2017年卒 東日本旅客鉄道株式会社の選考体験記 <No.1529>

業界:
鉄道業 道路旅客運送業
本社:
東京都
従業員数:
1万人以上
URL:
http://www.jreast.co.jp/

2017卒東日本旅客鉄道株式会社のレポート

年度
  • 2017年度
結果
  • 内定入社
内定先
大学
  • 東北大学大学院

選考フロー

会社説明会(3月) → ES+SPI(5月) → 1次選考(6月) → 最終選考(6月) → 内定(6月)

企業研究

企業研究を深めていくには、日経新聞などで日頃から社会の出来事に対して、常にアンテナを張り巡らせるように努め、そこで洗練された自分の意見を持つことが他の就活...

志望動機

幼い頃、志望する鉄道企業の社員として祖父が働いている姿を見て、小さい頃から鉄道に興味を持つようになった。また、その企業の説明会で働いている先輩社員の方が使...

グループディスカッション(5名)

テーマ

今後の鉄道会社の課題として充実させるべき部分はハードかあるいはソフトか/将来就職する企業を選ぶ軸

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

自分の役割をきちんと果たしながら、自分の意見をしっかり持って、グループに伝える力があるところを見られたと感じる。テーマの背景の中の根拠をもとに説得力のある...

企業独自の選考

選考の形式

クレペリン検査/鉄道総研検査/注意力配分検査

選考の具体的な内容

クレぺリン検査は簡単な和算をひたすら正確にかつ早く処理できるかが問われている試験である。/ 鉄道総研検査もクレぺリン検査と同様に正確にかつ早く処理できるか...

最終面接 内定

形式
学生1面接官2
肩書
技術系の管理職
時間
20分
通知
電話

評価されたと感じたポイント

志望動機では、その会社でなければならない理由を伝えたことが大きなポイントだと感じられた。また、学生時代に頑張ったことで特に苦労したことを聞かれ、人としてど...

最終面接を圧迫面接と感じましたか?

終始穏やかな面接であり、話しやすい雰囲気でした。ESに沿って聞かれることもありましたが、それ以外に学生の人となりをよく見ようとする姿勢が見られました。面接...

最終面接で聞かれた質問と回答

自己PR をしてください。

 学内のボート大会に研究室でチームを組み、上位入賞を果たした経験がある。私は、大学院から別の研究室に所属し、新しい研究室では親密な人間関係を築くのに時間が...

将来やりたいこと はな

車両の技術開発やメンテナンスに携わることで、鉄道を利用する全ての人々に「確かな安全・安心」を提供したい。機械工学の知識や技術を最大限に駆使することで、安全...

内定したからこそ分かること

内定後就職活動を終えるように言われましたか?

内定に必要なことは何だと思いますか?

鉄道業界を志望するにあたって、インフラの中でその会社を選ぶ理由を説得力を持って語ることができるようにすることが大事だと思う。特に、インターンシップやOB訪...

内定が出る人とでない人の違いは何だと思いますか?

自分の軸にぶれがなく、しっかりと意見を言って行動でき、なおかつ他者と協調して物事を進めるポテンシャルがある人が内定者に多いと感じられた。学生時代に他の人と...

内定したからこそ分かる選考の注意点は何ですか?

グループディスカッションと個人面接は同日で行われると思われるので、対策は万全にしておくべきだと感じる。グループディスカッションと面接で自分の人となりに矛盾...