就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
株式会社ファーストリテイリングのロゴ写真

株式会社ファーストリテイリング

  • 3.9
  • 口コミ投稿数(1703件)
  • ES・体験記(56件)

ファーストリテイリングのインターン対策・内定直結・優遇

株式会社ファーストリテイリングのインターンの評価や当日の内容、就活への影響や参加後の感想、選考対策など先輩が実際に参加したインターン体験記の一部を公開しています。ぜひ、詳細ページにて全文を確認し、インターン対策に役立ててください。

ファーストリテイリングのインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
総合評価
4.5
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
総合評価
1.0
選考難易度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.0
自己成長
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.0
内定直結度
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.0
学生のレベル
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
テーマの面白さ
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.0
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.7
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.7

インターンの内容(7件)

22卒 冬インターン

2021年1月開催 / 1日 / WORKSHOP BY GLOBAL BRANDS
22卒 | 明治大学 | 女性
WORKSHOP BY GLOBAL BRANDS グループ課題『PLST/ LTJに新規のお客様を増やすためのデジタル施策を提案してください』

グループ課題『PLST/ LTJに新規のお客様を増やすためのデジタル施策を提案してください』として、60分程度で、話し合い、まとめ、プレゼン資料作成、発表...続きを読む(全104文字)

20卒 冬インターン

2018年10月開催 / 5日 / 総合職
20卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
世界をDisruptするようなイノベーティブな事業を立案する

初日にアイスブレイクをした後は、テーマにあった事業の立案、執行役員の講演の聴講をずっと交互に行なっていた。執行役員に対して事業案のフィードバックをお願いし、突っ込んでもらうこともあった。前半と同様に、執行役員の講演の聴講およびグループワークを繰り返し、事業案のブラッシュアップ→聴講によるインプット→役員や社員からのフィードバック→事業案を再検討、を繰り返していた。最終日に出来たところまでを資料としてまとめ、社長の前でプレゼンした。

続きを読む

20卒 冬インターン

2019年2月開催 / 7日 / Global Study Program
20卒 | 早稲田大学 | 男性
FAST RETAIRINGが情報製造小売業として世界一になるために、シンガポールでのリブランディングを実践するために最も注力することを踏まえた上で、戦力立案し、提案してください。

ブランディングに関する講義や実地調査を中心に行った。しかし、基本的には自由時間であり、どのように過ごしても大丈夫な時間であった。私達は市場調査ではなく、仮説をしっかりと立てる時間に当てた。仮説を立て、有効な施策を立てたあとはパワーポイントを徹夜で仕上げることに注力した。私達の班は大分時間がかかってしまったが、他の班は仮説検証にそれほどの時間は書けていなかった、

続きを読む

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 7日 / Global Study Program

実際の店舗業務が他の業種とあまりにもかけ離れた仕事であったので、その魅力を十分に捉えきれていなかったが、体力さえ続けば相当に魅力的な職場であるなと感じたため。また、海外で活躍する社員の話を聞くにつれ、若いうちからも手をあげ、結果をだせばちゃんと海外赴任などのチャンスが与えられると感じられたため。

続きを読む
いいえ
22卒 / 明治大学 /
冬 / 1日 / WORKSHOP BY GLOBAL BRANDS

登壇されていた方がやはり全員店長経験者であり、企業の考え方として、店長経験が必要という部分がどちらかというと志望度が下がったかなとは思っています。また、個...続きを読む(全141文字)

いいえ
20卒 / 東京工業大学大学院 /
冬 / 5日 / 総合職

志望度は上がりもしなかったが、下がりもしなかった。マイナスの要因としては、自分自身の社会貢献に対する志向性の低さや、役員の方々とのマッチングがあまり良くなかったことが、インターンシップを通して露呈してしまったことがある。プラスの要因として、アパレル業界が「感情」を大事にしていることを知って面白いと感じたことがあった。この双方を感じたため、結果的に志望度自体はあまり変わらなかった。

