Img company noimage

東京海上日動火災保険株式会社

  • 3.8
  • 口コミ投稿数(1110件)
  • ES・体験記(174件)

東京海上日動火災保険株式会社のインターン体験記

2019卒 東京海上日動火災保険のレポート

卒業年度
  • 2019卒
開催時期
  • 2017年08月
コース
  • 営業同行
期間
  • 5日
参加先
  • 岡谷鋼機
  • ニトリ
  • アークシステム
  • ベクトル
  • ライブレボリューション
  • 東京海上日動火災保険
  • 損害保険ジャパン日本興亜
  • 三井住友海上火災保険
大学
  • 明治大学

インターンシップ参加前

インターンに参加した理由を教えてください。

就活のことがなにもわからない時に、アルバイトの先輩に「マリンは良い会社だよ」と勧められたのがきっかけ。損害保険がなにをしているのかあまり想像もつかなかった...

受ける為に準備したこと、また合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップを受ける為の準備の具体的な内容を教えて下さい。

選考フロー

書類選考 → webテスト・SPI

インターンシップの形式と概要

開催場所
三番町ビル(九段下)
参加人数
14人
参加学生の大学
帝京平成、成蹊、専修、大妻女子で8割を占めていて、 GMARCHで残り2割。
参加学生の特徴
損害保険業界に必ずしも興味があるわけではない学生が多かった。控えめな学生が多かったように感じる。
報酬
なし

インターンシップの内容

テーマ・課題

「働く」上で大切なことは何か?

前半にやったこと

インターンシップの前半は、DAY1オリエンテーション、DAY2自己分析の講義、ビジネスマナー講座を行った。オリエンテーションでは、インターン生が持つべき心...

後半にやったこと

DAY3午前午後共に営業同行、DAY4午前営業同行、午後本社見学、DAY5午前営業同行、午後最終プレゼンテーションというスケジュールであった。最終プレゼン...

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

審査員の肩書

公務第二部文教公務室の社員さん

優勝特典

インターンシップを通して印象的なフィードバックは何ですか?

何事においても、「巧遅は拙速に如かず」という考えを持って行動すること。良いものを作ろうとして何日もかけるよりも、短時間で高質なアウトプットをすることができ...

苦しい・大変だと思った瞬間は何ですか?

基本的に外に出ずっぱりで、ある程度体力がないときついのではないかと思った。また、プレゼンテーションへの準備時間が極端に少なかった。日中は外、戻ってきたらす...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

損害保険会社は代理店を通して保険を売るので、代理店との関係がすごく大切であるということを学んだ。代理店の担当者が困っていること、不安に思っていることを徹底...

参加前に準備しておくべきだったこと

損害保険の歴史について基礎的な知識を入れておけば、社員さんや取引先のかたに有意義な質問をすることができたと感じた。

参加してみて企業で働いている自分を想像できましたか?

  • はい
  • いいえ

今回、多くの社員さんに営業同行に連れて行っていただき、多くの社員さんの働き方や取引先との関係の作り方について教えていただいた。5日間を通して担当してくれた...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

お会いする社員さん全員がとても謙虚でありながら、能力があり仕事ができると言動の節々から感じることができた。お会いする人全員が尊敬できるかたばかりで、このよ...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

会社の雰囲気を知ることができたという意味では、面接の際説得力を持って話すことができるかもしれないが、本選考に有利になることはない。なぜなら、人事企画のイン...

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

5日間担当してくれた社員さんにES添削やOB訪問のお願いをすることができる。また、就活のことを相談するために面談なども対応してくれた。

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい

インターンシップに参加する前に志望業界・志望企業は特になかった。漠然と決めていた条件はは、年収が30代で800万円もらえること、福利厚生が整っていること、...

このインターンへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

損害保険業界が志望業界に急上昇した。また、就職活動の軸が一つ増えた。損害保険の「挑戦を支える」側面に誇りを持っている社員さんとお話しし、私もその面に大変魅...