大阪瓦斯株式会社のロゴ写真

大阪瓦斯株式会社

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(197件)
  • ES・体験記(61件)

大阪瓦斯の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

15件中15件表示
男性 21卒 | 神戸大学大学院 | 女性
Q. あなたの研究内容について記入してください。(300字以内)
A. A. ○○流体が撹拌によって装置内で混合されていく○○状態を、数値解析によって可視化し、○○○○を評価する研究を行っています。○○分野において、○○○○は従来までの処方に重きを置いており、○○○○的な視点から研究があまり行われていません。しかし食糧危機、環境汚染、エネル...
Q. あなたが学生時代にエネルギーを注いだことはどんなことですか? 創意工夫したこと、挑戦したことなど、具体的にあなた自身が取った行動について説明してください。(300字以上500字以内) ※
A. A. 私は大好きな洋菓子を販売したいという夢があったため、掛け持ちをするほどアルバイトに没頭しました。大好きな洋菓子をお客様に気持ちよく買って頂くにはどうしたらよいかを考えて働きました。最も効果が大きかった工夫はお客様の年齢層や時間帯によって、接客対応を変えることです。...
Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか? (成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など)それぞれの時期について記入してください。 小・中学校時代 (200字以内)
A. A. ピアノの先生の言葉です。厳しくも尊敬する先生に褒めてもらうために、毎日1時間以上は練習しました。それにも関わらずコンクールで失敗した際、「結果が大事じゃない、頑張ったあなたは一番輝いて素敵だったよ」と褒めていただいた言葉が、次へのやる気へとつながりました。この経験...
Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか? (成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など)それぞれの時期について記入してください。 高校時代 (200字以内)
A. A. 第一志望合格に向けて浪人したことです。現役の頃問題をやみくもに解いていたことが失敗の原因であると考えたため、志望大学の過去問を夏までに一通り解き終わることを目標に毎日教科ごとに何問解くのかを計画しました。この取り組みを地道に継続した結果、夏頃D判定だった模試で、秋...
Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか? (成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など)それぞれの時期について記入してください。 大学時代 (200字以内)
A. A. 去年の春に扁桃腺を切除する手術を受けましたが、その影響で味覚障害になったことです。何を食べても味が分からず辛い時期が続きましたが、この経験からおいしく食べ物を食べることができるということが如何に幸せなことかを痛感したとともに健康の大事さを考えるようになりました。健...
Q. あなたらしい写真を表すものの説明(100)
A. A. これは笑顔が素敵な店員として選出していただき、アルバイト募集に使われた写真です。大好きな店員と大好きな商品を提供することでお客様も幸せにできるこのアルバイトのおかげで、私はたくさん成長できました。
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 東北大学大学院 | 女性
Q. あなたの研究内容について記入してください。(300字以内)
A. A. 情報漏洩防止のため割愛
Q. あなたが学生時代にエネルギーを注いだことはどんなことですか?
A. A. 大学1年から現在まで続けているカフェでのアルバイトで、お客様それぞれに喜んでいただける接客に取り組みました。最初はお客様全員に対して同じ接客をしていましたが、ある時お客様によって求めている接客が異なることに気が付きました。それからは、急いでいそうなサラリーマンには...
Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか? (成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など)それぞれの時期について記入してください。 小・中学校時代 (200字以内)
A. A. 小学6年生のときに友達3人とクラスの新聞係として活動したことです。内容、レイアウト、担当の割り振りを自分たちで行い、クラスの流行語大賞やオリジナル連載小説などの記事を作成しました。作成した新聞は教室のドアに掲示し、印刷してクラスメイトに配布していました。この経験か...
Q. 高校時代 (200字以内)
A. A. 学校の研修でニュージーランドに行ったことです。それまでに海外に行ったことがなかったため、行く前は不安もあり憂鬱で仕方ありませんでした。しかし、実際に行ってみると新しい環境の中で刺激的な日々を過ごし、最終日には帰りたくないと思うほどでした。この経験から、日本の外にも...
Q. 大学時代 (200字以内)
A. A. 研究が行き詰ってしまったことです。昨年、実験をしても思うようなデータが得られず、やる気を無くしてしまったことがありました。そこで私は、考え方を改めることにしました。それまでは、失敗することをネガティブに捉えていましたが、失敗は悪いことではなく、上手くいかないと分か...
Q. あなたらしさを表す写真の説明(100字以内)
A. A. 野球観戦中の写真です。地元の球団を応援しているので、シーズン中は月に一度は球場に足を運んでいます。特に、応援しているチームが得点したときの球場の一体感が好きで、研究生活のリフレッシュになります。
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 大阪大学 | 女性
Q. あなたが学生時代にエネルギーを注いだことはどんなことですか?創意工夫したこと、挑戦したことなど、具体的にあなた自身が取った行動について説明してください。
A. A.
私がエネルギーを注いだ経験は、講演会を主催したことです。当初の集客目標は400人でしたが、開催日時が平日の朝ということもあり、開催2週間前にも関わらず参加予定者は200人を切っていました。私はこの原因を、周知不足と講演内容が興味を持ちにくいものであるからだと考え、解決のために団体に入ったばかりの私でも出来ることを試行錯誤しました。まずは周知不足の解消のため、団体メンバー1人あたりの集客目標を設定したり、大学内外でビラを配ったり、講演会参加を大学の授業の出席としてもらうよう教授に掛け合ったり、あらゆる手を尽くしました。その結果、当日の参加者は目標の400人を大きく超え、立ち聞きの方が出るほどの反響でした。講演会までの日々は「命を燃やす」という表現が相応しいほどに忙殺され、それと同時に充実もしていました。自分で出来ることを、責任感を持ってこなしたこの経験が、学生時代で一番エネルギーを注いだことです。 続きを読む
Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか?(成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など) それぞれの時期について記入してください。