続きを読む
閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 7日 / Global Study Program

内定の時と同じように、インターンにかける企業の熱量やかかる金額、そして選考の多さ、残った学生の人数などを包括的に考えるとまったく優遇がないとは考えづらいため。また、メンターが自分のことをしっかりと理解しようと努めてくれるため。

続きを読む
はい
20卒 / 東京工業大学大学院 /
冬 / 5日 / 総合職

実際にインターンに参加した友人は人事との面談、執行役員との面談を複数回行なっているらしく、会社側がかなりの採用コストをかけていることから、本選考に対して有利には働くのではないかと感じている。しかし全員がそうではないことには注意したい。

続きを読む
はい
22卒 / 明治大学 /
冬 / 1日 / WORKSHOP BY GLOBAL BRANDS

学んだことを活かすことができると思います。PLST/LTJというブランドが発展途上であるという部分を実際に業務を通して学ぶことができたという部分はESや面...続きを読む(全98文字)

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 7日 / Global Study Program
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

デベロッパー・広告代理店、総合商社などのいわゆる人気業界を見ていた。中でも、「電通」や「三井不動産」などの業界トップを志望していたが、実際なんでそれらを志望していたかという問いに対して本音ベースでしっかりと話せなかった。そのためいろんな業界、業種を見た上で、吟味して判断しようと考えていた。本インターンシップもそうした理由もあり、応募した。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

「ベンチャー」「大企業」という2軸で考えるのではなく、それぞれの企業をつぶさに研究し、知ることで「ベンチャーっぽい大企業」などの面白い切り口の企業にであえるのだとわかった。そのため、自己分析をしつつ、企業・業界を選り好みせずに、幅広く見ていく方が吉なのだと感じ、そのように就活を進めるようにしている。

続きを読む
20卒 / 東京工業大学大学院 /
冬 / 5日 / 総合職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

それまでに経験したインターン・インターン選考から、IT企業の総合職・エンジニアの両方を視野に入れていた。自分はエンジニアよりも総合職としての方が市場価値が高いのではないかと感じていたため、総合職での就職をメインに考えており、中でもある程度の規模がありながらもベンチャー気質の強いリクルート・DeNA・ヤフーなどを中心に企業を見ていた。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

志望業界に対しては、自分のアパレル業界に対するマッチングがあまり良くないことを学んだため、IT業界に絞ろうという気持ちが一層強まった。しかしながら、アパレル業界特有の「感情」にリーチする商品に触れたことがかなり印象として強く残っていたため、ロジックだけでなく感情も重視する企業がないか調べ始めるきっかけになった。

続きを読む
22卒 / 明治大学 /
冬 / 1日 / WORKSHOP BY GLOBAL BRANDS
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

志望している業界は広告、人材、金融、一部大手メーカーと大学職員です。既存の商品というよりは、自分の提案を商品として企業や人の価値観を高めるということができ...続きを読む(全174文字)

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

全国勤務、店舗勤務にはあまり興味がないかなと思いました。自分がゼミで研究をしている内容が多文化共生ということもあり、人事などにも興味があるため、本社で勤務...続きを読む(全185文字)

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 7日 / Global Study Program

海外と日本でビジネスがどのように違うかを実際の現地調査や現地社員の話を通して学ぶことができた。とはいえ、結局根幹の部分は変わらず、いかにその土地を理解し、有効な施策を打てるかが明暗を分けるということを学べたことは非常に勉強になった。また、参加する学生がみな優秀でコミュニケーションを取りやすく、いい刺激になった。

続きを読む
20卒 / 東京工業大学大学院 /
冬 / 5日 / 総合職

ファーストリテイリングが想像以上に先進的な事例に取り組んでいたことを知れたこと、優秀な社員や役員から直接フィードバックを受けられたことについては、参加してよかったと感じた。また、アパレル業界に対する知識も、オシャレを気にするだけの日常の比にならない程のインプットを短期間で得られたのも、とても有意義であった。

