就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
三井住友信託銀行株式会社のロゴ写真

三井住友信託銀行株式会社

  • 3.1
  • 口コミ投稿数(1287件)
  • ES・体験記(308件)

三井住友信託銀行の本選考TOP

三井住友信託銀行の本選考

本選考体験記(19件)

22卒 内定辞退

グローバルコース
22卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 企業研究をする際に、同業他社と比較することで、その企業の強みであったり、弱みであったり、人柄や社風などを自分の中に落とし込んでいきました。 調べた方法としては、インターンシップに参加するなど、OB訪問をするなど、ネットで調べるなどに重点を置いておりました。 ま...

22卒 内定辞退

総合職
22卒 | 中央大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. この企業はまず夏から冬にかけて3daysのインターンが何回も開かれる運びになっています。このインターンがなかなか理解度が深まるもので、絶対に参加した方がいいと思われます。内容としては個人営業からプライベートバンキング、法人営業不動産部門、など幅広いもので、信託銀行...

22卒 内定辞退

Gコース
22卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. エントリーシートが通過すると、現場社員によるリクルーター面談が設定される。そこで業務内容の理解を深めることができるため、やりがいや大変なことといった抽象的なことを聞くのではなく、事前知識を入れておいて具体的な質問をしたほうが良い。配属の比率としては特に個人TSが多...

20卒 最終面接

Aコース
20卒 | 同志社大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
たくさんあるセミナーにすべて通いました。また、3daysのインターンシップ(夏・秋・冬開催)から参加していると、早くから社員座談会に呼ばれたり、予め模擬面接をされるなどの、選考免除などもあるようです。正直なところ、事業内容が難しく、専門性も高いため、セミナーやインターンシップに参加した程度では、しっかりと業務内容を理解することはできませんので、社員の方に対してや面接官の方に対して知ったかぶりをすることはやめましょう。しかし、できる限りの企業理解は必要なので、企業ホームページのお客様向けのページを熟読しました。また、社員座談会の機会が多いですので、わからないことは徹底的に社員の方に聞くなどをして、企業研究を行うようにしていました。 続きを読む

20卒 内定入社

Gコース
20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
信託銀行に限らず、金融機関を受けるときに必ずと言っていいほど聞かれるのが、「なぜ金融なのか?」や「なぜその業種なのか(信託なら信託、証券なら証券、銀行なら銀行)」、「その中でもなぜその会社なのか」という質問であり回答を準備しておく必要がある。 これに関しては自己分析と説明会を通した企業分析のマッチング(強引でもよし)がものを言うが三井住友信託銀行の場合は、人事面談にあげてもらう前段階としてリクルーターとの面談が3〜5回(人によってはこれ以上)あり、そこで志望動機などのブラッシュアップを行って貰える。また信託ならではの広い業種についてもリクルーターの体験を通してしっかり説明して貰えるので、人事面談までに「このキャリアプランを歩んで行きたいです」と言えるようにはなる。 リクルーターが実質OBなのでOB訪問は必要ない。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

22卒 志望動機

職種: グローバルコース
22卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 三井住友信託銀行を志望する理由を教えてください。
A. A. 金融業界を志望する理由としては自分の人間力で勝負することができるからです。 ゼミ長の経験から、誰かのために行動し、他の誰でもない自分自身だからできたこととか、自分自身に感謝されることにやりがいを感じました。 だから、社会人になっても、それをやりがいとして働いて...

22卒 志望動機

職種: 総合職
22卒 | 中央大学 | 男性
Q. 三井住友信託銀行を志望する理由を教えてください。
A. A. 私が三井住友信託銀行を志望する理由は幾つかあります。一つ目に、インターンシップやリクルーター面談を通して社員の方々から「人の良さ」というものを実感させられたからでしす。通常、銀行では誠実さが大事になります。そして、それに加えて信託銀行の複雑なソリューションを理解し...

