Img company noimage

株式会社富士経済

  • 3.2
  • 口コミ投稿数(73件)
  • ES・体験記(5件)

2017年卒 株式会社富士経済の本選考体験記 <No.1663>

2017卒株式会社富士経済のレポート

年度
  • 2017年度
結果
  • 最終面接
内定先
  • 富士経済
大学
  • お茶の水女子大学大学院

選考フロー

説明会(5月) → ES(6月) → 1次面接+筆記試験(6月) → 2次面接(7月)

企業研究

マーケティングリサーチ会社でも質的調査、定性的調査を専門としているため、どのような調査・報告書を商品として出しているのかを知ることが必要である。そのため、説明会の話をきちんと覚えておくことは非常...

志望動機

定性的調査では、定量的調査では見えない部分や外れ値として取り除かれてしまう部分を見ることができます。そういった点で、富士経済では、この定性的調査を用いたマーケティングリサーチを用いて、そのような...

1次面接 通過

形式
学生 5 面接官 3
面接官の肩書
人事2名/富士経済/キメラから名
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

定性的調査の調査員であるため、人の話を聞く力や質問力を見られているように感じた。グループ面接のため、他の子が話しているのを聞いているのか、自分のことで頭がいっぱいではないかという点も見られている...

面接の雰囲気

はっきりとした回答をもとめられていたが、圧迫ではなかった。人事部の面接官が比較的物腰柔らかであったため、答えやすかった。

1次面接で聞かれた質問と回答

定性的調査をするうえで気を付けておくことを教えて下さい。

定性的調査は、つまりインタビュー調査であり、必ずしも聞きたいことが聞けるわけではないということに注意します。そうでなければ、回答を意図的に捜査してしまうことにつながりかねないため、聞き役に徹することを心がけます。また、相手の貴重な時間をいただくため、あらかじめの予備知識を頭に入れておくことと、...

入社したら、どういった分野の調査をしたいのかを教えて下さい。。

私は、「医療・ヘルスケア」に興味があるため、それらの分野について取り組みたいと思います。また、その中でもとくに最近よく話題になる「ジェネリック医薬品」に関する調査に携わりたいと考えています。その理由は、医療費の増大が昨今の社会問題となっている今、ジェネリック医薬品をその解決策の1つとして掲げて...

最終面接 落選

形式
学生 1 面接官 3
面接官の肩書
役員2名/人事1名
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

覚悟や入社後の働きについて、明確なヴィジョンをもっているかについてとわれているように感じた。特に、調査をするうえで、大切にしたいことやどういった調査をしたいのかなどは1次のときとあわせて尋ねられ...

面接の雰囲気

ESや前回の面接の内容、筆記試験について尋ねられた。強面の人が多かったが、話し方などは優しかったため、リラックスできた。

最終面接で聞かれた質問と回答

人の話を聞くうえで大切にしていることを教えて下さい。

インタビューを含めて、普段から人の話を聞く機会を大学院生活で多く得ており、そのなかで私が大切にしていることは目を見ることと相槌を打つことであります。目を見ることは、相手に自分が関心を持っていることを示すだけではなく、相手の様子をうかがうことにも繋がり、次の話題へ行くタイミングなどを見極めること...

マーケティングリサーチがなぜ必要であるのか。

日本のモノづくりは非常に素晴らしいものをたくさん生み出しています。それは技術者の方々の向上心や新しいものを作り出したいという願いによって支えられています。しかし、現在、日本のモノづくりは難しい状況にあります。その理由には、安い海外製品の台頭があります。よく日本のモノづくりは足し算と喩えられます...

内定者のアドバイス

内定に必要なことは何だと思いますか?

具体的にどのようなことをしたいのかを明確にしておくことが必要であり、そのためにこの会社がどのような調査を実施しているのかを確認しておくことが重要であると思う。あとは、自分の希望通りに配属というわ...

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

話好きで、的確な質問と回答ができる人を好んでいるように感じた。そのため、質問に対して、考え込んだり、回答が長いタイプよりもきっぱりとあっさりした回答をする人を求めているように感じた。何に対しても...

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

それぞれの質問には的確かつ簡潔に回答することを心がける。より聞きたければ、つっこんでくれるため、無駄は省いても問題ない。また、筆記試験が非常に特殊であるため、ニュースや時事ネタを幅広い分野につい...