1つ目は,「鉄」という素材に魅力を感じたためです。私は「化学の力を活かして人々の生活基盤を支えたい」という思いを就職活動の軸としています。その中で御社のインターンシップを受け,製鉄業は産業やインフラを支える根幹であると強...続きを読む(全307文字)

21卒 志望動機

職種: 総合職
21卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 日本製鉄を志望する理由を教えてください。
A. A. 私は産業の根幹を支えるモノづくりがしたいと思い、御社で製鉄に関わって社会に貢献したいと思います。モノづくりの中でも特に生活や社会全体にとって必要不可欠であるものに携わりたいと思っています。「鉄」は産業の米と言われるほど、現代になくてはならない存在で、世界3位の粗鋼...続きを読む(全324文字)

20卒 志望動機

職種: 技術職
20卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 日本製鉄を志望する理由を教えてください。
A. A.
私が貴社を志望した理由は、人の生活を守ることを鉄鋼業を通じて実現できると考えたからです。私自身今まで大学受験浪人や高校での部活動など不自由なく育てられてきたのですが、それは両親や周りの大人が当たり前の生活を作ってくれたからこそだと思います。そうやって支援してくれた人々と同じように私自身も周囲の人や将来の子供の生活を守ることを、鉄鋼業という製造業だけでなく、社会全体に影響力の大きい仕事を通じて叶えていきたいと考えました。特に、日本で1位、世界で3位の粗鋼生産量を誇る貴社ならば幅広い影響力を社会に与えることが可能だと考えています。また、海外進出も盛んであることも志望した理由の1つです。入社後は、鉄の安定供給や性能向上に関わることができる操業分野である製造技術に従事したいと考えます。 続きを読む

20卒 志望動機

職種: 事務系総合職
20卒 | 一橋大学 | 男性
Q. 日本製鉄を志望する理由を教えてください。
A. A.
私が社会を土台から支えられるような仕事をしたいと考えています。その中でも素材メーカーは身の回りの様々な製品に対し幅広く素材を供給し、なおかつ世界中において技術力を背景に高い競争力をもったビジネスを展開していることから、強い関心を持っています。製鉄業はその中でも、圧倒的な規模から日本や世界の産業やインフラを支える根幹であると考えています。特に貴社は高い技術力と国内最大の生産規模を基に世界中を相手にしてビジネスを行っていること、そして貴社の社員の皆様のリーディングカンパニーとして鉄鋼産業を率いていき市場を発展させていくという使命感を知り、ぜひ私もその一助になりたいと思い、貴社を志望させていただきました。 続きを読む

エントリーシート

22卒 本選考ES

総合職
22卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. 現在取り組んでいる研究の内容と、その意義(学問的、工業的、社会的など)について具体的に教えて下さい
A. A. 高効率エネルギー利用技術として○○という○○に似た結晶を用いた新規○○の開発研究を行っています. 発電に伴うCO2排出などの環境問題対策として余剰電力を熱エネルギーとして蓄え需要増大時に使用する蓄熱技術への利用を考えています.蓄熱密度が小さい○○や氷点下での運用が...続きを読む(全197文字)

22卒 本選考ES

事務系総合職
22卒 | 明治大学 | 女性
Q. 学生時代に力を入れて取り組んだこと、また、そこから得たことについてお聞かせ下さい。
A. A. 個別指導塾の講師として、教室改革を行った経験です。当初、生徒の目標達成率は全体の4割に留まり、生徒に沿った授業を行えていませんでした。この状況を打破するため、(1)模範講師による講師のための勉強会(2)授業計画に保護者様のご意見を組み込む体制づくり、を行いました。...続きを読む(全195文字)

20卒 本選考ES

事務系総合職
20卒 | 金沢大学 | 男性
Q. アルバイト経験について簡単に教えてください。 50文字以下
A. A.
予備校でのチューターです。学習事項に関する質問対応、生徒の成績管理や進路相談などを行いました。 続きを読む

20卒 本選考ES

総合職
20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. ①あなたが学生時代に力を入れて取り組んだこと、また、そこから得たことについてお聞かせください。(200字)
A. A.
私は、個別指導塾の曜日リーダーとして退学者を大幅に減らしました。私は全ての生徒に、塾を辞めずに成績の向上を目指してほしいと思い、(1)担当生徒以外への声掛け、及び(2)宿題の出し方の改善という二点を教室の決まり事としました。 上記二点に講師全員で取り組んだ結果、教室の退学者が前年度の約半数となりました。 上記経験から、目的意識を持って周囲を巻き込む姿勢がチームとしての結果に結びつくことを学びました。 続きを読む