22卒 志望動機

職種: Gコース
22卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 三井住友信託銀行を志望する理由を教えてください。
A. A. 主に2点あります。1点目は、独立系としてスピード感を持ち、提案から実行まで一気通貫でお客様に寄り添える点に魅力を感じているためです。自分自身の力で、幅広い側面からお客様を支えられること、社内で連携を取っていち早くお客様のニーズに対応できる点に大きな魅力を感じていま...

20卒 志望動機

職種: Aコース
20卒 | 同志社大学 | 女性
Q. 三井住友信託銀行を志望する理由を教えてください。
A. A.
私は就職活動の軸として、「人と、しっかりと向き合う仕事をすること」「自分を成長させ続けることのできる仕事をすること」という2つを持っています。御社は、リテール業務にはじまり、しっかりと人と向き合い、お客様に対し、最良の提案を行っていると聞きました。また、メガバンクの中の信託銀行とは異なり、グループで銀行業務と信託業務を行っている点から、一人の担当者が窓口となり、社内で様々な部署と連携し、一貫したサポートをお客様に行うことができるということも魅力に感じております。更に、銀行業務・信託業務両方の幅広い業務全てに携わるチャンスがあるということから、自分自身の就職活動の軸に一致すると考え、強く入社を希望しております。 続きを読む

20卒 志望動機

職種: Gコース
20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 三井住友信託銀行を志望する理由を教えてください。
A. A.
軸に合致したこと、また働く人に魅力を感じたためです。 私の就職活動の軸は3つあり、1つ目は人に貢献できる仕事であるか。2つ目は強みである人間力を活かして主役として働くことができるか。3つ目は成長挑戦環境があるかというものです。 私はこの観点で早い時期から金融への関心があり、個人の営業で活かせるFPを取りました。勉強していてとても面白いと感じると共に、初めて信託に触れ興味本位で御社のインターンに参加致しました。そこで銀行法に縛られない幅広い信託業務、そして御社のワンストップトータルソリューションを魅力に感じました。 そして実際に就活が始まった後、リクルーターの方々にお会いして本当に学生目線で丁寧な仕事説明や親身なアドバイスを頂け改めて人の魅力を感じました。特にAさんやBさんからリテールについてのお話を受け、自分の人間性と照らし合わせて共感したと共に、やっていきたいと感じました。 自分の強みが活かせ、さらに素晴らしい人間の集まる御社で働きたいと思い志望致しました。 続きを読む

エントリーシート

22卒 本選考ES

Aコース
22卒 | 関西学院大学 | 女性
Q. これまでに最も力を入れて取り組んだこと(400文字以内)
A. A. ゼミ活動において、討論の全国大会でチームの目標であった優勝を収めることだ。4人で取り組む中で、メンバーのモチベーションに差が生じる課題に直面した。学内の模擬大会で最下位となった悔しさから、目標のため全員が同じ熱量で取り組むことが重要だと考え課題解決に取り組んだ。原...

22卒 本選考ES

エリア総合職(Aコース)
22卒 | 立教大学 | 女性
Q. ガクチカ概要(50)
A. A. チーム内の調和を保つための提案で、学内ビジネスコンテスト優勝に貢献できたことです。

22卒 本選考ES

営業職
22卒 | 南山大学 | 男性
Q. 学生時代に最も力を入れて取り組んだこと(400字以内)
A. A. 学習塾でチューターとして、担当生徒を8人、第一志望校に合格させたことです。努力量に対し、成績が上がらない生徒を志望校に合格させたいと思い、担当を持たせていただきました。週1度の面談を組み、その会話の中で、成績向上のための課題が「学習に対する計画性の無さ」であると気...

