2017卒 商船三井 海上職の通過ES(エントリーシート) No.8472

業界:
水運
本社:
東京都
従業員数:
300人以上1千人未満
URL:
http://www.mol.co.jp/
通過
企業名: 商船三井/コース・職種: 海上職

2017卒 津田塾大学 学芸学部(No.8472)

Q

所属ゼミで学んでいること

A

私は人を救うことも傷つけることもできる扱いの難しい言語をどのように得るのか疑問に思い、新生児が母語を習得する際に持つ能力と発達段階について学んでいる。例えば生後6ヶ月で既にどの言語においても似ている音の違い(例えば...

Q

学業以外で力を入れて取り組んだこと

A

器械体操部で主将を務め、私の気持ちを丁寧に伝え部員が自ら率先して動いてくれる部になるよう努めた。当事者意識を持って部活動に積極的に参加してもらうため、部員に仕事を任せた後は信頼と感謝の言葉を伝えることに徹したことが...

Q

企業選びのポイント

A

私は一体感を大切にしながら仕事をする企業文化があることを重視している。部活動を通して人と人の間を取り持ち、一体感を持って活動することの素晴らしさを感じた。そのため、それぞれが個の力を発揮し掛け合わさることで1+1が...

Q

当社で興味のある事業、分野とその分野

A

私はできるだけ多くの人の生活や産業に必要不可欠な貨物を運びたい。特に、今後新興国の発展とともに環境に優しい天然ガスは需要が増すことが期待されるので、エネルギー分野のLNG船や海洋事業に興味がある。世界トップシェアの...

Q

長所と短所

A

長所は根気よく努力しつづけることだ。すぐに結果が出なくても動じない。高校時代、苦手な英語を克服するために基礎を定着させようと、中学の範囲に遡って問題集を復習すると決め、日割りにして毎日分かるまで徹底的に解いた。短所...

Q

『外航海運企業』、『海上社員』を志望し『商船三井』を選んだ理由

A

私が外航海運企業を志望するのは、縁の下の力持ちとして世界中に物資を届けることで地球上の少しでも多くの人の日常生活と産業振興を支えたいからだ。私は部活動を通じ、自分の存在や果たす役割が組織を下から支え、全体に厚みをも...

Q

大学生活を振り返り、最も困難であった状況について、いかに困難であったかを含めて具体的に述べ、そこから学び今後の糧として活かしていきたいこと
(【1】【2】併せて600文字以内)
【1】最も困難であった状況について、いかに困難であったかを含めて具体的に
【2】そこから学び、今後の糧として活かしていきたいこと
各設問ごとに記入、改行。各回答の頭に【1】~【2】を必ずつける。

A

【1】私は部員15人の器械体操部で初心者ながらも1年生から主将に抜擢され、初心者としての練習と主将として部の環境づくりを両立した。他大学の主将は3年生で全国大会に出場するレベルなのに比べ、私は主将に指名された重圧で...