続きを読む
22卒 / 明治大学 /
冬 / 1日 / WORKSHOP BY GLOBAL BRANDS

PLST/LTJについてあまり想像つかないということが解消されたなと思いました。
データではわからないことを実際に話を聞くことでわかる部分が多いなと感じ...続きを読む(全188文字)

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 7日 / Global Study Program

最終日に向かうにつれて時間がなくなっていったため、時間をどのように利用するかの議論は終わらなかった。特に最終日は2時間睡眠でパワーポイントを仕上げたため、気持ちの余裕がなくなっていたほか、発表に対する準備を満足にできなかった点が非常に苦労した。時間の有用な使い方が非常に求められているといえる。

続きを読む
20卒 / 東京工業大学大学院 /
冬 / 5日 / 総合職

自分があまり詳しくなかった「アパレル」のドメインでの事業立案は、事例のインプットから始めなければならないため、やはり大変であった。 更に、今回のインターンでは実現可能性もかなり重視されており、現実的な競合対策や事業拡大のロードマップを考えるのが大変だった。

続きを読む
22卒 / 明治大学 /
冬 / 1日 / WORKSHOP BY GLOBAL BRANDS

グループワークの時間が短い中でやることが多かったということと、今回のPLST/LTJ共に、ターゲット層が、私たちよりも少し上の世代であるということもあり、...続きを読む(全125文字)

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 7日 / Global Study Program

「プレゼンで数字を使うときは絶対的に固定なものであるから、その使い方は十分に注意しなければならない。」とフィードバックを受けたこと。いかに数字を有効なものに見せるかは非常に大事とのことであった。

続きを読む
20卒 / 東京工業大学大学院 /
冬 / 5日 / 総合職

競合対策を考えていた時にメンターから受けた、「本質を見て考えよ」とのフィードバックが印象的だった。具体的には、アパレル業界の競合他社はH&Mやしまむら、FOREVER21であると考えがちであるが、今回考えていた案がサブスクリプションモデルであったこともあり、GoogleやAmazonなどが競合になりうる、という指摘を受け、目の覚める思いであった。

続きを読む
22卒 / 明治大学 /
冬 / 1日 / WORKSHOP BY GLOBAL BRANDS

デジタル戦略を立てるだけでなく、商品のことをベースに考えること、イメージを持つことを考えるということに加えて、効果まで考えて施策を立てることができたかとい...続きを読む(全96文字)

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

22卒 冬インターン
WORKSHOP BY GLOBAL BRANDS グループ課題『PLST/ LTJに新規のお客様を増やすためのデジタル施策を提案してください』
選考フロー :
  • エントリーシート
実施時期 : 2021年1月開催 / 期間 : 1日間 / 職種 : WORKSHOP BY GLOBAL BRANDS

参加人数 : 30人

参加学生の大学 :

参加学生の大学はわかりませんでしたが、同じ大学の友人も参加していたため、レベルとしてはやはりMARCH以上が多いのではないかという印象です。

インターンシップへの参加が本選考でも有利になると思いましたか? : はい

20卒 冬インターン
世界をDisruptするようなイノベーティブな事業を立案する
選考フロー :
  • 応募
  • 最終面接
実施時期 : 2018年10月開催 / 期間 : 5日間 / 職種 : 総合職

参加人数 : 15人

参加学生の大学 :

東大が4割、京大が3割、慶應1割、その他国公立(東北大・東工大・一橋大)1割

インターンシップへの参加が本選考でも有利になると思いましたか? : はい

20卒 冬インターン
FAST RETAIRINGが情報製造小売業として世界一になるために、シンガポールでのリブランディングを実践するために最も注力することを踏まえた上で、戦力立案し、提案してください。
選考フロー :
  • エントリーシート
  • WEBテスト
  • グループディスカッション
  • 1次面接
  • グループディスカッション
実施時期 : 2019年2月開催 / 期間 : 7日間 / 職種 : Global Study Program

参加人数 : 50人

参加学生の大学 :