20卒 本選考ES

総合職
20卒 | 法政大学 | 男性
Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に苦労したこと、それをどう乗り越えたか?
A. A.
3年生から新たに始めたゼミ活動でのディベートです。 最初は、ゼミ生同士がお互いに遠慮し合い、議論が進みませんでした。これを乗り越えるために、ゼミ長として、ゼミ生同士の友好関係構築と、ディベートよりも相手の意見を尊重できるグループディスカッションの提案を行いました。結果として、ゼミ生は自分の意見を発言できるようになり、議論も活発化し、ディベートをした際にも、積極的に発言するようになりました。 続きを読む

20卒 本選考ES

総合職
20卒 | 南山大学 | 男性
Q. 大学時代に最も力を入れて取り組んだこと。(400文字以内)
A. A.
独学で簿記2級FP2級宅建外務員MOSの資格を取得したこと。2年次に1ヶ月間台湾に留学をした際、私の専属パートナーとなった台湾人の将来に対しての「姿勢」に感化された。帰国後自分の将来を考え、人で勝負でき様々な人、企業に直接大きな影響を与えることができる銀行員になる目標を定めた。将来的に影響力のある人になるために自分自身の付加価値を高めていく必要があると思い資格取得を決意。「何としても銀行員として活躍したい」という想いを胸に周囲に流されず、1年間、平日は3時間、休日は5時間は必ず机と向き合った。不明点は知恵袋を使ったり教授に直接聞きに行く等の努力もした結果、最後までやり切ることができた。この経験で物事に対して向き合う姿勢や集中力がより磨かれたと感じたため、目標を持って励むことで人は成長できることを心から実感し、目標を持つことの大切さを学んだ。社会人になっても常に目標を立て向上心を忘れません。 続きを読む

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

22卒 1次面接

グローバルコース
22卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 自分の強みを教えてください。
A. A. 私の強みは自分に課したルールを徹底する規律力です。私はこの強みを柔軟に活かし、数々の困難や挑戦を乗り越えてきました。初めて発揮したのは小学生時代、ダイエットに挑戦したことです。毎日のランニング、筋トレ、食事制限、お菓子の禁止を徹底し、1年間で体脂肪率を15%落とし...

22卒 1次面接

総合職
22卒 | 中央大学 | 男性
Q. 金融業界を志望する理由を教えてください。
A. A. 私が金融業界を志望する理由は2点あります。一つ目に、私自身が学生時代に政策提言をし、また生徒会でお金を管理して居た経験から、金融、そしてお金の大切さを深く実感したからです。高校の生徒会では部活ごとに予算の管理を担当しており、それぞれの過去の実績と今後の方針からお金...

22卒 1次面接

Gコース
22卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 学生時代に力を入れたことを教えてください。
A. A. サークルで1年間〇〇名のチームのリーダーを務め、公演を成功させたことです。私は〇年間メンバーとして活動してきて、指導がリーダーからの一方的なものになってしまうことを改善したいと思っていました。そこで私は週に一度、サークル員と個別に話し合う時間を設けました。 これに...

20卒 1次面接

総合職
20卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. なぜ理系で銀行を目指すのか。
A. A.
自分の原体験からくる興味と出来るだけ多くの人の役に立ちたいという自分の希望が合致するところが金融、とりわけ銀行だと考えているから。お金は誰しもが必ず持っているもので、それに起因する形で銀行は社会基盤を形成するある種のインフラ的役割を有している。幅広く価値を提供するには、こういった社会の根幹を担うような企業で働くのがベストだと思う。また、近年理系人材は金融機関での需要が高まっているという話も耳にして、活躍できるフィールドが十分に広がっている点も魅力の一つだ。将来的にはこれまでのビジネスの在り方を大きく変えていかなければならなくなると予見されるが、そこでこれまで培ってきた理系的素養を活かすことが出来れば、今の自分の希望が叶うことになる。 続きを読む

20卒 1次面接

Aコース
20卒 | 同志社大学 | 女性
Q. 学生時代に頑張ったことはなんですか
A. A.
私はドラッグストアのアルバイトにて、お客様とのコミュニケーションに力を入れる事により、店舗の売り上げを地区内1位とし、売上を1.5倍にするという結果を出しました。私は、観光地付近の駅構内にあるドラッグストアにおいて勤務しております。そこで直面した問題が、言葉の通じない外国のお客様との意思疎通です。私は、言葉以外でのお客様とのコミュニケーション方法を考えました。身振り手振りはもちろん、お客さまの表情を読み取り、こちらからも何かを懸命に伝えようという姿勢をとることを心がけたところ、徐々にお客様とのコミュニケーションが行えるようになりました。加えて、中国や韓国のお客様が多いので、日本とその国々の文化の違い、挨拶程度の単語を知ることにより、お客様に対する理解を深め、お客様により満足していただけるようになったと自負しております。以上の経験より、諦めずに向き合い続けることは結果を生むと学びました。 続きを読む

