東日本旅客鉄道株式会社のロゴ写真

東日本旅客鉄道株式会社

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(2199件)
  • ES・体験記(165件)

東日本旅客鉄道のインターンのエントリーシート

インターンの通過エントリーシート

11件中11件表示
男性 21卒 | 明治大学 | 女性
Q. 当社のインターンシップ参加の目的、位置づけ
A. A. 私は将来、人々の「当たり前」を創造し支えていきたいと考えています。インターンシップでは、人々の生活に不可欠な交通インフラ、決済インフラを一手に担う貴社ならではの規模感の大きいビジネス体験を期待します。 今や多くの人々にとって、貴社の提供する安心安全な交通網や生活...
Q. 学生時代に力を入れたこと
A. A. クラウドファンディングによってできた食品事業での長期インターンシップで、営業とマーケティング業務に取り組んでいます。入社当初の店舗撤退危機を乗り越え、月間売上平均を1.6倍に伸ばしました。食事で世界の病気を減らすという大きなビジョンを掲げて立ち上がった事業ですが、...
男性 21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. インターンシップで取り組んでみたいこと、期待することは何ですか。
A. A. 私は今回のインターンにおいて,旅客業界ならではの観点から効果的な街づくりについて考え抜きたいと考えています。高校3年生の頃から駅ナカ雑貨店でアルバイトをしており,鉄道利用者や周辺住民のニーズ把握を通して,インフラと人々の生活の密着性に改めて気がつきました。しかし一...

21卒 インターンES

事務系総合職
男性 21卒 | 北海道大学 | 男性
Q. 今回Career Stationに応募した動機と当社の事業で興味がある分野、実現したい内容についてご記入ください。(400字程度)
A. A. 私が今回、貴イベントに参加を希望する理由は、鉄道インフラ企業が実現できる地域創生という在り方を、ワークを通じて理解を図るためである。興味がある分野はインフラ拡充に因る地域創生、インバウンド戦略である。私は、大学から東京を離れ、北海道に住むようになり、インフラが理由...
男性 20卒 | 首都大学東京 | 男性
Q. Career Station(体験型セミナー)を通して、学びたいこととその理由を具体的に教えてください。(400字)
A. A. 私は世界にも誇れる日本のインフラ事業を長年トップで支えている点で貴社に、そしてその中でも近年外国人観光客の増加でより重要な事業になっている観光事業に非常に魅力を感じている。私は交換留学を通じて海外に長期滞在する中で多くの日本の魅力に気づく事ができ、将来日本をより魅...
男性 20卒 | 青山学院大学大学院 | 男性
Q. インターンシップで取り組んでみたいこと、期待することは何ですか。400字
A. A. 私は日常で当たり前に使っていることに携わり、安全で安心な社会に貢献したいと考えております。そこで日常使う鉄道において、東日本という多くの人口を有する地域で事業を行なっている貴社で、安全についての考え方を学ぶことに取り組みたいと思います。私は数年前に、移動中に急ぐあ...
Q. こだわりや強い思いを持って学生時代に取り組んだこと・取り組んでいることを自由にお答えください。400字
A. A. 私の強みは課題を見つけ計画的に取り組むことです。4回生の時に所属するxx部でチームを主導する主将になりました。そこで団体戦の全国大会で結果を残したいと思いました。しかし直近の全国大会の成績は2大会連続でxx大学中x位でした。そこで何が悪かったかを考えると次の2つに...

20卒 インターンES

機械・車両・輸送系統
男性 20卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. 体験型セミナーで学びたい事とその理由
A. A. 私は将来,都市インフラ事業を通じて人々の生活を支え,より良い社会を形成するための仕事に就きたいと考えており,特に人・物を空間的に繋ぎ社会を支えている鉄道業界に魅力を感じています.人々の命を預かる鉄道は,安全な運行が大前提です.安全な運行をソフト面で直接的に支える,...

20卒 インターンES

事務職(鉄道営業・観光戦略)コース
男性 20卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 本インターンシップに対する志望理由
A. A. 貴社が東日本に持つ幅広いネットワークの繋がり、その中でも「ヒト・モノ・情報・技術」を観光開発や地方創生、インバウンド戦略に対してどのように活かし、それぞれを繋げているのか。鉄道インフラとしても地域からの信頼を得ている貴社だからこそ出来る戦略、また現場レベルではどの...