A. A.
小学4年生の時に、友人に誘ってもらった英会話教室に通い始め、英語の楽しさを知り、留学や英語学を学ぶきっかけになりました。中学時代に出会った英語の恩師の「勉強だけ出来ればいいのではない、厚みのある人間になれ」という言葉は、今でも私の生き方の指針となっています。また、中学時代、完璧主義であろうとする私に、数学の恩師に「弱さも含めて、あなたがある」と言われ、救われたことを今でも覚えています。高校は、人生で一番の挫折ともいえる浪人時代も経験しました。当初は現実を受け入れられませんでしたが、自分と向き合う時間を経て、学ぶことの楽しさや意義を改めて見つめ直すターニングポイントとなりました。浪人は「失敗」ではなく、未来の自分への投資であると気付き、それ以来、スティーブ・ジョブス氏の「点は線になる」という言葉が座右の銘になりました。また、この経験が、失敗を恐れずに積極的に挑戦する私の一面を作り上げてくれたと考えています。大学では、交換留学でイギリスに半年滞在しており、慣れない土地で初めての一人暮らしに挑戦しました。言語の壁や文化の違いに辟易し、今までに感じたことのない孤独を味わい、当初は挫ける寸前でした。しかし、ある日ルームメイトが、私の部屋のドアに“Join us if you want!”というメモを貼り、寮内のバーへ私を誘ってくれました。このメモが私を勇気付けてくれ、それ以来、言語の壁を恐れず、積極的に英語でコミュニケーションを取れるようになりました。 続きを読む
男性 20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. ①あなたが学生時代にエネルギーを注いだことはどんなことですか?タイトルをつけてください。(30字)
A. A.
個別指導塾の曜日リーダーとして退学者の削減に奔走 続きを読む
Q. ②あなたが学生時代にエネルギーを注いだことで、創意工夫したこと、挑戦したことなど、具体的にあなた自身がとった行動について説明してください。(300~500字)
A. A.
私は、個別指導塾の曜日リーダーとして、退学者の大幅な削減に貢献しました。 私の勤める塾では退学者がとても多いことが従前から問題となっていました。 私には、どの生徒にも塾を辞めることなく成績の向上を目指してほしいという思いがあったので、生徒に対するアンケートから教室内の問題点を分析し、そこから(1)担当生徒以外にも声掛けを行うこと、(2)宿題の出し方を改めることの二点を教室全体の決まり事としました。 上記二点を推し進めるにあたり他の講師に意識してもらったことは、生徒とのコミュニケーションをしっかりと図ることです。(1)はもちろん、(2)についても、生徒に合った難易度・量の宿題を出すには、コミュニケーションを通して、生徒のことを知ることが大切であると考えました。 初めは、あまり協力的ではない講師もいましたが、協力的な講師にも手伝ってもらいつつ、アンケート結果などの客観的な資料を用いて説明するなどし、講師全員で上記二点に取り組むことができた結果、教室全体の退学者が前年度の約半数となりました。 この経験から私は、目的意識を持って周りを巻き込んでいく姿勢が、チームとしての結果につながることを学びました。 続きを読む
Q. ③現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか?(成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など) それぞれの時期(小・中、高、大)について記入してください。 (それぞれ200字)
A. A.
小・中:私は、小学生時代に父の単身赴任を経験しました。私が大学生になり下宿をしている今になっても父は単身赴任をしているので、10年以上父親がいない家庭を経験していることになります。そういった家庭で育った私は、「自分がしっかりしなければならない」という思いを日々持って生活してきました。上記の経験によって、私が現在持つ強い責任感や使命感が醸成されたのではないかと考えています。 高:私は高校時代、サッカー部に所属していましたが、その部活動の顧問の先生が常々おっしゃっていた「仲間のために走れ」という言葉に強い感銘を受け、それが今でも私の中での行動指針となっています。自分のためだけでは頑張れないことでも、誰かのためであれば乗り越えられることを、私は恩師の言葉から学びました。この学びはその後、アルバイトやサークルでリーダーとして行動する際のモチベーションとなりました。 大:私は、大学3年生の6月まで弁護士を志望しておりました。しかし昨年6月の地震の際に生活インフラが滞った経験から、自らの仕事を通して一人の人を救うような仕事ではなく、様々な人へと貢献ができる仕事をしたいと考えるようになりました。そこで、自分の将来の夢を再定義し、就職活動を行うようになりました。それからはインフラ業界を中心に、幅広く社会や人々に貢献できる業種を中心に就職活動を行っております。 続きを読む
Q. ④(自分をよく表している)写真について説明してください。(100字) ※撮影時の状況やアピールポイント、この写真を選んだ理由など
A. A.
これは、フットッサルサークルの合宿において、こむら返りを起こしたチームメイトの足を伸ばしている時の写真です。困っている人を見ると放っておけないという自分の性格が如実に表れていると考えています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 大阪大学大学院 | 男性