シンガポールでは、東大3人、早稲田2人、慶應2人くらいで、幅広い学歴の人たちをとっている印象を受けた。

インターンシップへの参加が本選考でも有利になると思いましたか? : はい

インターンES

22卒 インターンES

WORKSHOP BY GLOBAL BRANDS
22卒 | 明治大学 | 女性
Q. 「あなたが30歳の時に、どのような服を着て過ごしていたいと思いますか?またその理由をお聞かせください。」(500文字以内)
A. A. 私が30歳の時に着ていたいと考える服は、周りの環境や年齢が変化しても、私が率直に「着たい」と思う、「私らしさ」を表現できる服です。
私は四季折々の色にこだわりを持って服を選んでいます。例えば、夏には清涼感のある青や水色の服を、秋は紅葉に合わせたオレンジや茶色とい...続きを読む(全496文字)

21卒 インターンES

総合職
21卒 | 北海道大学 | 男性
Q. 自分が関心あるテーマに関して自由にお書きください
A. A.
取り残される離島「北海道」 私の関心があるテーマは「なぜ北海道大学における道内占有率が下がってきているのか」ということである。このテーマに関心を寄せた理由は塾講師をやっていて北海道の教育の「異様さ」に気づいたからである。具体的な考察に入る前に私の経歴について少し触れる。私は札幌で生まれ地元の公立の小学校、中学校へ通っていた。そして高校は道内2位の進学校であり、北海道大学進学数日本一を誇る○○高等学校へ進学した。そして北海道大学法学部に現役で入学するに至った。北海道の高校は「東西南北」と称される高校が圧倒的な北大、道外難関大学のシェアを勝ち取っていて、その下に位置している高校は北大進学数を伸ばせずにいる背景がある。では、なぜ北海道の高校生が本州の高校生に負けて北大の道内シェアを勝ち取れなくなってきているのか。その理由は学生をまるで北海道のために人生を捧げるよう設計された教育システムである。北海道の公立中学校は内申制度が設けられている。この内申制度は中学校の成績によって点数が決まり、公立高校の受験をする際に当日の試験の点数より、内申点が高く反映される。一見この制度は三年間の努力を反映するものに見えるが、判断基準は各教員の裁量に委ねられており、各学校によって判断基準が異なる不公正なものである。つまり教員が絶対的な影響力をもってしまうのである。これは教員を選ぶことのできない生徒にとっては酷なシステムであり、学校に従わなければいけないという強制力を生み出してしまう。内申点が足りず、実力のある生徒が進学校に合格できなかった生徒を何度も見てきた。そして高校によって教育レベルにかなり差があり、上位大学への進学実績が低い高校こそ中学までの「教員ファースト」な教育を踏襲する傾向にある。そしてその教員は北海道教育を受けており、まさに北海道教育の思想が強く根付いている。これが、北海道の教育が遅れる原因であると私は考える。 続きを読む