グループディスカッション

卒業年度
人数
時間
テーマ
 
2016卒
5人
--
鋼板の圧延工程における歩留まり率の向上のための設備改善について(電気系のみ)
詳細

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

22卒 1次面接

技術職
22卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. 研究で苦労したことは?
A. A. 測定で使用する装置が故障してしまったことと新規の物質の測定データの再現性を徹底して確認したことの2つです.装置については実験を開始したタイミングで半年近く測定不可能な状態となってしまった為,その間は自分ができる範囲での実験を継続すると共に学内の研究室と提携して装置...続きを読む(全391文字)

21卒 1次面接

総合職
21卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 夏に日立のインターンに冬にソニーのインターンに行かれているらしいですが、本社を選んだ理由は何でしょうか。
A. A. 私は就活を始めた当初、モノづくりが行いたいということで家電メーカーを見ていました。日立の研究開発部門においてはIT化に伴い機械学習やデータサイエンスに注力をしており一方で、興味のあった材料開発や半導体加工に関しては社内で衰退していました。また、ソニーは半導体のイメ...続きを読む(全379文字)

21卒 1次面接

事務系総合職
21卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 日本製鉄の赤字についてどう思うか。
A. A. アルミや樹脂などで鉄の減退はもちろん言われていることは存じ上げていますが、鉄器時代から何千年も続いてきた鉄の歴史を見ても、低価格と消費量から分かる鉄の汎用性を見ても、鉄の需要に関してはなくならないと思いますので、御社ほどの技術力があればそれほど気にする必要はないと...続きを読む(全302文字)

20卒 1次面接

事務系総合職
20卒 | 一橋大学 | 男性
Q. 日本製鉄においてどんなことをやりたいか。
A. A.
私ははじめは高炉を備えた大規模な一貫製鉄所において、生産管理の仕事をしたいと考えています。私は文系であるため、製品やそれを生産する過程について、現場に一番近い場所においてまず勉強できればと考えています。そこでは顧客への製品の安定供給によって貴社作る力を伸ばすという使命を果たしたいと考えています。その後は営業として、身につけた製品の知識を基に、顧客とコミュニケーションをとりつつ、相手の望んでいることを把握して、製品を提案していけるような営業を通じ貴社の売る力を伸ばしていくところに貢献出来ればと思います。そして長期的には、貴社が今後発展していくための新しい領域でのビジネス、例えば海外での工場の立ち上げ等に関わっていければと考えています。 続きを読む

19卒 1次面接

一般職
19卒 | フェリス女学院大学 | 女性
Q. 学生時代頑張ったこと
A. A.
アルバイトの結婚式場で、従業員の意識を高め、付加価値をつけたおもてなしを確立させたことです。流れ作業のように結婚式を進める従業員達の姿に懸念を抱いたことがきっかけでした。問題点を探ると、多くの従業員がお客様全員に同じ接客を行っていることがわかりました。そこで私は、朝礼に新郎新婦の情報と、二人の性格や好みに合わせた接客のポイントを加えることを提案しました。この朝礼を継続すると、徐々に全員の意識が結婚式を「運営する」から「作り上げる」へ変化し、新郎新婦ごとに異なるオリジナルのおもてなしが定着しました。 私はこの経験から、主体的に物事の改善を図ることで、人の意識を向上させられること体得しました。 端的に話せるようにまず最初に回答を伝え、その後エピソードを話しました。 続きを読む

内定者のアドバイス

22卒 / 東京工業大学大学院 / 女性
職種: 技術職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

複数回にわたるリクルーター面談がすべてをきめるといっても過言ではないと感じたため,1dayでもいいからインターンへ参加して,懇談会からのリクルーター面談へ...続きを読む(全202文字)

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

自分の就職活動の軸について,業界はばらけていても一貫した考えがあると納得できるような説明ができるかどうかだと思います。また,自己分析と企業研究をしっかりし...続きを読む(全107文字)