19卒 インターンES

ポテンシャル採用(輸送・車両・機械)
男性 19卒 | 明治大学 | 男性
Q. 1. 今回Career Stationに応募した理由や学んでみたい内容についてご記入ください。 (400字以内)
A. A.
 貴社の究極の安全を目指す責任感とお客様の利便性向上のためのチャレンジ精神に共感し、輸送・機械の仕事を通じて視野を広げたいからです。貴社は、輸送障害が起きた際に、並行路線を迂回ルートと設定したり、突風をより高精度で測定する「ドップラーレーダー」を鉄道会社で初めて設置するなど、安全を追及してこられました。また、相模鉄道との直通運転が予定されるなど、お客様の利便性の向上のために絶えず挑戦し続けています。一方、私もコンビニエンスストアの発注業務で、課題発見から解決まで責任をもって引き受け、お客様のニーズに合わせた発注に挑戦し、売上向上に貢献しました。インターンシップでは、社員の方々とお会いすることで、最前線で行われているプロジェクトを知りたいです。また、お客様の利便性に強い影響力を持つ輸送・機械の仕事をする上で、自らの視野を広げ、貴社に貢献できる多角的な視点を持った社員になりたいと思います。 続きを読む
男性 18卒 | 上智大学大学院 | 男性
Q. 強い思いやこだわりを持って学生時代に取り組んだこと
A. A.
私は、『自分なりのリーダーの形』を意識してサッカー部で代表を務めていました。全体で80名程の部員をどうまとめるか不安や悩みがありましたが、私が自ら先頭に立ち積極的にチームを引っ張っていかずとも、チームの進むべき方向、やるべきことを明確に示すことで優秀な仲間達の協力を得て、その上で自身の長所である視野の広さとコミュニケーション能力を活かして変化していくチーム内外の状況を察知し、細かく軌道修正をしていく『調整役』になろうと考えました。 最終的に、チームとして目標を達成し、仲間の支えもあり大きな問題もなく代表の役割を全うすることができました。私はこの経験から、リーダーシップとは他人を動かす力ではなく、自分と他人の能力を最大限に引き出せる環境を作ることで最高の結果を導く力のことなのだ、ということを学びました。 続きを読む
Q. インターンシップで取り組んでみたいこと、期待すること
A. A.
貴社の安全管理について学び、普段感じている安全がどのような仕事から生まれているのか知りたいと考えています。就業体験を通して、安全性の維持・向上、またその利便性とのバランスの見極め、そして、それらの実現のための技術やサービスの創造についての業務内容の明確なイメージを得られるのではないかと期待しております。加えて社員の方々とのコミュニケーションにより社会人としてのマナーや仕事に対する姿勢などに関しても学び,自身の今後の成長に活かすことができる材料にしたいと考えております。 続きを読む

18卒 インターンES

テクニカルマネジメントコース
男性 18卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. インターンシップで取り組んでみたいこと、期待すること
A. A.
私は、幼少期から鉄道等の乗り物に興味がありよく観察してきました。海外では鉄道遅延や事故も多いが、日本では比較的少なく、定時性及び安全性の面において特に日本の鉄道技術が優れている点に着目し、興味を持つようになりました。そこで、どのような車両のメンテナンス方法によってそれらが成し遂げられているのかを現場で生の技術に触れて、自分で見て積極的に考え、自分なりに理解することに取り組みたいと思っています。また、学んできたことがどのように社会で生かされているのかを知り、企業の社会貢献への理解を深めたいと考えています。現場に出て働くということを実感し、プロフェッショナルの仕事の魅力を発見するとともに将来の働き方について考えるきっかけになることを期待しています。 続きを読む
Q. こだわりや強い思いを持って学生時代に取り組んだこと・取り組んでいることを自由にお書きください。
A. A.
私は、中高時代、文武両道で名門大学に進学した野球部の先輩に出会った際に忍耐力の大切さを身をもって学び、努力することを信念に何事も最後まで諦めずに研鑚に励み結果を出すという忍耐力を磨くことに力を注いできました。具体的には中高時代に、野球部と学業ともに励み、継続的に努力してきました。やがて、成果が認められ「特待生」と「埼玉県私立中学高等学校協会賞」を受賞できました。また大学時代に、伝統のある男声合唱団に所属し、歌うだけでなく、主に東京六大学合唱連盟の理事を務めました。特にチケット戦略に関して工夫を凝らして自ら提案し、努力を重ねて実現させた結果、1658人という過去最高峰の集客人数を動員し、演奏面に加えて演奏会を成功に収めました。これらの経験から得られた自信を糧に今後も努力して、最高の結果を出していく姿勢を貫き続けたいと考えています。 続きを読む

16卒 インターンES

技術系総合職、研究開発、インターンシップ
男性 16卒 | 東京大学大学院 |
Q. 情熱を注いだ事※手書き
A. A.
日常の保守管理を行っていた情報委員会が猛反対するという事態が起こりました。今後の運営にも支障が出ると思い、問題の根本の解決にあたりました。両者に対して状況調査を行い、各立場の役割を明確にする会議と調整を行う事で、問題の解決とその後の円滑な運営に貢献する事ができました。 現在は人の移動に関わりたいと思い、位置情報を用いた流動解析をしている研究に取り組んでいます。国際的に標準的なデータを扱う事で、海外での応用も視野に入れています。 続きを読む
Q. インターンで取り組みたいこと、期待すること※手書き
A. A.
私は、まず鉄道輸送の現状を知り、その向上について取り組みたいと考えています。このインターンを通して大学での研究とのスタンスの違いを知る事で、今後の進路を考える材料にしたいと思います。また、ハイブリッド車両の開発や途上国への参入をはじめ多様なチャレンジを行っているJR東日本の事業戦略や社風について理解を深める事を期待しています。 続きを読む
11件中11件表示