21卒 インターンES

GU⁻disrupter(秋インターン)
21卒 | 東京大学 | 男性
Q. 自身の関心があるテーマについて「貴方独自の考察」を論じてください。仮説や打ち手をあげる際は、できるだけ論拠を提示するようにしてください。(800字以内)
A. A.
実は農業は面白いって若者に伝える方法 日本農業の衰退が謳われている。農業就業人口は10年間で100万人程度減少し、総人口の2パーセントにも満たない。農業従事者の平均年齢は65歳を超え、後継ぎ不足が深刻化している。政府や地方自治体は新規就農を支援しているが、この人数も停滞している。なぜ若者の農業離れが進んでいるのか。ゼミなどを通し学生同士で話し合う中で、農業に若者が嫌う「きつい・汚い・危険」の3Kに加え、「稼げない」が合わさった「4K」とでも呼べるイメージが定着してしまっているように感じた。しかし、私はこれまで農業体験を多くし、農山村を何度も訪れて来たが、実際の農業経営は、農閑期には仕事量が比較的少なく、若者がよく求める「裁量の大きさ」も十分である。農山村の風景は美しく、汚れが伴う手作業も減っている。機械化により安全性も向上している。独自の販路を開拓して収益を伸ばしている農家も多い。このように考えると、農業の現場を見たことのない人の間でネガティブなイメージが現実以上に大きくなっているように思われる。こうしたイメージを若者に実際に農村に訪れ、農業について知ってもらうことで払拭すれば、新規就農者が増えると思われる。そして、農村を訪れさせるためには、奇抜なPRが必要だ。農村に関心がない人の目を農山村に向けさせるためには、いくら農産物の魅力や風景だけをPRしても効果が乏しく、まずSNSやメディアで注目を浴びる必要があるからだ。「ふなっしー」を利用して近年著しく知名度を上げた船橋市がその例だ。独自のキャラクターを用いる、地域全体を色彩で特徴付ける(「緑茶グリーン」を街並みに取り入れた静岡県島田市が例として挙げられる)、SNSや動画サイトを利用するなどし、若者の注目を農村に集めるべきだ。そして、農村を訪れた人には新鮮な農産物やご当地グルメを餌に農業体験を提供させ、その面白さを伝えれば良い。このような方法で農村から農業を発信していきたい。 近年、都市農村交流が盛んに謳われ、農業を全面に押し出し地域を盛り上げようとしている自治体が増えている。その一例として茶産業の盛んな静岡県島田市がある。「島田市緑茶化計画」と謳い、茶を利用したスイーツの販売などに勤しんでいる。私は島田市を訪れ、緑茶化計画が現場でどのように捉えられているかの聞き取り調査を行った。すると、現場の農家の方々からは「中途半端だ」「何をしているのかわからない」という声が多く上がった。確かに、茶製品のPRに関わっている農家は一部に限られ、市が押し出している「緑茶グリーン」は建物とポストの1つずつ適用されているに過ぎなかった。観光客も増加していない。この市の例から、私は極端な地域PRが必要だと考えた。市全体に緑色を取り入れれば、奇抜な地域として観光客は増えるだろう。 続きを読む

インターン面接

20卒 冬インターン 最終面接

2018年10月開催 / 5日 / 総合職
20卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. 学生時代に力を入れたことを教えてください。
A. ARのコミュニケーションゲームの開発をし、学園祭での展示を行なった他、国際学会でも展示し賞を受賞した。 彼女が出来ずに悩む大学生が「ならば物理的に作ってしまおう」と考えたことで始まったプロジェクトであり、学内の有志7人でAR(拡張現実)技術で現実世界に投影されたバーチャルの女性キャラクターとコミュニケーションできるコンテンツを開発した。 自身はチーム内唯一の共学出身だったことから、コンテ...

20卒 冬インターン 1次面接

2019年2月開催 / 7日 / Global Study Program
20卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. チームで発揮される自分の強みを教えてください。
A. 【1】苦手な分野にも果敢に挑戦して、結果を出そうと周りを鼓舞して努力を継続できること。【2】チームの架け橋となり、チームの成果を最大化できること。の2つを話した。その中でその2つの繋がりがあまり見えないと言われたので、「1を聞いて10を知る人と10を聞いて1を知る人がいるとして、個人で努力を続けているので、双方の気持ちを汲んで、その2人をつなげられるような役割」と話したら、納得していただいた。

株式会社ファーストリテイリングの会社情報

基本データ
会社名 株式会社ファーストリテイリング
フリガナ ファーストリテイリング
設立日 1963年5月
資本金 102億7400万円
従業員数 55,610人
売上高 2兆1329億9200万円
決算月 8月
代表者 柳井 正
本社所在地 〒754-0894 山口県山口市佐山10717番地1
平均年齢 37.7歳
平均給与 963万円
電話番号 083-988-0312
URL https://www.fastretailing.com/jp/
NOKIZAL ID: 1130441

株式会社ファーストリテイリングの選考対策