内定者のアドバイス

22卒 / 同志社大学 / 男性
職種: グローバルコース
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

どの業界や企業においても、会社のことをしっかりと学び、知るだけでなく自分と結び付けてそれを相手に伝えることが出来るかどうかが内定するカギになると思います。...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

自分の考えをしっかりと相手に伝えられることだと思います。誰もが答えるようなありきたりな答えではなく、他社と差別化した回答をどのような質問に対してもすること...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

この企業はインターンシップに参加することで、リクルーター面談に呼ばれます。そのリクルーター面談を複数回重ねると人事面談に呼ばれ、内定になります。 よって...

22卒 / 中央大学 / 男性
職種: 総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

私はこの企業の内定のために必要なことは、まずインターンできちんと情報を理解したうえで、選考に臨むという事です。また、リクルーター面談は必ず日程を空けておい...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

内定が出る人の違いは、面接中に何を言われてもへこたれないという事と、きちんと自分のした事を順序立てて話すことができるかということです。それらはリクルーター...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

注意点としては、リクルーター面談であっても切られる可能性がいくらでもあるという事です。何故なら、面接であれば落ちたかどうかは分かると思うのですが、リクルー...

22卒 / 慶應義塾大学 / 女性
職種: Gコース
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

専門的な知識はなくとも、自分から積極的に情報収集を行い、社員の方からお話を伺い、自分なりのビジョンを示すことが大切だと思います。また、独立系信託銀行である...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

仕事量が多いため、それについていけるかどうかを見られている感じがした。体育会系というほどではないが、ガッツがある人は好まれる傾向にあると思う。私は分からな...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

リクルーター面談はいきなり始まるが、選考の一種なので気合を入れて臨むべき。ここで失敗すると人事面談に行かせてもらえない場合もある。インターンの倍率は銀行よ...

22卒 / 上智大学 / 男性
職種: 総合職(gコース)
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

信託銀行を志望するのであれば他の金融との差別化をしっかりする必要があると思います。特にメガバンク、三菱UFJ信託銀行との差別化は絶対必要です。多くの人がリ...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

自分自身何がしたいのか、なぜ三井住友信託銀行で働きたいのかという所をあらゆるところでアピールしなければ内定は難しいと思います。しっかりと企業研究を行い、三...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

インターンシップに参加するとほとんどの人が早期でリクルーター面談に呼んでもらえるのでインターンシップには必ず応募したほうが良いと思います。また、このリクル...

閉じる もっと見る

内定後入社を決めた理由

22卒 / 上智大学 / 男性
職種: 総合職(gコース)
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

株式会社千葉銀行

2
入社を決めた理由を教えてください。

私が千葉銀行よりも三井住友信託銀行を選んだ理由はやはり規模の大きさです。三井住友信託銀行は全国的に展開を行っていて、海外勤務をする方も少なくありません。ま...

20卒 / 慶應義塾大学 / 男性
職種: Gコース
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

三井住友カード株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

私が三井住友カードよりも三井住友信託銀行を選んだ理由としては、圧倒的に早く内定を出して頂けたことがやはり一番の要因であるが、その後のフォロー(ランチ、飲み会、役員と会う機会)が多彩であり、給与など福利厚生を毎日サイトで調べたがこちらの企業の方が優れていたため。また、人生のセカンドキャリアのことを考慮した際、カード・信販業界に身を置くよりも、多彩な事業フィールドをもつ信託銀行に身を置いた方が良いと感じたため。

続きを読む
閉じる もっと見る