Img company noimage

協和発酵バイオ株式会社

  • 3.2
  • 口コミ投稿数(23件)
  • ES・体験記(10件)

2017卒 協和発酵バイオ 研究職の内定ES(エントリーシート) No.9464

Img square es

17卒 本選考ES

研究職
Img human 17卒 | 東北大学大学院 | 男性
Q. 学部卒業時の卒業論文(卒論研究に着手していない方は、興味を持って調査されている内容、あるいは予定している卒業研究など)をご記入ください。 1.研究テーマをご記入ください。100字
A. A. 多様性拡大抽出物を利用した非天然型アルカロイド用化合物群の創出
Q. 2.学部卒業時の卒業論文の指導教官名をご記入ください。
A. A. 大島吉輝教授
Q. 3.学部卒業時の卒業論文の研究内容を差し支えのない範囲でご記入ください。300字
A. A. 当研究室では、構造多様な化合物を得るために、従来の天然物の探索研究と多様性指向型合成の考え方を組み合わせた多様性拡大抽出物を利用した手法を開発しています。すなわち、容易に手に入る生薬などの天然資源の抽出物に対して直接反応をかけ、得られた多様性拡大抽出物をカラムクロ...
Q. 大学院で取り組んでいる研究の内容について、差し支えのない範囲でご記入ください 1.研究テーマをご記入ください100字
A. A. 多様性拡大抽出物を利用したインドールアルカロイド様化合物ライブラリーの構築
Q. 2.大学院での指導教官名をご記入ください。
A. A. 大島吉輝教授
Q. 3・大学院での担当教官名をご記入ください。
A. A. 菊地晴久准教授
Q. 4.大学院での研究内容を差し支えのない範囲でご記入ください。500字
A. A. 卒業論文の内容を継続して行い、大学院では多様性拡大抽出物を利用したインドールアルカロイド様化合物ライブラリーの構築を行っています。インドールアルカロイドは多様な構造を有し様々な薬理活性を示すため、医薬品やそのシード化合物として有用とされています。そのため、多様性拡...
Q. 研究発表(発表論文、あるいは講演などの学会発表)があれば、発表場所(学会名あるいは投稿誌など)、発表タイトルをご記入ください。
A. A. 日本薬学会第135年会:多様性拡大抽出物を利用したインドールアルカロイド様化合物ライブラリーの創出 The 6th Japanese-Sino Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists:Develop...
Q. 自己PR(趣味、特技、セールスポイント、資格など)、あるいは将来の希望等をご記入ください。300字
A. A. 私の強みは、向上心です。 私は小学1年生から現在までの17年間、常に向上心を持ってサッカーを続けてきました。 現在は、社会人のサッカーチームに所属し、昨年よりも得点に絡んだプレーをすることを目標に練習や試合に臨んでいます。 昨年の経験から、高校生から40代ま...
Q. 部活・サークル名をご記入ください。
A. A. フットサルサークル
Q. 志望動機をご記入ください。300字
A. A. 私は、人々を笑顔にし社会を豊かにする仕事がしたいと考えています。それを実現させるためには人々に健康をもたらすことが一番必要だと思っています。貴社は、発酵の力を利用して、世界の人々の健康と豊かさに貢献しており、その発酵技術も世界トップレベルであるので、貴社で発酵の技...