Q. エネルギーを注いだこと
A. A.
アルバイトでのグループ店舗内順位の向上。 続きを読む
Q. エネルギーを注いだことで、創意工夫したこと、挑戦したことなど、具体的に自分がした行動
A. A.
私が2016年度ホールリーダーに就任した当初、お客様満足度はグループ店舗の中において24店舗中20位であり、月間1位を取ることが店舗目標に設定されていました。私は店長に志願し、1位のA店に研修に行きました。それによって、A店ではバイト間での意見交換を大切にしていることが分かり、私は自店舗で「気づきメモ制度」を徹底し、毎日営業後にターゲットのバイトに対し改善点を記述させることにしました。書かれたメモの中には、お客様と話す時間が短いことに対する指摘が多くありました。そこで、お客様と積極的にコミュニケーションをとるよう声掛けを行うと、追加料理のサジェストなど真の意味でのサービスが自然にできるようになりました。結果、お客様にも笑顔が増えてお客様満足度1位を獲得し、一部不満の声があった「気づきメモ制度」が今では習慣になっています。この経験から、信念に基づき行動し、やり遂げる大切さを学びました。 続きを読む
Q. 現在の自身を形成するうえで大きな影響を受けた出来事 成功・失敗、感動、出会い、環境変化、乗り越えた壁など(小中学校)
A. A.
小学2年生からサッカーを始め、6年生で県選抜に選ばれました。中学校で全国常連のクラブチームに入団するとトップチームとの実力差を感じて、初めて挫折をしました。それでも、Bチームでキャプテンを任されてチームをまとめることの難しさを実感しました。しかし、全員がトップチームを目指し、日々自分のスキル向上のために熱心に練習し、お互いをライバル意識できた環境によって日々の充実は大きいものでした。 続きを読む
Q. 現在の自身を形成するうえで大きな影響を受けた出来事 成功・失敗、感動、出会い、環境変化、乗り越えた壁など(高校)
A. A.
高校では1年生からスタメンで、2年生で副キャプテンに選抜されました。本来とてもうれしいことですが、喜びきれない自分がいました。それは周囲のサッカーに対する取り組み方です。進学校での部活であったため、短時間で勉強の息抜きとして取り組むメンバーも多く、目標に向かって取り組む中で価値観の違いが大きな障壁になるとは思いませんでした。この経験から周囲と切磋琢磨できる環境が私には必要だと考えました。 続きを読む
Q. 現在の自身を形成するうえで大きな影響を受けた出来事 成功・失敗、感動、出会い、環境変化、乗り越えた壁など(大学)
A. A.
70人規模の飲食店のアルバイトでホールリーダーを任されました。それまで、先輩から後輩まで非常に仲が良かったのですが、リーダーになり、厳しく指導しなければならない機会も増え、かわいがっていた後輩から「今川さん変わってしまったね」と言われました。まとめることは得意だと思っていましたが、全く異なる環境から集まった人々を一つにまとめることの難しさを知りました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

総合職 ジェネラリスト
男性 18卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. あなたが学生時代にエネルギーを注いだことはどんなことですか?タイトルをつけてください
A. A.
【挑戦;大学日本一達成に向けた練習環境の構築について】 続きを読む
Q. あなたが学生時代にエネルギーを注いだことで、創意工夫したこと、挑戦したことなど、具体的にあなた自身がとった行動について説明してください。
A. A.
「大学日本一」を目標に掲げ、昨年、無事達成した。特に私は、投手リーダーとして部員80人の中心で組織の運営に携わった。しかし、任命された当初は、部員が練習に集中できる環境を作れずに、「大学日本一」を目標とするチームの練習態度ではない状況であった。「これでは、勝ち上がることができない。」と考え、一人で解決を図ったが、事態は深刻化した。一人での解決は困難だと感じ、組織のために同期への相談を決心した。すると様々な意見が生まれ、実践したことは1:練習内容とその練習を行う意義を部員全員が見えるところに毎回掲示させること2:組織の目標とは別に個人の目標を明確にさせることであった。結果的には、練習態度は変わり、常に全力を尽くせる環境を構築することができた。この取り組みが大きな要因となり大学日本一を達成した。  この経験から【リーダーシップを発揮し周囲の人々と協力することによって、問題解決することの大切さ】を学んだ。そこで、自分がチームをマネジメントする立場に就いた際、リーダーシップを発揮して一人一人の強みと弱みを分析し補完し合える協調性の長けた組織を構築することに活かし、貴社の発展に最大限貢献したい。 続きを読む
Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか? (成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など)
A. A.
◆小・中学校時代 (200字以内) 【出会い】中学時代野球部の恩師である。遅刻・授業態度・服装・宿題提出と生活態度に厳しい方で、野球にしか全力を尽くさなかった私は監視下に置かれた。怒られないように生活していたが、次第にそれが「当たり前」になった。結果的には、生徒副会長、さらに文武両道で誰からにでも応援される人間になれたきっかけを作ってくださり、恩師との出会いは私の学生時代で最も大きな出来事であった。そしてこの教訓は永遠に忘れない。 .◆高校時代(200字以内)  【言葉】硬式野球部に所属し、甲子園を目指し練習に励んだ。高校三年の甲子園予選4番バッターとして出場したが、チャンスで打つことができずに、負けてしまい私を含め3年生引退を迎えた。試合後泣き崩れる私の元へ、仲間が来てくれ、「お前が打てなくて負けたのではないから」と声を掛けてくれた。その言葉で気持ちが楽になり、いつまでも落ち込むのではなく大学で雪辱を果たそうと考え、あえて強豪校に進学することを決意した。 .◆大学時代(200字以内) 【困難】入学当初から主力として活躍してきたが、2回生春に肩を故障し野球をプレーすることができなくなった。故障したことをいつまでも引きずる毎日であった。しかし「これでは何も成長できない」と考え、別の方法で勝利に貢献するため、他校を分析する係(偵察係)を創設した。以降は勝利のために尽力した。結果的に、偵察効果が大きく影響し「大学日本一」を達成し組織を成功へと導いた。この経験は今後の人生の財産になる。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 同志社大学 | 男性
