Img company noimage

三井住友ファイナンス&リース株式会社

  • 3.1
  • 口コミ投稿数(87件)
  • ES・体験記(11件)

2016年卒 三井住友ファイナンス&リース株式会社の本選考体験記 <No.1080>

2016卒三井住友ファイナンス&リース株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • 損害保険ジャパン日本興亜
大学
  • 津田塾大学

選考フロー

説明会(6月) → 適性検査 → 1次+2次面接(7月)

企業研究

リース業界は学生にとっては想像しづらく、またほかのリース会社との差も理解しづらいため、面接の場でぼろがでやすいと思った。OB訪問や業界研究を通じて、どうしてリース業界を志望したのか、その中でもな...

志望動機

日本の産業に広く貢献できると考え、貴社を志望した。私は留学を通じて日本の様々な技術に興味を持った。また国際交流サークルの活動では海外の学生が日本の産業に尊敬や憧れの気持ちを持っている事を知った。...

1次面接 通過

形式
学生 3 面接官 1
面接官の肩書
営業
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

リースというビジネスモデルを最低限理解しているかということと、相手に自分の話を分かりやすく伝えることができているかが問われているように感じた。リース業界をいつ知ったか、どんなところに惹かれたかな...

面接の雰囲気

面接官の方が積極的に学生と雑談をして、いい雰囲気を作ろうとしていた。また、面接自体も一問一答ではなく、学生と会話をするように進めていただいたため、話しやすかった。

1次面接で聞かれた質問と回答

自己PRをお願いします。

「私の強みは二点あります。第一に周りを巻き込み成果を出す力です。サークルででOB会を運営した際は、関係断絶していたOBを巻き込みOB会参加人数を前年度2倍の100名としました。第二に異なるバックグラウンドの人と協働する力です。サークルで外国人・社会人という自分と異なる背景を持つ人達と約1年にわ...

リース業界のどんな点に魅力を感じましたか。

「金融でありながら、さまざまな業界に対してお金を融資するだけでない貢献ができる点に強く惹かれました。例えば、メーカーと協力することで、メーカーの販売リスクを軽減することができるなど、リース業界は金融の中でもよりwin-winな施策を打つことが可能だと考えました。また、日経メーカーが海外に商品を...

2次面接 落選

形式
学生 3 面接官 2
面接官の肩書
人事
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

質問内容から、リース業界についてきちんとした知識を持っているか、リース業界とのマッチングは高いかを重点的に評価されていたように感じる。一緒に面接を受けたほかの学生は、就活の軸とリース業界がマッチ...

面接の雰囲気

圧迫面接というほどではなかったが、面接官の内の一人は非常に論理的であり、それが威圧的に感じられるときもあった。ほかの学生が理にかなわないことを話したときは、とことん追求されていた。

2次面接で聞かれた質問と回答

就職活動の軸を教えてください。

「私は日本の産業に価値を提供し幅広く貢献できることを軸としています。私は留学やサークル活動を通じて日本の様々な技術に興味を持ち、また海外の学生が日本の産業にあこがれを持っている事を知りました。私はこれらの経験から日本の産業に誇りを持ち、広く貢献したいと考えています。」と答えた。これに対し「リー...

リース業界のビジネスを説明してください。

「リース業界は、モノを介在したサービスを提供している業界です。具体的に言えば、コンビニのレジスターや学校の椅子から航空機まで、ありとあらゆるものをさまざまな企業などに貸出し、管理の手間などを請け負っています。また、メーカーの商品をリース用として買い取ることでメーカーの販売リスクを減らすことも行...