Img company noimage

テルモ株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(11件)
  • ES・体験記(9件)

テルモ株式会社のインターン体験記

2017卒 テルモのレポート

卒業年度
  • 2017卒
開催時期
  • 2014年02月
コース
  • 技術系インターンシップ
期間
  • 5日
参加先
  • テルモ
  • 経済産業省
  • 外務省
大学
  • 京都大学大学院

インターンシップ参加前

インターンに参加した理由を教えてください。

医療工学を専攻しているが、研究だけではあまり医療に関わっているという実感がなく、どのような姿勢で医療機器を開発されているのかということを知りたいと思い、、...

受ける為に準備したこと、また合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

選考フロー

筆記試験

筆記試験 通過

筆記試験の内容

Web 上で受験。特に変わった問題はなし。

筆記試験対策で行ったこと

公務員試験の数的処理対策の問題集を繰り返し解いた。

インターンシップの形式と概要

開催場所
研究開発センター(神奈川)/テルモメディカルプラネックス(神奈川)/愛鷹工場(静岡)
参加人数
30人
参加学生の大学
九州など幅広い地域の学生が集まっていた。学部生も1割~2割ほど混ざっていた。
参加学生の特徴
医療機器を開発している会社であるため、専攻は工学ながら、研究で医療系に携わっている学生がほとんどであった。
報酬
なし

インターンシップの内容

テーマ・課題

実際に医療の現場を体験する

前半にやったこと

初日は研究開発センターにて学生の顔合わせと、甲府工場の紹介があり、二日目は同場所にてデザインに関する講義およびグループワークを行った。グループワークでは課...

後半にやったこと

四日目は、静岡の愛鷹工場にて、カテーテルに使用される製品を分解したり、製品が生産されている現場を見学した。午後には工場で働く技術者の方々との座談会があった...

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

審査員の肩書

人事の方/開発事業の技術者

優勝特典

なし

インターンシップを通して印象的なフィードバックは何ですか?

医療という分野では、安全が最も大事な柱で、それに追随するものはないと思っていたが、「糖尿病の方のための、痛くない注射針」というコンセプトで開発されたナノパ...

苦しい・大変だと思った瞬間は何ですか?

二日目のデザインに関するグループワークでは、外泊時における睡眠の質を向上させるには、という課題を解決する製品を考案し、体験できるプロトタイプを製作するまで...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

想像として、医療機器の開発は安全性のためコスト削減が難しい、規制が厳しくてしたいことができないといった閉塞的なイメージを持っていたが、インターンシップを通...

参加前に準備しておくべきだったこと

最低限でも、生産している製品がどのような患者に対して、どのように用いられているかといったことを事前に勉強しておくべきだった。カテーテル事業については、五日...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

志望度が下がった理由としては、医療業界の大変さが自分には合っていないと思ったから。命に直接関わる製品として、仕方がない部分ではあるとは思うが、マイナーチェ...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

特にインターン参加者が有利になることはないのではないかと思う。自分の場合のみであるが、特にその後人事の方からは連絡がなく、就職活動が始まってからもマイペー...

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

インターン終了後、インターンを振り返る、計7問のアンケート(Excel)に答えるよう依頼されたが、その後特にマイページの案内のメール以外に連絡はない。

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい

これからの少子高齢化において、医療というのは重要なトピックであり、今後安定して成長していく業界であると思っていたので、工学の知識を生かして医療に貢献できな...

このインターンへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

医療機器の開発において、どうしても人の命に関わっている以上、慎重にならざるを得ない部分があり、その部分において自分には合っていないと思い、志望業界を変更し...