Q. あなたが学生時代にエネルギーを注いだことで、創意工夫をしたこと、挑戦したことなど、具体的にあなた自身がとった行動について説明してください(タイトルも30文字以内でつけてください。)
A. A.
「関西六位のチームを日本一へ」 「今しかできないことに本気になり自分自身を成長させたい」という思いから体育会ボート部への入部を決意し、日本一になるべく滋賀にある部の寮に入り、講義のある日は早い時で朝4時前に起きて週6日早朝と夕方に2部練制で活動しています。二回生の夏に腰の故障が原因で対校艇(一軍)を降りることを余儀なくされ、いつ怪我が治るかも分からず自分自身のボート部での存在意義を問う日々が続きました。ただ途中でやめてしまえば今までの努力がすべて無駄になってしまう、「自分の決めた道を正しい道にできるのもまた自分自身である」という強い覚悟をもって入部していたことや、主将や主務が怪我で練習できていない私を戦力として認め気にかけて下さったことも励みとなり、二か月間に及ぶリハビリや漕ぎの見直し、肉体の強化(12キログラムの増量)等徹底する事ができました。このような試行錯誤の末、70人いる部員の中から勝ち抜き見事対校艇での復帰を果たし、次のシーズンでは雲の上の存在であった昨年の全日本王者である明治安田生命に勝つことができました。全力で取り組んだ部活動を通じて目標に向かって何事も徹底的に考え最後までやりきる力を獲得しました。 続きを読む
Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか?(成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など)それぞれの時期について記入してください。
A. A.
小・中学時代(200文字以内) 挫折経験:目的意識の欠如もあり二歳の時から通っていて数学は高校一年生の内容まで進んでいた学習塾を小学二年生の時に辞めた。娯楽関係が禁止されていて話題についていけなかったことや、自己中だったこと、授業の内容が分かっていて退屈だったことなどがあり、学校ではかなり浮いた存在だった。塾では「努力の天才」やいつも塾にいることから「オーナー」というあだ名が定着するぐらい頑張っていた。ただ充実はしてなかった。 高校時代(200文字以内) 受験に失敗した経験:第一志望ではない高校に入学したこともあってか、目的意識に欠け、浮ついた状態で最初の一年間を過ごしてしまった。高校二年生からは、人並みかそれ以上には勉強していたが最初の基礎が身についていなかったこともあり、最後まで挽回できなかった。この時期に事前準備の大切さや、最初の一年がいかに大切かを身をもって知ることができたことは、とても勉強になり今後の成功に繋がる過ちとなった。 大学時代(200文字以内) やっと打ち込めるものを見つけた:私が入部した時の主将が事あるごとに「ボートだけ頑張ってもだめ」とよくおっしゃっていて「何を大学時代に為せるか」を常に意識し続けた。競技以外の面でも人間として成長するために、一年以上にわたって日経ビジネスを購読し気になった部分を抜き出すなど自分なりに知見を広げることに注力した。ここで得た知識や考え方は、学業だけでなく、練習の雰囲気を良くすることや艇速の向上にも繋がった。 続きを読む
Q. 自分をよく表している渾身の写真を登録してください。(100文字以内)(皆さんとの最初の出会い。) 写真について説明してください。撮影時の状況やアピールポイント、この写真を選んだ理由など。
A. A.
二回生の時の関西選手権で、実業団の△△を最後に抜かし、銅メダルを獲得した時の写真です。優勝を狙ってはいたが、とりあえずメダルを獲得してプレッシャーから解放されほっとしている瞬間です。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 大阪大学大学院 | 男性
Q. あなたが学生時代にエネルギーを注いだことはどんなことですか?タイトルをつけてください(30文字以内)
A. A.
スタッフ一丸となってフェアカクテルの売上げ10万円の達成 続きを読む
Q. あなたが学生時代にエネルギーを注いだことで、創意工夫したこと、挑戦したことなど、具体的にあなた自身がとった行動について説明してください。(300文字以上500文字以内)
A. A.
私が学生時代にエネルギーを注いだことはレストランバーでのクリスマスフェアドリンクの売上10万円を目標にしたメニュー提案です。フェアドリンクは毎年行っていますが、売上は平均7万円程度でした。目標を達成するためにスタッフ全員が一丸となって販売促進を行うため工夫しました。お酒に詳しくないスタッフでも販売促進を円滑で説得力のあるものにするために共有スペースにカクテルの説明を書き周知しました。レギュラーメニューより手間のかかるものであったが、週末と平日で味の差が出ないように営業前にバーテンダー皆で練習しました。さらにカクテルのメニュー提案において、商品その物の質は当たり前でかつ、適当な付加価値を見つける大変さを学びました。努力の結果、目標の売上10万を達成することができました。今後はサマーフェアカクテルで今回の売り上げを超えたいと考えています。 続きを読む
Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか? (成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など)それぞれの時期について記入してください。 小・中学校時代 (200字以内
