2016年卒 中央労働金庫の選考体験記 <No.64>

業界:
信用金庫・協同組合
本社:
東京都
従業員数:
2千人以上5千人未満
URL:
http://chuo.rokin.com/

2016卒中央労働金庫のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 1次面接
内定先
  • 株式会社ニトリ
  • 株式会社日本政策金融公庫
  • 日清製粉株式会社
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

説明会(5月) → ES+Webテスト(6月) → 1次面接(7月)

企業研究

ここは支店訪問しているかが大事だという噂があった。OB訪問などを通して社員に自ら会おうとしているか、そこから志望度を測っているのかもしれない。どこの支店で...

志望動機

個人の働く人に向けた唯一の金融機関という貴庫の「独自性」に魅力を感じ。働く人々という自分に最も境遇が近い方の相談に乗れることにやりがいを感じ、また金融の力...

1次面接 落選

形式
学生3面接官1
肩書
人事
時間
30分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

話している時は目をしっかりと見て話を聞いてくれた。優しく話を聞いてくれるが、会社のことをしっかり調べてないと面接通過は難しい。金融にしては珍しく、自分のこ...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

面接官の方が優しかった。「緊張しないで」というふうな声掛けをしてくれた。基本的に各質問に対して深掘りは一回づつ、3人で30分なので実際に自分が話した時間は...

1次面接で聞かれた質問と回答

志望動機と中央労働金庫でなくてはならない理由

学生時代の個人塾での経験から、信頼関係を築きながら、相手に対して相手に会った自分なりの提案をすることに魅力を感じました。以上のことからお客様に対して自分な...

やりたいこと

貴庫に入庫したら、現状抱えている課題の一つである「労働人口の減少」に対する事業展開として「女性や若年層対象の新商品開発」に携わり、取引者を増やす取り組みを...