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

複数回のリクルーター面談があり,それらの内容はすべて企業側でまとめられているように思ったため,きちんと一貫した就職活動の軸をもってから挑むべきだと思います...続きを読む(全119文字)

21卒 / 東京大学大学院 / 男性
職種: 総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

「鉄」への熱意があることを伝えることが大事です。その上で、工場見学やOB訪問をすることで製鉄をある程度理解し、自分の志望理由に結びつけることが大事であると...続きを読む(全224文字)

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

早い段階から、OB訪問や見学会を通し、鉄への理解深められるかというのが大きいと思います。そうすれば、そうした経験から鉄への熱意を面接で語れますし、評価され...続きを読む(全141文字)

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

電気系の学生に対しては2回工場見学会があり、1回目の見学会と立食形式の交流会の後、評価がよければ、2回目に呼ばれる。そして2回目で社員との会食での評価もよ...続きを読む(全116文字)

21卒 / 京都大学大学院 / 男性
職種: 技術総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

国内では斜陽産業と呼ばれる鉄鋼メーカーです。社内の社員の方々も当然意識していることで、それを承知で入ってこいという感じなので、強い意志がみられているように...続きを読む(全297文字)

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

研究内容に関する質問は、核にふれるような質問から、知らんがなと思うような質問まで様々なものが飛んできます。(知らんがなと思った質問は例えば、その研究に使わ...続きを読む(全243文字)

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

私はOBOG訪問を三回行いました。現場系、品質管理系、研究系の部門ごとにリクルーターの方が場を用意してくださって私一人対3~4人の社員の方で行いました。私...続きを読む(全240文字)

21卒 / 東京工業大学大学院 / 男性
職種: 総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

理系大学院生としては、研究に真面目に向き合うことが何より大事だとかんじた。研究面談は40分に渡りひたすら質疑応答が繰り返されるため、背景や自分が何を工夫し...続きを読む(全218文字)

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

理系大学院生であれば研究に対する理解度が最も重要。普遍的なところでいうと、自分のやりたい仕事が鉄鋼でなければならない志望動機でないと、選考中に他の業界を進...続きを読む(全153文字)

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

選考ルートがあまりに不透明で、大学や学科によっても選考回数やフローが異なる事は注意したほうがいいと感じた。また、工場見学のあとには懇親会が開かれるが、そこ...続きを読む(全122文字)

閉じる もっと見る

内定後入社を決めた理由

21卒 / 京都大学大学院 / 男性
職種: 技術総合職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

味の素株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

今現在、鉄鋼業界は国内国外でかなり厳しい状態が続いている。しかし、まだ先進国と言えるような国やこれから成長していくであろう国々のシェアを獲得することができ...続きを読む(全274文字)

21卒 / 東京工業大学大学院 / 男性
職種: 総合職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

川崎重工業株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

もともと日本製鉄が第一志望だったので特に入社を迷ったわけではないが、選考中にOBのかたから非常によく面倒をみてもらった事や入社後の配属に対し自分の希望が通...続きを読む(全238文字)

20卒 / 一橋大学 / 男性
職種: 事務系総合職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

株式会社神戸製鋼所

2
入社を決めた理由を教えてください。

神戸製鋼所と日本製鉄を比べた上で後者を選んだ理由は、やはり国内での立ち位置の差という点が一番である。生産規模も会社の規模として数倍の差があり、影響力にも歴然たる差がある。仕事面としては神戸製鋼所は全体的にまったり目、日本製鉄はバリバリであり、給与待遇もそれに比例して違ってくる。個々人でどちらが良いかは考え方の違いであるが、私は後者のほうが自分の性分にあっていると考えたため、日本製鉄への入社を決めた。

続きを読む
19卒 / 長崎大学大学院 / 男性
職種: 技術職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

日本電産株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

私が日本電産より新日鐵住金を選んだ理由としては、人々の生活の基盤を支える仕事をしたいという思いを強く持っており、その思いを実現できるのは、鉄を作るという生活の基盤を支えている。さらには、壮大な工場を持っている新日鐵住金のほうが良いと思い入社を決めました。さらに、福利厚生の面や、これからの産業を考えたときに、昔ながらの企業で日本電産に比べ大規模である新日鐵住金のほうが安心して働けると感じ入社を決意した理由の一つです。

続きを読む
閉じる もっと見る

日本製鉄株式会社の選考対策