A. A.
体育祭での団長経験です。騎馬戦や棒倒しなど団体戦の競技は危険な競技であるため、退場者が出ることもありました。そのため自分のチームからは退場者を誰一人出さないフェアプレーで戦うことを指導しました。さらにチーム全員の前で戦術を指示し、チームを鼓舞することが求められました。この結果自分のチームは勝利することができました。この経験からチームで目標を達成するやりがいと人前に出て発言する度胸を学びました。 続きを読む
Q. 高校時代(200字以内)
A. A.
ラグビー部でのレギュラー獲得です。ラグビーを高校から始めた人数は少なくほとんどが経験者でした。そのためレギュラーになるためには、人一倍練習することが必要でした。朝練の前から筋トレをし、部活のない日は走り込みました。その結果、2年生の夏にレギュラーになることができました。最後の大会では弱小校ながらも60校中ベスト16になることができました。この経験から、努力すればできないことはないと実感できました。 続きを読む
Q. 大学時代(200字以内)
A. A.
サークルの参加人数を20人から50人に増加させたことです。私はオールラウンドサークルに所属し、イベントの企画を担当する副会長に抜擢されました。今まで毎年同じような企画を行っていたため参加人数があまり増えませんでした。そこで同期や後輩からサークルイベントに求めることに関して意見を聞き、イベントを開催することで参加人数の増加に成功しました。この経験からニーズを汲み取る傾聴力を学びました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. あなたが学生時代にエネルギーを注いだことで、創意工夫したこと、挑戦したことなど、具体的にあなた自身がとった行動について説明してください。
A. A.
学生時代は野球にエネルギーを注ぎ大学まで続けました。努力を継続することと仲間の大切さを学び、中学時代には全国大会で優勝することもできました。しかし大学三年時にはケガで選手を引退し、学生二軍監督として練習を企画・運営する側に転身し、チームを支えることに挑戦しました。大きな挫折となりましたが、立場を変える勇気と諦めずに挑戦する姿勢を学び、チームの中で再び活躍し組織を機能させるという経験を得ました。 選手を引退することになってまで野球部に残り、学生二軍監督に挑戦した理由は「野球人」としてチームに貢献したいというプライドがあったからです。たとえ選手としてプレーすることができなくても、今まで培ってきた野球の頭脳はチームに活かすことができると自負し、決断に迷いはありませんでした。 また日々の練習メニューの企画では、選手が飽きずにモチベーションを高く持てるように創意工夫したものを考え続けました。同じような練習でも意図や使う道具、場所、メンバーを工夫して変えることによって選手が興味を持ち、いい練習ができました。選手がイキイキと練習に取り組めるよう尽力しました。 続きを読む
Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか? (成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など) それぞれの時期について記入してください。小中、高、大
A. A.
小中  中学では全国制覇を成し遂げました。努力を継続することと仲間の大切さを学び、チームメートと掴んだ日本一は最高でした。そしてその裏には毎食の食事やユニフォームの洗濯、遠征時に車で送り届けてもらうなど、両親の献身的なサポートがありました。自分に対して期待してくれる人への感謝の気持ちを忘れず、期待に応えられるように努力したからこそ喜びはひとしおでした。 高  高校では組織の中で主力でなくても貢献できることを学びました。中学まではレギュラーとして試合に出場していましたが、高校では一球に対する集中力を買われ、代打の役割を任せられました。大事な場面で起用されることが多かったので、実際チームメートから頼りにされることも多く、レギュラーでなくても自分の存在価値を感じました。また、みんなが期待してくれているからこそ頑張ろうと奮起することができました。 大学  大学野球部のレベルの高さに自身のケガも重なり大きな挫折をしたことです。好きだった野球が辛くなってしまったこともあります。この壁を乗り越えるため、選手を引退し学生スタッフとしてチームに貢献することを決意しました。今の自分に貢献できることは何かを考え自ら転向し、学生二軍監督として任せられてからはチームに欠かせない存在となってからはチームとして取り組む野球が再び楽しくなりました。 続きを読む
男性 16卒 | 明治大学 |
Q. ●あなたが学生時代にエネルギーを注いだことはどんなことですか?タイトルをつけてください(30文字以内)
A. A.
「下っ端根性」で「質」を追求 続きを読む
Q. ●あなたが学生時代にエネルギーを注いだことで、創意工夫したこと、挑戦したことなど、具体的にあなた自身がとった行動について説明してください。(300文字以上500文字以内)
A. A.
大学のゼミナール協議会という学部公認団体で、ゼミ交流スポーツ大会や就職活動の講演会などの企画、運営をしたことです。私は、委員長として2年と3年と学年が異なる17人のメンバーをまとめ、先生方や大学事務室との連絡役を担いました。特に困難だったのは、①活動意欲の違いから、企画がまとまらないこと。②活動キャンパスが異なるため情報共有が難しかったことです。そこで私は、当事者意識を持ってもらうために、会場設営等の作業でも率先し、さらに企画担当外のメンバーにも声をかけることで、全員で取り組めるようにしました。またイベントの予定をまとめた月間カレンダーの作成や事務室からの注意事項などをまとめた引継ぎ帳の作成を提案し、担当外のメンバーにも情報共有ができるようにしました。イベント担当者以外にも徐々に協力する意識が芽生え、自分の役割以外に協力し合える体制ができました。私は皆で協力できることは、企画をこれまで以上に成功させるだけでなく、互いの信頼関係を構築できるものだと感じました。入社後、仮に困難な案件を担当させていただいても、同僚と協力する中で、粘り強く対応し、質の高い仕事をしたいと思います。 続きを読む
