Img company noimage

アイアンドエルソフトウェア株式会社

  • 3.0
  • 口コミ投稿数(42件)
  • ES・体験記(1件)

2016年卒 アイアンドエルソフトウェア株式会社の本選考体験記 <No.1457>

2016卒アイアンドエルソフトウェア株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 内定入社
内定先
  • アイアンドエルソフトウェア
大学
  • 東京農工大学

選考フロー

説明会(1月) → ES+SPI(1月) → 役員面接(2月)

企業研究

ほぼどの企業でも面接の最後に質問を求められます。質問をすれば必ず受かるものではありませんが、入社への熱意を伝えられる質問をすれば受けがよくなるのは間違いありません。そのためには、その企業がどう成...

志望動機

プログラミングに興味があり、またPCゲームのアドオンを自主的に作っていた経験から人に喜ばれるようなモノづくりを仕事にしたいと思ったからです。当時、そのゲームに登場するキャラクターの身体グラフィッ...

最終面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
社長
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

ITは全くの未経験な分野であったので、いかに自分が成長できる人材であるかを評価されていたように感じました。ITという分野の性質上、プログラミングに興味を持って飛び込んでくる就活生が多いはずなので...

面接の雰囲気

否定的な質問やプライベートに関する質問は殆どなく、質問を深く掘り下げられることも少なかった。また、こちらの回答に笑って見せたりするなど、緊張した雰囲気もなかったから。

最終面接で聞かれた質問と回答

なぜこの会社にしたのですか。

人を喜ばせる、お客様を大事にするという志望動機がありましたので、自分がいかにしてアイアンドエルソフトウェアがお客様を大事にしているという考えに至ったかを伝えられるようにしました。アイアンドエルソフトウェアは社員を大事にするという考えを説明会で述べていましたので、私は「隗より始めよ」の概念を以っ...

研修期間は夜遅くまで残ることがありますが大丈夫ですか。

「大丈夫です。それはプログラミングの勉強ができるということなので、私としてはむしろ有り難いくらいです」と答えました。私はとにかく勉強し、技術やキャリアを身につけたいと考えていましたので、その熱意を出来るだけ伝えられるように心がけました。こういった質問に「無理です」と答える就活生は殆どいません。...

内定者のアドバイス

内定に必要なことは何だと思いますか?

自分がいかに成長できる人材であるかをアピールできるかに限るのではないかと思います。勉強をしたいという熱意、技術やキャリアを積みたいという貪欲さがあり、それらに説得力を持たせられればきっと合格でき...

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

一言でいうなら、説得力のある熱意だと思います。ただ単に熱意があると言うだけではきっと私も受からなかったかもしれません。しかし、私は学生時代からITの資格の勉強をしていたりしましたので、それが説得...

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

面接は一回しかありませんので、余計に緊張しがちかもしれません。しかし、面接官は終始よく対応してくれますので、気張りすぎることなく、気を落ち着かせましょう。自分を自然に出してアピールしていくことで...