Img company noimage

株式会社サカタのタネ

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(31件)
  • ES・体験記(3件)

2016年卒 株式会社サカタのタネの本選考体験記 <No.1304>

2016卒株式会社サカタのタネのレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • サンデリカ
大学
  • 玉川大学大学院

選考フロー

説明会(4月) → 1次面接+筆記試験(6月) → 2次面接(7月)

企業研究

その会社の商品について良く知ること.植物を扱う企業であることをしっかりと理解し,お客さとの信頼関係で商売が成立していることを十分に理解する必要がある.お客様は最終顧客のスーパーで野菜を買い,食べ...

志望動機

私たちの豊かな生活には欠かせない食や花の原点となるタネの持つ可能性の大きさに魅力を感じ、その力を引き出して品種として世の中に送り出せる育種という仕事に興味を持ちました。一部の地域でしか通用しない...

グループディスカッション(6名)

テーマ

新しい品種の開発とどこで誰に向けて販売するか

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

自身の発言内容に方向性や軸があるか,そしてその軸が問題解決に結びついているかなどである.限られた時間内に問題解決へと結び付けていけるかが大切で,限られた時間=限られた発言回数の中でいかにグループ...

独自の選考・イベント

選考形式

個人ワーク,1泊2日の研修

選考の具体的な内容

・一次面接時作文・二次面接時野菜や花の播種,植え替え,簡単な交配育種の組み合わせ問題,野菜の出荷と値付け,作文,グループディスカッション,

1次面接 通過

形式
学生 4 面接官 4
面接官の肩書
営業/育種/病理/人事
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

植物へのかかわりについて,種苗会社になぜ希望しているかを聞かれました.特に,面接官の興味を惹くことが大切で,興味が持たれないと回答のチャンスがほとんどないです.初めの志望動機をしっかりと話すこと...

面接の雰囲気

初めに志望動機を述べた後は,面接官のフリー質問.気になる学生に質問を振るといったかたちで特徴的であった.たくさん質問を受ける人もいれば,数回しか回答機会が無い学生もいた.ただし,たくさん質問を受...

1次面接で聞かれた質問と回答

入社してから育種としてやりたいこと

野生種トマトについて現在研究しているため,その知識や経験を活かした育種をしていきたいです.具体的には,野生種トマトのLycopersicon pennelliiという種は葉にねばねばする物質を出しているため,こうした特徴を栽培種のトマトに導入できれば,現在問題となっているオンシツコナジラミを捕...

リーダータイプか,サポートタイプか

どちらかというと,私はリーダータイプだと思われます。私の研究室には10人の学生がおりますが、それぞれの研究に私は携わり、研究目的、計画、手法などを話し合いながら研究の方向性を決めております。私の立ち位置といたしましては、その研究の主役はあくまでも担当する学生ではありますが、個々の学生の研究をま...

2次面接 落選

形式
学生 1 面接官 4
面接官の肩書
育種3名/人事1名
面接時間
40分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

実際に働いてみることへの質問が主であった.グループワークやグループディスカッションなど,非常に多くの試験があり,多方面から個人を観察しようとしていると感じた.一般的な企業とは違い,土に触れながら...

面接の雰囲気

直前のグループワークについての感想,個人の考え方や嗜好,興味関心事について聞かれた.自己PRや志望動機など基本的なことや農業に従事していくことへの理解度を探っている感じ.雰囲気はやや重く,緊張した.

2次面接で聞かれた質問と回答

なぜ種苗業界を志望したか

種苗会社は、野菜や花などの食べ物や園芸植物に関わる仕事の中で川上に位置する業界だと考えます。これらの産業は、食文化や習慣、そして私たちの生活の根幹をなしており、お客様からのニーズを野菜や花という形で提供することのできる仕事に魅力を感じたためです。 また、大学での野生種トマトの研究をしてきた経験...

体力はあるか

中学時代から高校時まで陸上競技部に所属しておりました.種目は100mから1500m,駅伝などにも参加し,幅広い種目を経験してきました.特に専門としていた800mはスピードと持久力の両方が高い次元で求められる種目であり,練習内容も過酷でした.しかし,土日も欠かさないで日々の練習を怠らず,走り込み...