Q. ●現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか?
A. A.
①小・中学校時代(200字以内) 中学時代にテニス部に所属し、熱心に部活動に取り組んでいたことです。1年時はレギュラー争いにも加われないでいましたが、休日には公園で素振り練習と、足りない部分を自分なりに補っていました。結果として、徐々に実力が付き、地道ながらも取り組む姿が評価され、2年時からは試合にも出ることができました。「やりたい」と感じたものに対して、地道に挑戦する部分は、現在に通ずる部分だと感じています。 ②高校時代(200字以内) 部活動と受験勉強を両立させたことです。部活動では、1年生から試合に出場し、休日には中学生の指導を行う一方で、付属校ながらも大学受験を決意し、時間管理を迫られました。そこで、早起きを実践したり、移動時間を有効活用して勉強を行うなどして勉強時間を確保して両立を行いました。部活動と勉強の両立を通じて、その場の状況に応じて、柔軟に行動することを身につけたと思います。 ③大学時代(200字以内) 大学での学業以外にも社会との接点を持ってきたことです。その中で、私は場の状況に応じて柔軟に行動してきました。新聞社でのアルバイトは、原稿の締切時間に追われるうえ、速報が入る場合があります。作業の量が増えて忙しくなるため、優先順位付けや、上司と相談して業務を調整し、作業に遅れが出ないようにしました。社会に出てからも、お客様は勿論、同僚や先輩社員からも信頼されるよう、丁寧に業務にあたりたいと思います。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 立命館大学 |
Q. あなたが学生時代にエネルギーを注いだことはどんなことですか?タイトルをつけてください(30文字以内)
A. A.
「スキューバダイビング」 続きを読む
Q. あなたが学生時代にエネルギーを注いだことで、創意工夫したこと、挑戦したことなど、具体的にあなた自身がとった行動について説明してください。(300文字以上500文字以内)
A. A.
私が大学3年間で最もエネルギーを注いだことはスキューバダイビングです。なぜスキューバダイビングなのかというと、高校生の時の沖縄旅行の際にダイビングをしたのがきっかけで、時間がある大学時代にしておかないと後悔すると思ったからです。技能面では、初心者向けのライセンスを2012年9月に取得し、段階的にスキルが上達し、最終的には、アマチュアの最高峰であるライセンス(JAPAN CMAS RESCUE DIVER)を取得することができました。このライセンスを取得後、メキシコに1人で旅をし、セノーテという地底湖でダイビングをするという夢を達成しました。資金面では、アルバイトを掛け持ちして捻出しました。長期休暇毎に貯蓄額を設定し、時間を効率的に過ごすことで蓄えました。スキューバダイビングサークルでは後輩と幹部の間の伝達役として活躍し、飲み会、旅行の企画を中心に行ってきました。ビラ配りを積極的に行い、3年時には歴代最高の550人の会員数にすることができました。スキューバダイビングを通じて、目標を常にもち、計画的に努力することの大切さを学ぶことができました。 続きを読む
Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか? (成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など) それぞれの時期について記入してください。 ◆小・中学校時代 (200字以内)
A. A.
大きな出来事は「中学時代の怪我」です。私は陸上部に所属していました。最初は短距離が専門種目だったのですが、過度な練習により軟骨剥離を起こしてしまいました。その後は部活をやめようか考えていたのですが、これで辞めたくないと強く思い、何か自分ができることはないか考え、先生からの助言をきっかけに円盤投げに転向することができました。最後の市内大会では自己最高の4位の成績を収めることができました。 続きを読む
Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか? (成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など) それぞれの時期について記入してください。 ◆高校時代(200字以内)
A. A.
大きな出来事は「大学受験の失敗」です。その後、ブランド力があり、生徒数が多く、人脈の多様性が期待できることから立命館大学合格という目標を設定しました。まず勉強法についての試行錯誤に時間を注いだのち、中学の基礎の範囲からやり直しました。1日16時間は勉強し、偏差値を20上げ、合格することができました。必死に努力したこの経験で、ちょっとしたことでも諦めたり、へこたれたりすることが無くなりました。 続きを読む
Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか? (成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など) それぞれの時期について記入してください。 ◆大学時代(200字以内)
A. A.
大きな出来事は「メキシコ一人旅」です。 メキシコはスペイン語圏内で、観光地以外では英語が通じませんでしたが、身振り、手振り、表情を最大限に使い、積極的に自分から話かけることによって現地で友達を作ることに成功致しました。私はこの旅よって、自ら積極的に行動すること、臨機応変に考え抜き、対策することの大切さを学びました。最終的には、セノーテという地底湖でダイビングをするという夢を達成致しました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 東京大学大学院 |
Q. ◆あなたたの研究内容もしくは、これまでに印象に残った実験内容(300文字以内)
A. A.
現在政府が推進する産業振興策の主要コンセプトに「1.既存の行政区域に囚われない、2.地域間の連携を意識する」といったものがありますが、本研究では企業間取引ビッグデータを材料として、1に対して「企業位置情報のクラスタリングによる地域区分」、2に対して「1で抽出した地域クラスター同士の取引の分析によるクラスター関係の定量化」といった解析を行い、地域間取引関係を可視化しました。結果、大都市周辺地域は中心都市と取引し、地理的に孤立した地域は連携している地域が少ないといった、地域ごとの取引構造の空間的特徴が明らかになりました。本研究の意義は、各自治体の地域振興策策定にあたっての判断材料の提示です。 続きを読む
