就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
株式会社タカラトミーのロゴ写真

株式会社タカラトミー

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(294件)
  • ES・体験記(24件)

タカラトミーの本選考体験記

本選考体験記

9件中9件表示 (全3体験記)

企業研究

総合職
18卒 | 学習院女子大学 | 女性   内定辞退
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A.
OG訪問をした。質問は紙に出力して持って行った。かなり内部の話までしてくれるので可能な限り行った方が良い。説明会は、だいたい同じことしか言ってないので1回行けば十分。おもちゃ屋さんに行って、どんな商品が発売されているか、ターゲットはどんな人たちなのかを調べに行くとよいと思います。他のおもちゃ会社の選考も同時に合ったので、他社との比較で強みを見つけるのがいいかもしれないです。なぜタカラトミーなのか、ということを自分の言葉で言えるように過去の経験などでタカラトミーに入りたいと思ったきっかけを探すとよい。公式サイトやTwitterアカウントをフォローして、新商品や推している商品を把握し。どんな番組に提供しているのかも確認しておくとなおよし 続きを読む

志望動機

総合職
18卒 | 学習院女子大学 | 女性   内定辞退
Q. 志望する理由を教えてください。
A. A.
私は貴社で人々に笑顔を届ける一助になりたいと考えております。 私は所属する国際交流サークルにおいて企画職を務めておりました。日本人や留学生のニーズ、予算、準備期間など様々な条件に合わせたイベントの企画、運営に携わった経験のなかで、一つ一つのイベントにキャッチコピーを付けるなどして宣伝を工夫することで、参加者が増加した様子やイベント参加者や幹事の楽しむ姿を見て、自分の努力が誰かの笑顔につながる仕事がしたいと考えるようになりました。 貴社は子供の玩具だけではなくハイターゲット向けの玩具や化粧品を作り出しているので、子供に近い目線、女性の目線、そして母親の目線と、年齢を重ねるごとに自分の個性を活かすことができると感じ、魅力を感じております。 サークル活動で培った企画力を活かして、子供から大人まで、購入者を笑顔にさせる商品企画に貢献していきたいと考えております 続きを読む

最終面接

総合職
18卒 | 学習院女子大学 | 女性   内定辞退
Q. 子供のころはまっていたおもちゃ
A. A.
私は幼稚園の頃に、ベイブレードにはまっていました。女の子が遊ぶような人形にはあまり興味がなく、また当時は男の子の友達が多かったので、だれかの家に行ってはしょっちゅう借りて戦っていました。ある時お父さんがドラシエル買ってきてくれて、一緒に苦労して作り上げてからは毎日のように遊んでいました。自分でカスタムして作った分だけ愛着がわいて、勝っても負けても本気で喜んだり悔しがったりしていました。 ベイブレードの魅力は、ただの既製品ではなく自分流にカスタムすることで世界に一つだけのアイテムになることだと思います。また、それを競わせることでより愛着がわいていく仕組みになっているのだと感じています。子供ながらに、その魅力に取りつかれて昼夜なく遊んでいました。 続きを読む

企業研究

総合職
19卒 | 滋賀大学 | 女性   2次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A.
企業研究はホームページ、パンフレットを用いておこないました。会社の理念や社員の働き方などを主に調べていました。また、商品についての知識を得るために、ホームページで主力商品に目を通したり、実際に商品を見るために家電量販店やおもちゃ屋に足を運んだりもしました。 企業研究でやっておけば良かったことは、タカラトミーと同業他社の違いを調べておくことです。バンダイ、エポック社あたりとの違いを明確に理解しておくとよいです。また、新商品についても聞かれることがあったので、調べておくと良かったなと思いました。さらに時間に余裕がある人は、タカラトミーグループが放送に携わっているアニメなどにも目を通しておくとよいです。 続きを読む