Q. ◆あなたが学生時代にエネルギーを注いだことはどんなことですか?タイトルをつけてください(30文字以内)
A. A.
インターンシップでのデータ開発マネジメント 続きを読む
Q. ◆あなたが学生時代にエネルギーを注いだことで、創意工夫したこと、挑戦したことなど、具体的にあなた自身がとった行動について説明してください。(300文字以上500文字以内)
A. A.
私は2014年6月から現在までITベンチャー企業でインターンとして働いています。会社に参画した当時、私は人流の可視化に興味があり、会社が収集していた位置情報で人流データが作れるのではという構想がありました。社長に相談してみた所、興味を持ってもらい、自由に決めていいからそのアイデアを是非実現してみようと言われました。私としても、今までにないデータを自分で開発できるという面白さを感じ、挑戦することにしました。しかし、自由な裁量の裏返しとして、設計から開発内容まで全て自分で決定していく必要がありました。私は各段階で最良の決定をしていくために幅広い知識を取り込みたかったので、周りの人に積極的に相談し、その中で開発に協力してくれる方もできました。実際の開発にあたっては、データの対象地域・期間・動画の見せ方など全て自分で提案した上で関係者と粘り強く調整しながらデータを具体化していきました。結果、皆が納得できる、そして私の想定以上のデータが完成し、周りと協力して一つの成果を上げたことに非常に喜びを感じました。このデータ開発で培ったノウハウは、会社の新たなデータ分析ツールとして現在も役立っています。 続きを読む
Q. 現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか? (成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など) それぞれの時期について記入してください。 ◆小・中学校時代 (200字以内)
A. A.
中学3年生に体験した、アメリカでのホームステイです。当初はステイ先の家族と英語で話すことに躊躇いがありましたが、それでも勇気を持って会話するうちにすぐに仲良くなりました。そして、現地の人との交流を通じて全く新しい価値観・文化に触れ合う喜びを体全体で感じました。この経験は、新しい環境でも臆することなく果敢に飛びこんでいこうという挑戦心を育み、現在の自分の糧となっています。 続きを読む
Q. ◆高校時代(200字以内)
A. A.
大学受験です。私は数学は得意でしたが英語が苦手で、なんとしても本番までに克服しなければと考えていました。そこで英語が得意で数学が苦手な友人と協力し得意分野をフォローしあうことで、お互いの苦手分野をなくす努力を続けました。結果、本番の英語試験では点数が取れたという手応えを感じ、お互い第一志望大学に合格することができました。この経験から、周囲と協力し活かせる所は活かそうという姿勢の大切さを学びました。 続きを読む
Q. ◆大学時代(200字以内)
A. A.
4年間働いていた居酒屋の接客バイトです。初期は先輩から接客マナーや業務内容をこつこつ覚えることに努めました。年次が上がり教える立場に変わり、その時は自分が身に付けてきた事を後輩へ分かりやすく教える事に注力しました。このように組織の中でも自分の役割は変化していき、それぞれの立場で求められる役割を理解し立ち回ることの重要さを学びました。この心構えは社会人になっても常に意識するべき姿勢です。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 1)あなたが学生時代にエネルギーを注いだことはどんなことですか?タイトルをつけてください(30文字以内)
A. A.
「行動力とチャレンジ精神で臨んだ大会改革」 続きを読む
Q. 2)あなたが学生時代にエネルギーを注いだことで、創意工夫したこと、挑戦したことなど、具体的にあなた自身がとった行動について説明してください。(300文字以上500文字以内)
A. A.
大学3年次に、約300名が参加する関東学生マーケティング大会の運営代表を務めました。 10数年同じ仕組みで大会が行われることから大会がマンネリ化し、参加する企業学生双方のモチベーションが低下していると感じた為、30名の運営チームを率いて大会の活性化を図りました。 具体的には「毎年特定チームが受賞している現状の改善」「企業側と学生側の意識の統一」といった目標を立てました。 達成のために学生へのアンケートや審査員の企業数社への訪問・ヒアリングを行い、現状の問題点やニーズを明確にしました。そしてアンケートやヒアリングの結果をもとに審査項目や大会構成の練り直し、賞の増設などを行いました。 結果、例年より多くのチームが受賞し、審査員の方からも「大会に新しい風が吹いた」との評価を頂くことができました。 活動を通して重視した点は自分自身が明確なビジョンを持ち、尚且つそれが偏った考え方にならないよう多様な意見に耳を傾け大会の方向性を定めていくことです。また周囲の信頼を得るためには、自身が足を動かし様々な人を訪問するなど常に言葉だけでなく行動に移すことが重要だということを学びました。 続きを読む
Q. 3)現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか?(成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など)それぞれの時期について記入してください。
A. A.
1:小・中学校時代(200文字以内) 中学3年時、キャプテンを務めていながらも、ゴールキーパーのポジションを後輩に奪われるといった経験をしました。キャプテンであることや長年レギュラーで出場し続けていたことからくる慢心が原因であると感じ、その後は練習が終わった後も走り込みなどをするなど人1倍練習に励み、レギュラーを取り返しました。この経験より、現状に満足するのではなく常に向上心を持つことの大切さを認識しました。 2:高校時代(200文字以内) 大学受験の経験。高校3年に入るまで成績があまり良くなく、現在通っている大学には到底太刀打ちできない成績でした。担任の教師からも志望校を落とすべきだとの言葉をいただきましたが、やる前から諦めるのは自分のポリシーに反すると思い死に物狂いで勉強しました。結果、現役で志望校に合格することができ、「何事もやる前に諦めるのではなく、最大限の努力を以って挑戦する姿勢」の大切さを学びました。 3:大学時代(200文字以内) 人から信頼されるにはまず自分が動く事が大切だということ。 大会の活性化という目標について、やはり円滑に行うために従来のシステムで行いたいというメンバーが数人存在した。そうした人達の心を動かすために、自らの足で企業の人や、過去の運営陣の方々にお話を伺いに行き、そこで得た情報をメンバー間で共有するということを徹底した。その上で相手の意見を聞きつつ、議論を交わす事によりメンバーからの信頼を得る事が出来た。人から信頼されるにはまず自分が動く事が大切だということ 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 学生時代に一番力を注いだこと、挑戦したことは何ですか?あなた自身が考えたこと、行動したことについて教えてください。(日本語で100字〜300字以内)
A. A.
 私はサークルでスピーチ活動をまとめる実長を務めた。主な仕事は、諸連絡、スピーチ大会の運営、であった。スピーチは、4月に行われる活動であり、1年生にとって初めてサークルと触れあう機会である。だから、私は活動を通して、サークルの雰囲気を感じてもらうことを重要と考えた。そこで、スピーチ大会のコンセプト、舞台照明、タイムテーブル作成などを同期と毎日2時間話し合い、企画書の詰めが甘い部分を指摘され挫けそうになった時もあったが、改善を何度も繰り返し、全員の腑に落とすまでやりこんで納得した。その結果スピーチ参加者が120人を超え、100年続くサークルの歴史のなかで一番参加者の多い大会にすることができた。 続きを読む
Q. なぜ海外留学をしようと考えたのですか?目的やきっかけ、留学中の目標について教えてください。(日本語で100字〜300字以内)
A. A.
 私が留学にふみきったきっかけは1年前にインドへ旅行したことである。インドの多文化、多言語、貧富の差、カースト制度などは私の価値観を大きく変え、興味を抱かせた。また、世界各地でおこる人々の体感や共感が、世界規模で伝達する時代になってきているにも関わらず、世界の実状を知らない私がこのまま成長していき社会人になっていくことに大きな疑問を感じた。だから、海外へ出て、多くの留学生と触れ合い様々な考え方や価値観に触れ合いたいと考えた。留学中は積極的なコミュニケーションをとる姿勢を貫き通し、自身の視野を広げることやどのように価値観の違う人々とわかちあうかを見出すことが目標である。 続きを読む
男性 16卒 | 慶應義塾大学 |
Q. ・あなたが学生時代にエネルギーを注いだことはどんなことですか?タイトルをつけてください(30文字以内)
A. A.
サークルに生きた男 続きを読む
Q. ・あなたが学生時代にエネルギーを注いだことで、創意工夫したこと、挑戦したことなど、具体的にあなた自身がとった行動について説明してください。(300文字以上500文字以内)
A. A.
私は200人以上が在籍するテニスサークルの一二年代表を務めた。自分の代は人数が40人と人数が少なく、イベントに活気がない事を問題視し、新入生勧誘100人を成し遂げ、サークルを活気づける事を志した。去年の勧誘の失敗理由として、大規模サークル特有の問題である、40人以上居る勧誘部員の「当事者意識」の薄さによる、勧誘出席率の悪さがあった。当事者意識を部員に芽生えさせるために以下の2つの取組をした。⑴自らが率先して、チラシ作りやムービー作りをやり、勧誘部員に自分の熱意を伝えた。⑵バラバラで勧誘する例年の方法を見直し、5人1組の班編成での勧誘にした。そうして、部員を「60人の中の1人」ではなく、「5人の1人」にすることで、1人1人の責任感を強くした。このような取り組みの結果、勧誘方針を決める全体会議では、部員が積極的に議論に参加し、様々な意見が飛び交い、全員で勧誘方針が決め、意思統一をすることができた。また、勧誘期間中部員はほぼ全員皆勤した。このような勧誘部員の行動によって、勧誘部員に「当事者意識」が芽生えたことを実感した。そして目標であった勧誘人数100人を達成することができた。 続きを読む
Q. ・現在の自分を形成する上で大きな影響を受けた出来事は何ですか? (成功・失敗体験、感動したこと、出会い、人から言われた言葉、環境変化、乗り越えた壁など)それぞれの時期について記入してください。 ・小・中学校時代 (200字以内)
A. A.
小学四年生の時に転校し、いじめられたことだ。それまでクラスの中心的なポジションであった自分にとって、ショッキングなことだった。そしてその時から、「人に認められたい。自分のいるコミュニテイーの中心的な存在になりたい。」という反発の欲が強くなった。そして、その感情は今までの自分の行動軸になっており、学生時代を通しても、自分の居たそれぞれのコミュニテイーで、人から信頼を獲得し、中心的存在になることに大きな喜びを感じる。 続きを読む
Q. ・高校時代(200字以内)
A. A.
野球部に所属し、最後の大会一か月前に怪我をし、大会に出れなくなった挫折経験だ。その後は、練習面においては球拾い、試合においては三塁コーチャーなどチームサポート役に徹した。そして大会では甲子園出場経験のある高校に大金星をあげることができた。 勝利の裏には、地道な小さな努力・サポートの積み重ねがあり、そういうある意味「裏方」的な仕事の大切さを知った。また、状況によって役回りを変える組織への適応能力を身に着けた。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
15件中15件表示