志望動機

総合職
19卒 | 滋賀大学 | 女性   2次面接
Q. 志望する理由を教えてください。
A. A.
「新しい遊びの価値の創造」という理念に強く共感したからです。具体的には二点においてこの理念に共感しました。一点目は、新しいことにチャレンジする姿勢です。私は仕事において、自身の強みであるチャレンジ精神を生かし、世の中に新しいものを生み出したいと考えています。これまでも部活動での新しい練習メニューづくりなど、現状に満足せず新しいことに果敢にチャレンジしてきました。御社でも世の中をあっと言わせる新しいおもちゃで、おもちゃの新しい価値を創造したいです。 二点目は遊びに関わる仕事ができる点です。私が就職活動において大切にしている言葉は「楽しい」という言葉です。誰かの楽しさを生み出す仕事をし、自分自身も仕事にワクワクするといった働き方をしたいと考えています。御社は玩具メーカーで「遊び」を通して、多くの人に楽しさを提供しています。御社でおもちゃを生み出すことを通して、「誰かを楽しませたい」。これが私の究極に利己的な御社で叶えたい夢です。 続きを読む

1次面接

総合職
19卒 | 滋賀大学 | 女性   2次面接
Q. これまでの人生で一番辛かったことはなんですか?
A. A.
中学生の時、部活動の引退試合で自分の目指していたところより早い段階で負けてしまったことです。地区大会優勝を目指して毎日練習に励んでいたのですが、早い段階で負けてしまいました。原因は緊張しすぎていたことで、結果を意識しすぎるあまり肩に力が入っていたことに気づきました。負けてしまった直後は本当に悔しくて、ご飯も食べられないくらい落ち込みました。しかし、この経験から、努力するだけしたらあとは「なるようになる」と思って物事に取り組むことが大切だと気づきました。その後、団体戦があったのですが、そこでは、なるようになる精神でリラックスして試合にのぞむことができ、チームを県大会3位という今までで一番良い結果に導くことができました。 続きを読む

企業研究

総合職
18卒 | 埼玉大学 | 女性   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A.
まずはホームページでの企業研究を熱心に行うことが大事。そして、エントリーシートが通過しなければ説明化に参加することができないため、エントリーシートの質問から考えて、他社との違いなどを語るよりは自分がその会社で何がしたいのか、その会社の求めている人材としてどんな特徴があるか、を考えることが大事。競合他社との違いを研究するのは必須。かなり違う人選をされているので、どんな人物を欲しており、この会社で自分はどんなことができるのかしっかり考えておかなければならない。説明会では、とても詳しいパンフレットや企業説明書がもらえるので、わたしはそれを読み込んで面接などに活用していた。とてもわかりやすく、楽しんで研究できた。 続きを読む

志望動機

総合職
18卒 | 埼玉大学 | 女性   1次面接
Q. 志望する理由を教えてください。
A. A.
わたしは、幼いころから人を笑わせることがすきでした。小学生の時はお笑いがすきで、漫才係でクラスのみんなを笑わせていました。たくさんの笑顔を生み出す、大好きなディズニーランドで働く夢も叶えることができ、目の前でお客様が笑顔になる瞬間に幸せを感じています。「好き」はわたしの原動力。自分の「好き」を人の「笑顔」に変えたい!!!「笑顔」を作る手段として、形に残るおもちゃなら、より多くの、世界中の人の目に触れることができ、何年経っても変わらず、「物」としても「記憶」としても人々の笑顔を作ることができると思います。末永く愛されるおもちゃを生み出し、世界中の人々、そしてわたしの夢を叶えることができる御社を志望します。 続きを読む

1次面接

総合職
18卒 | 埼玉大学 | 女性   1次面接
Q. 当社のおもちゃであそんだことがありますか。
A. A.
もちろんあります。わたしは、東北出身で、何度もリカちゃんキャッスルに足を運んだことがあり、リカちゃんが大好きでした。幼い頃、リカちゃんで遊ぶたびに、わたしの願望をリカちゃんが叶えてくれました。かわいい洋服を着たり、ボーイフレンドと遊んだり。また、母はわたしにリカちゃんの洋服を作って与えてくれ、これはわたしと母の絆が深まるきっかけになったと考えています。また、最近では、叔母が子どものためにリカちゃんの洋服を作ったり、髪の毛をアレンジさせて、それを写真に撮って楽しんでいます。おもちゃを子どもと一緒に親も楽しめ、子どもと同じくらい夢中になれる「おもちゃ」を生み出す御社は素晴らしいと改めて感じました。 続きを読む
9件中9件表示 (全3体験記)